シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 15日

小正月と『宇宙と人間 七つのなぞ』

焼いたお餅をいただく、小正月。
お正月飾りを焚き上げる、ドンド焼き。
町内の子どもたちが歌いながら練り歩く、鳥追い。

小正月が成人の日でなくなって、
すっかり小正月の季節感がなくなりました。

土日移して行事を行なってはいるのかもしれませんが。
日付というのは重要なものです。

c0345411_00345613.jpg


それでも松之山で行われる婿投げ墨塗りは小正月の行事として行われています。
温泉薬師堂で、前年に結婚した初婿を、
薬師堂の高さ5メートル程ある境内から投げ落とし、
結婚の祝福と夫婦の絆をかたくなるよう願い行われています。
が、由来は、略奪結婚の名残とも、ムラの娘をとられた腹いせに投げたもの。


c0345411_00351883.jpg
とにかくその大きさの驚く


前日の14日には小白倉のバイトウ。
雪原にケヤキと藁で作り上げた小屋、バイトウの中で酒盛りし、
最後にその小屋に火をつけ、その炎の姿で今年の作柄を占い、
五穀豊穣を願うという、集落伝統の小正月行事。

c0345411_00321440.jpg

十日町諏訪町では雪季市がチンコロが人気。
5センチほどのモチ粉でできた縁起物。
毎年1月10日、15日、20日、25日に開催され、
通りには竹細工・わら細工などの民芸品、
地元産の豆や食材などを売る露店などが立ち並びます。

⚫︎



子どもたちの鳥追い歌は聞こえなかったけれど、
これは、湯川秀樹博士が少年少女向けに書いたもの。

1.宇宙のなぞ 素粒子のなぞ
2.生命のなぞ
3.ことばのなぞ
4.数と図形のなぞ
5.知覚のなぞ 感情のなぞ

1974年の出版。
タイトルについてあとがきで、
大学卒業の頃「宇宙の七つの謎」という本を読んだのを思い出して
タイトルに引用したとあります。

中高生に書くのは難しかったようで、
速記録という形で本にしたようです。

優しい丁寧な言葉が綴られています。
それだけで嬉しくなるような。

理論物理学者である湯川博士が、
ことばや感情のなぞ、
について語られているのが
新鮮です。

c0345411_17173330.jpg



#959 午後降り出した雪で一気に冷えたので、晩ごはんは鶏肉と豆腐入りのマカロニグラタンがアツアツ


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hiyoriya1410 | 2015-01-15 22:58 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< オーブン、フル活用と「意味がわ...      ウエアラブル端末と『電脳コイル』 >>