シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 21日

【北野武のファミリーヒストリー】と三代前の時代(くらし部門)

【ファミリーヒストリー】はNHKで放送されている番組。
著名人の家族の歴史を徹底取材しています。
12月21日は、「世界のキタノ」こと北野武さん。

映画【菊次郎とさき】で両親のことを描いています。
家族と自分の子どものころのことは
NHKでドラマにもなった【たけしくん、はい!】で
教育熱心なお母さまということは、なんとなく知っていました。

さて紐解かれたファミリーヒストリーは
本人も知らないことだらけ。

今まで時々この番組を見ていますが、
「これ以上わからなかった」
というナレーションはあまり聞きませんでした。

見ると、さきさん(武さんの母)は家族と
早く死別、苦労されています。
北野の姓も養母(さきさん)からというのも意外です。

明治後期、大正から昭和初期、
幼い子は幼い時に亡くなることも珍しくなかった時代、
働く所がなくて身売り同然に奉公に出る時代
うし、寅吉、の名前

いずれもわが父に聞いた話によく似ています、
というか同じで驚きました。
時代なのでしょうか。

さきさんが、子どもの教育に熱心だったのは、
「身についたことはとられないから」
本当にそうです。

明治大学を辞めて家を出た武さんの活躍を
陰で喜んでいた想いでの、

「タケちゃん人形と好感度NO1となった新聞の切り抜き」

を大切に保管していたことを知って、目に涙…

最後に

「北野さきの子どもに生まれてよかった、感謝しかない」

こんなふうに子どもに思ってもらえたら
それだけで生きた甲斐があるというものです。

c0345411_19384291.jpg
#607 週末はクリスマス、玄関まわりは多少クリスマス仕様です


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-21 23:06 | 身辺雑想 | Comments(0)


<< 『うつぶせ寝健康法』を始めて2...      小豆好きとお手玉と『小豆の力』 >>