人気ブログランキング | 話題のタグを見る

シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 02日

『ぼおるぺん古事記』と2020年

新年おめでとうございます!



面白い本、たくさんありますね。
この本、ガーン!ときました。

題名のとおり ぼおるぺん=ボールペン だけで描かれた
日本最古の書物(だったかな?) 古事記。

それも【原文】で読ませてくれます。

表紙をめくると、まず飛び込んでくるのが
手書きの文字で書かれた古事記原文の漢字、漢字、漢字。
目次とともに袋とじで装丁されています。

びっしりと並んだ文字が過去へワープするかのような
不思議な感覚に陥りました。

次に目次がわりにつけられたタイトルと
現代語訳の要約が1色で描かれています。

古事記(一)天の巻 赤
その一 なれりなれり
その二 あなにやしあなにやし
その三 うみうみ
その四 よみよみ
その五 そそぎそそぎ
その六 べそべそ
その七 さがみにかみ
その八 ゑらぐゑらぐ
その九 くさぐさ
その十 なづちなづち
その十一 すがすが


古事記(二)地の巻 緑
その十二 うからうから
その十三 しにしに
その十四 ほらすぶ
その十五 こをばこをば
その十六 よりくるよりくる
その十七 つかはしつかはし
その十八 ひやかよやよ
その十九 いかにいかに


古事記(三)海の巻 青
その二十 まにまに
その二十一 ちわきちわき
その二十二 さるさる
その二十三 もゆもゆ
その二十四 さちさち
その二十五 もしもし
その二十六 ことごと


『ぼおるぺん古事記』は三巻、出ています。
漫画で描かれたのは古事記全体の三分の一、上巻(かみつまき)・神代編まで。
中巻・下巻は人代編(ひとよへん)は複雑で悲壮で書けない、と感じたそうですが、
(20代のころ現代語訳を読んだことがありますが、やたらと殺している印象が強かった)
気が変わり続きを描く、とあとがきで宣言しています。(これも楽しみ)

こうの史代さんのような漫画でこそ、
残酷な物語を描いてほしいと思うのです。
手塚治虫氏がエロスを描いたように。



なぜボールペンだけで書いたのだろう、と思いましたが
三巻のあとがきで作者が、原文を読むうちにそうしたくなったとあります。

ボールペンの一定の線で描かれていることによって
感情が乗りにくく客観視された画面に感じます。

こうのさんの描く人物、キャラクターは、
まんが、らしくて空想の世界へ入るのにもってこいです。
(三巻の表紙(帯)がキュート!)

丸く愛らしいキャラと、
目次がわりに要約されたあらすじをなぞり
ページをめくると、原文の古事記の内容が
理解できた気になるから不思議です。


この本を知ったのはEテレの番組「design talk」図書館の回。
ブックディレクターの幅允孝さんです。

その場にあった本を選書する、という
日本になかった職業をつくりました。
本のまわりのお仕事をたくさんされています。




その番組である大学の選書に、
この『ぼぉるぺん古事記』を手に取ってお話されており
これは読んでみたい!と。

こんな風に読んでみたい本は一瞬、目の前に現れますね。

2019-2020年にかけて読んでいます。

今年は読んだもの見たもの感じたものを記録していきたいと思います。


#644 本の出会いは突然に!


また、絵本のブログを別に書いています。


自宅を改装してささやかなカフェをやっています。


よろしかったらのぞいてみてください。


# by hiyoriya1410 | 2020-01-02 11:59 | 身辺雑感 | Comments(1)
2018年 05月 03日

『素粒子論のランドスケープ2』と3~4月の日々など

大栗博司先生の5年ぶりの新刊です。


『素粒子論のランドスケープ』の続編、アウトリーチ活動の一環として、
様々な紙面・場で書かれた記事や対談・鼎談が掲載されています。
ネットで読めるものは読んでいましたが、まとめられてうれしいです。

本の内容はこちらのブログがわかりやすいです。


とね日記

とねさんは大栗先生の朝日カルチャーセンターでの講演でおみかけしたことが何回かあります。

5年前の『素粒子論のランドスケープ』は先月ようやく読み終えました。

じつは4月上旬、潰瘍性胃潰瘍で吐血、緊急入院しました。
時間ができて、回復してきた時間に読みました。(よかったです!)

自宅を改装して、高加水パンと発酵スイーツの店 「日和やのだいどころ」をオープンする準備やら
続けていたパートの心身の疲労やら、家のあれやこれや…

相変わらず原因は疲労とストレスなのでしょう。

このブログは4年前、同じように吐血し入院し退院後しにはじめました。

学習していない自分が情けないです。

でもこれが、最期、にします!!

