シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 31日

「金田一家、日本語百年のひみつ」の秀穂さんと厚切りジェイソン

1月29日放送のEテレ【SWICHインタビュー】は、
芸人でIT企業役員の厚切りジェイソンさんと、
日本語の研究者、杏林大学教授の金田一秀穂さんでした。

日本語の不思議をネタに1年で大ブレイクしたジェイソンさん。
決め言葉が『Why japanese people』。

番組後半は金田一先生に大学の授業を受ける形で行われました。
一部を覚書に。


日本語のは曖昧といわれるが、実は分析的。

あつっ、いたっ、さぶっ、きもっ、こわっ

聞くだけで、どんな状況かわかる、使い分けている。
英語や中国語は分かれていない。

「ある」と「いる」について、はじめから日本語は存在について区別している。
馬、人 は「 いる」
チョーク、黒板 は 「ある」

泳いでいる魚 「いる」
干物の魚 「ある」

駅前にタクシー が「いる」
車庫にタクシー が「ある」

c0345411_19265081.jpeg

(ぬいぐるみの)クマが 「いる」
ぬいぐるみ(のクマ)が 「ある」

c0345411_19235174.jpeg

ぬいぐるみのクマが 「いる」
クマのぬいぐるみが 「ある」

「いる」「ある」の違いは、
気持ちのあるなし、共感できるかどうかで決まる
自分と同じように考えられるかどうかが「いる」「ある」の区別。

c0345411_19244301.jpeg

人によって意味は曖昧、言葉は曖昧なもの。
誰かがきめるものではないはない、使い方は自由。

外国人に日本語を教えていた時、
日本語でしゃべると身体が小さくなった気がする。
言語によって性格が変わる。

考えることが言語を作る〜考える言葉。
例えば、
「刺身」と「死んだ魚の肉」は同じものだが、受ける印象は全く異なる。
「刺身」だから、おいしい。
「刺身」という言葉を食べている。

c0345411_19282622.jpeg

言葉で考えて言葉で感じている。

言葉を変えることでタブー、汚いもの、怖いものを
他のものに変えてしまう。

いろいろな言葉を知っているほうが、
人間としても幅が広がる、人生が豊かになる。

番組の中で一瞬紹介された本がこちら。


金田一家といえば、日本語の大家。

以下はamazonより。

商品内容
コンビニで使われる敬語が一般化している。
京助・春彦に続く日本語研究3代目の秀穂が、言葉の謎に分け入って変化や揺れを探っていく。
辞書編集の老舗家系としては、これからの言葉が変わる予感もあり、
IT化時代の外国語と日本語、といったテーマにも肉薄。

●金田一家、三代
【初代】金田一京助(きんだいち・きょうすけ)
1882(明治15)年、盛岡市生まれ。東京帝国大学言語学科卒。
國學院大學教授、東京帝国大学教授。
アイヌ語研究で有名で、言語学・民俗学者として成し遂げた研究は「金田一学」ともいわれ、文化勲章受賞。
石川啄木の親友として知られる。1971(昭和46)年没、89歳。

【二代目】金田一春彦(きんだいち・はるひこ)
1913(大正2)年、京助の長男として東京都に生まれる。東京帝国大学国文学科卒業。
日華学院などで教え、のち東京外国語大学教授、上智大学教授。
平安時代から現代にいたる京都語のアクセントの変遷を明らかにし、全国の方言のアクセントについて敷衍した。
文化功労者、名誉都民。2004(平成16)年、91歳で没。

【三代目】金田一秀穂(きんだいち・ひでほ)
1953(昭和28)年、春彦の次男として東京都に生まれる。
上智大学心理学科卒、東京外国語大学大学院修了。杏林大学外国語学部教授。
中国大連外語学院、コロンビア大学などの講師、
国際交流基金日本語国際センター客員講師、ハーバード大学客員研究員などを歴任。

c0345411_20023733.jpeg

#699 ネコヤナギをわけていただきました。ベルベットのような輝きに見惚れます



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-01-31 19:13 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< 『石けんのレシピ絵本』と1年ぶ...      吹雪の中の身体感覚と『ゆうかん... >>