シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 12日

【課外授業 ようこそ先輩~デザイナー佐藤オオキ】のセンセイの頭の中

課外授業 ようこそ先輩」はEテレで金曜日夜7時25分から放送。

番組紹介(HPより)
さまざまなジャンルの第一線で活躍する著名人が、ふるさとの母校を訪ね、後輩たちのためにとっておきの授業を行います。授業は通常2日間、リハーサルなしの真剣勝負です。内容や仕掛けは、先輩によって実に多彩。人生で得たこと、創造の秘密、専門分野の面白さなどを、独自の方法で解き明かします。

そんな先輩の思いがこもった授業を、子どもたちはどう受け止めるのか?そこには毎回、思いがけない発見と感動があります。1998年に番組がスタートして以来、これまでに500人を越える先輩が、母校の子どもたちに熱いメッセージを送ってきました。

🔳
今回は佐藤オオキさん。
2012年4月イタリア デザイン界の最高賞EDIDAデザイナー・オブ・イヤー賞を受賞
c0345411_20064898.jpeg
スイスの時計メーカーの依頼、針を変えた
c0345411_20070706.jpeg

2015年9月東京青山の事務所 母校の中学生に授業してほしい、
教えるのは苦手、大学で苦い経験がある デザインは教えられない
誰もが気づかないけれど体験したことがある
共感してもらえるような小さな些細な出来事を
うまく抽出してきて形にすることで誰かに伝えてあげる

11月 授業のオリジナルの教材ができた、一生教えなくていいくらいしっかり準備した

◉後輩たちに伝えたいこととは
ちょっと視点を変えてみる ことくらいかな それだけでこんなに楽しくなる
c0345411_20084958.jpeg
授業モノには休み時間がある」

東京・東大泉 東京学芸大学付属国際中等教育学校
この学校は海外からの帰国子女を積極的に受け入れてきた、佐藤さんもそのひとり

デザイナーという仕事を知って言いますか
じつは、デザイナーの主な仕事は、アイデアを考える、特殊な仕事
当たり前のものを、ちょっと視線をずらすことによってアイデアがかくれている
当たり前のものがすごく楽しい物に思えてくる
体感してもらえたら

佐藤さんの作品に触れる
c0345411_20082750.jpeg
瓶に入った24種類の香り、2種類の香りがブレンド
目に見えないものに形を与える
c0345411_20093218.jpeg
透明な数種の色のついたフイルムが100種類
各班の作品
c0345411_20095857.jpeg
c0345411_20102365.jpeg
次の課題、
目に見えないものを「見つける」
ヒント①目線を少しだけズラす
ヒント②物事の「スキマ」をながめる

そのものをみない、誰もが共有しているイメージをみないことがコツ
周辺をながめる、モノへの固定概念から自由になる

モノは休んでる間に別の役割を与えてあげる
傘が使われていないとき、携帯電話やスリッパなど
なにか新しい価値を与えたら、今までありそうでなかったものになる可能性がある
c0345411_20105654.jpeg
枝に止まる鳥をイメージしたグラス

コップの休み時間を考える
それをデザイン。ひとつルール、小さな課題を解決すること

生徒たちの試行錯誤
佐藤さんは別室で待機、相談にのる

2日目
あるグループ、アルファベットを書き出して、hot が toy になる
いつも飲んでいる向きとは違う絵柄とか文字になる、ということを考えて

c0345411_20115746.jpeg

このアイデアにいたく感心する佐藤さん、「すごい、へこむな~、全力でいかないと飲み込まれる」

佐藤さん、幼いころからドラえもんが大好きだった(ドラえもん の本をめくる佐藤さん)

あるグループ、砂時計みたいに砂糖がまざる、というアイデアに感心 
c0345411_20112500.jpeg
2日間の授業が終了
楽しい、感動しました、びっくりです
デザインするのが好きで、深いところで共有できないと教えるのをあきらめていたけど、今回はそれができた、深いつながりができた

デザイナーの感動は形を手にしたとき、サプライズを用意
c0345411_20123008.jpeg
c0345411_20220882.jpeg
1週間後
抜いたアイデアの形をもってきた佐藤さん
驚く生徒たち

生徒たちの感想
・自分の想像力を使う感じがよかった
・できたものをみて、本当に形になるんだと感動した
・友だちになれそう
・いろんな視点からいろんなものをみているなあ。そこがすごい
・私たちが思っている概念とは違うコップを作って、
常識以外のことを考えてみるのも新しい常識を生むことになるのかな、と思った

佐藤
自分が好きだと思っていたデザイン、まだ薄いところをみていた、
掘り下げていかないと、勉強になりました

🔳
c0345411_20304604.jpeg
#710 洗濯機の水漏れ、本棚の移動と片づけに追われた1日、12月とは思えない空


[PR]

by hiyoriya1410 | 2015-12-12 20:34 | 見たものイロイロ | Comments(0)


<< 『ニコライ・バーグマンが贈る北...      ジャンプする子どもたちと「ムー... >>