4年前失敗したピロリ菌の除菌もやります。


本はちまちま読んでいます。

5月下旬に改装予定です。

開業日誌はこちらです。




また、絵本のブログを別に書いています。




よろしかったらのぞいてみてください。

#645 しばらくお休みかもしれなせんが、続きます


# by hiyoriya1410 | 2018-05-03 19:28 | 身辺雑感 | Comments(0)
2018年 03月 02日

枯れ往く花と『今様花伝書』

先月買ってきた枝ものが、いい具合に枯れています。

小枝を切って小瓶にさしかえました。

枯れ往く花と『今様花伝書』_c0345411_10375175.jpg

自然にあるもの(この場合枝ものの花)は、元の場を離れてもそこにあったように見事です。

以前ゴルフ場で芝刈りのパートをしていたことがありますが、
目に入る木々や花々が咲き誇り枯れていく姿に、妙に感動していました。

たくさんの量を目にしていたからだと思います。

どの時期もなんと美しい。
枯れ往く花と『今様花伝書』_c0345411_13231692.jpg
これが買ってきた当初。
1月でした。


川瀬敏郎さんの『今様花伝書』。

枯れた睡蓮を見事に活けた写真に釘づけになりました。



家にもささやかに花を持ち込むことがありますが、
どの花も枯れてゆく色の変化、質感、

こうして枯れていければいいなぁ、などど思うのです。


枯れ往く花と『今様花伝書』_c0345411_10381546.jpg

枯れ往く花と『今様花伝書』_c0345411_13253199.jpg
#646 昨日の暴風、築40年を過ぎた家が大揺れ。すき間風の音も大きかった。でも3月になりました



# by hiyoriya1410 | 2018-03-02 10:43 | 身辺雑感 | Comments(0)
2018年 02月 23日

『母脳 母と子のための脳科学』と子育て

黒川伊保子さんは十数年前、著書を通じてその子育ての様子をブログで拝見していました。

わが家の息子と6歳ほど違いますが、同じ男の子。

子育てについてうなずいたり、感心したり。
1冊にまとまって読めます。




以前、黒川さんの子育てのブログを読んで最も共感したのが、「送り出す」こと。

彼女のエピソードで高校生の息子さんが、自転車で一人旅にでる、それを送り出しワンワン泣いた、
というようなことを読んだことがあります。
いつか目の届かない守ってやれない時がくるのだ(当たり前なんですけれど)と思ったものです。

幸い大学へ行くのに自宅を離れた息子を送り出す時には、不思議に感傷的にならずにすみました。
(それ以前、13くらいの頃、一緒にでかけた時に見失ってパニックになったこともあるんですけれど…本屋で立ち読みしてました)

子育ては最高におもしろい!は実感です。
ひとりだけだったのが残念なくらいですが、十分楽しめました。

子育ては終わりますが息子であることには変わりなく、どの年代になってもおもしろい子だな~と思えるところがおもしろい!


黒川さんの本。以前紹介した本はこちら。


#647 久しぶりに作ったミートソースで簡単ライスグラタンの晩ごはん
『母脳 母と子のための脳科学』と子育て_c0345411_21120378.jpg
  


# by hiyoriya1410 | 2018-02-23 21:12 | 身辺雑想 | Comments(0)
2018年 02月 13日

石牟礼道子さんと『苦海浄土』

2月10日、石牟礼道さんが亡くなりました。


『苦海浄土』。
ずっと関心がありながら近づけないものでした。



2016年にEテレ【100分で名著】で取り上げられ4回の番組をみました。

その番組で朗読していてた文(以下引用)を聞いて、なぜか涙がでてきたものです。

「きよ子は手も足もよじれてきて、手足が縄のようによじれて、わが身縛っておりましたが、見るのも辛うて。
  それがあなた、死にました年でしたが、桜の花の散ります頃に。私がちょっと留守しとりましたら、縁側に転げ出て、縁から落ちて、地面に這うとりましたですよ。たまがって駆け寄りましたら、かなわん指で、桜の花びらば拾うとしよりましたです。曲がった指で地面ににじりつけて、肘から血ぃ出して、
『おかしゃん、はなば』ちゅうて、花びらば指すとですもんね。花もあなた、かわいそうに、地面ににじりつけられて。
  何の恨みも言わじゃった嫁入り前の娘が、たった一枚の桜の花びらば拾うのが、望みでした。それであなたにお願いですが、文ば、チッソの方々に、書いて下さいませんか。いや、世間の方々に。桜の時期に、花びら一枚、きよ子のかわりに、拾うてやっては下さいませんでしょうか。花の供養に」
(「花の文をー寄る辺なき魂の祈り」『中央公論』2013年1月号)


本そのものを読まずに、(きっと読んでも)なにも語ることなどできないのですけれども、
そしてやはり『苦海浄土』は「読めない」本なのかもしれません。

この時の番組の解説をしていたのは、批評家の若松英輔さんです。
彼が、こんなことをテキストに書いています。

私たちは必ずしもこの作品を読み通す必要はありません。「読めない」のは、そこで立ち止まらなくてはならないからです。読書は旅です。むしろ読み通すことのできない本に出合うことこそ喜びなのではないかと思います。「読めない」というのはじつに深遠な言葉との交わりであり、また豊穣な芸術の、あるいは人生の経験であることを忘れないでいただきたいと思います。



立ち止まる理由を自分ではわかっている気がします。

ご冥福をお祈りいたします。


#648 軽い小さな雪がたくさんふってきます
石牟礼道子さんと『苦海浄土』_c0345411_21112559.jpg





# by hiyoriya1410 | 2018-02-13 21:03 | 読書のまわり | Comments(0)