シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 07日

七草と「身体感覚を取り戻すー腰・ハラ文化の再生」

春の七草、といえば
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
細かく刻んで使います。

c0345411_16424815.jpg
繁縷〜ハコベ、可憐な花



お米はそのまま、7〜10倍の水加減をして
中火くらいにかけ、沸騰してきたら
弱火にしてことこと40分ほど炊きます。
土鍋か厚手の鍋がいいです。

この七草をきちんと記憶したのは、
お恥ずかしながら、
Eテレのー「にほんごであそぼ」。
ハチが3才の時にはじまったこの番組が
大好きで見ていました。

子どもたちが元気に七草を歌っていたのを
聞いて覚えたんですね。

この番組、監修は斎藤孝さん。
ベストセラー「声に出して読みたい日本語」で
大ブレイク。

はじめて読んだ斎藤孝本が
「身体感覚を取り戻す」でした。
夫ドッコイが持っていました。

大ブレイク以降、すごい数の本を出し続けています。
新書で3冊、ワタシの本棚にもありました。


⚫︎
(画像をクリックするとアマゾンサイトへ)

いい意味で硬い本になっています。
腰とハラに重きを置く日本の武道、
身体から見た教育論は著者の研究の中心を
なすものでしょう。

ちなみに本棚にあった新書は、
座右の諭吉
座右のゲーテ
スポーツマンガの身体
でした。



#967 お米からコトコト炊いたお粥、大好きです




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hiyoriya1410 | 2015-01-07 22:02 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< バナナの皮の摩擦係数と「産経新...      機動戦士ガンダムのサーベルと「... >>