シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 31日

「栄光への大飛行」の夢とわくわくすること

空を飛ぶことへの憧れ、
そして成し遂げるための試行錯誤を描いています。

絵のトーンは渋めで、どちらかといえば表情も大仰ではありません。
ですが、このお話にはとても合っていると感じます。
大人が主人公のせいでしょうか。
端正な絵柄が、本当の話なのだと淡々と語っているようです。

そして、飛行機の美しいこと。
柔らかい色合いといい、木や布の質感、
空を飛んでいる姿を見てみたくなります。


時は1901年、フランスのカンブレエという町に
5人の子どもと奥さん、ネコにイヌにオウムと暮らす、ブレリオさん。
c0345411_12452247.jpeg
みなでドライブに出かけたある日、
空にぽっかり浮かぶ飛行船を目にします。
c0345411_12453728.jpeg
たった一つの思いだけでむねがいっぱい。

「わたしも 空飛ぶ機械を作るとも。
大きな白い鳥のようなのをね。
みんなでがんばりにがんばって、ツバメのように
つーいつーいと飛べるようになるんだ!」
c0345411_12454927.jpeg
それから作っては壊れを繰り返し、
はじめてちゃんと飛べるヒコーキを作ったのが
6年後の「ブレリオ7号」機。
c0345411_12461171.jpeg
そして1909年7月25日、
海峡20海里ある英仏海峡初の横断に挑戦することになります。
パパの飛行機「ブレリオ11号」は、みごと37分の大飛行を成し遂げるのです。

c0345411_12462340.jpeg

航空界の先駆者であるルイ・ブレリオその人の実話。
自動車のライトについての発明で身代を築き、
飛行機の開発と製作に注ぎ込みました。
c0345411_12463431.jpeg
はじめてドーバー海峡を飛行機で越えた人が、
失礼ながら"おじさん"だったことに勇気をもらえました。

憧れるものがあり、そのために行動を起こす。
根気よく失敗を恐れない。
いくつになっても挑戦できる。

ちなみに「栄光への大飛行」は復刊してのちの表題です。
最初は「パパの大飛行」。
個人的にはこちらの方が好みです。
パパ、が大飛行するなんて、わくわくします。
c0345411_12464609.jpeg
# 690 ハチは大飛行への助走をはじめてたところ。この日も長年の習慣になった始発電車で出発(路線は違います)朝陽が眩しい日、行ってらっしゃい
c0345411_12474801.jpeg
c0345411_12473134.jpeg
2両編成、車輌にひとり、貸切列車ですね


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-03-31 06:21 | 絵本とともに | Comments(0)


<< 『かさねの色目』とビーズのチョ...      「くんちゃんのはじめてのがっこ... >>