シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 02日

『エイエイGO! 9月号』のアブクド読み

たまたまつけたTVでやってた「アブクド読み」。

アルファベットの「音」で読む、というもの。
c0345411_00531636.jpg
番組では、
そもそもアルファベット26文字には、「名前」と「音」がある。
abcは、「エィ、ビィ、スィー」(これらは名前)で、
音は、「エァ、ブッ、クッ」。

26音を順に読み上げていくのが「アブクド読み」

a エァ
b ブッ
c クッ
d ドォ
e
f フ
g グッ
h ハー
i イ
g ヂィ
k クッ
l ウ
m ム
n ヌ
o オ
p プッ
q クッ
r ウー
s スー
t トゥ
u アッ
v ヴィ
w ウォ
x スー
y イーッ
z ズー

「アブクド読み」をマスターすると「音の足し算」で発音ができるわけです。
カタカナ表記はあくまで発音の目安、とテキストにあります。

2つの文字で1つの音をあらわすものもあります。

photo フ、 chess チ、 shop シ、thin スィ、this ズィ、neck クッ、song ン

c0345411_00543367.jpg
ワタシが中学校で英語を最初に習ったときは、カタカナ表記はされていませんでした。
発音記号で発音するもの、と習った記憶があります。
習いたてのアルファベットに、それに似た発音記号、ローマ字読みもあり、
混乱していましたね。

今は中学の教科書でもカタカナ表記が使われているようです。
「アブクド読み」も考えてみれば、知っている単語から類推して発音することができますね。
abcの歌のようにアブクド読みを覚えたら、読みやすくなりそう。



「エイエイGO!」は、NHKの数ある英語番組のテレビテキスト。
この春新しく始まった番組で、中学英語をユニークなトレーニング法で、
楽しく通じる英語を目指しているようです。
c0345411_00454802.jpg
あらためてチェックしてみると、
NHKのTVで5、ラジオで10、の英語番組が、
様々なレベルに応じて組まれています、英語だけですよ。

以前何かの本で、英単語を読むには、アルファベットを読めばいい、
というようなことを読んだことがありますが、
この「音」を読む、ということだったのかしら、といまさらながらに思います。

c0345411_00465080.jpg
#725 クマがもつベルは2階にいるハチを呼ぶためのもの

ご訪問ありがとうございます。下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。


[PR]

by hiyoriya1410 | 2015-11-02 23:57 | 見たものイロイロ | Comments(0)


<< 『風邪の効用』の経過させること      「ギャルリ百草 美と暮らし」の佇まい >>