シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 08日

【アトム・ザ・ビギニング】と『pluto』

【アトム・ザ・ビギニング】はこの春、Eテレではじまったアニメーションです。
8日に最終回となりました。
c0345411_22465349.jpg

A106(エーテンシックス/アトム)と呼ばれるロボットと生みの親である天馬博士、友となるお茶の水博士が学生であり、手塚治虫のアトムへと続くことを予感させるストーリーとキャラクターは、ほぼリアルタイムで手塚治虫に親しんだ者には、新鮮であり驚きであり。妹は珍しくこのアニメーションに夢中になっていました。

つまり知らない人も心動かされる物語だったということですね。
c0345411_22493770.jpg

天馬博士の傲慢さ、お茶の水博士の優しさが、原作につづいていますね。

最終回のもの悲しさは手塚治虫の持つ哀しさであり、鉄腕アトムのもの哀しさを伝えているようで切なくなりました。ランさんがいてくれてよかった!

こうもロボットに感受移入してしまうのは手塚治虫がいたからなのだと思います。(このアニメだけでなく)
c0345411_22472604.jpg
シルエットは未来の?アトムをみるエーテンシックス


浦沢直樹の『プルート』は随分前の作品ですが、アトムが再び描かれることに驚いたものです。面白かったし。


手塚治虫は古典になったのだと、あらためて思いました。

このアトムもめちゃかわいかったです。


#690 この日のおやつは「あんこの丸スコーン」、コーヒーは淹れたてオイルが浮きます

c0345411_23401508.jpg



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-07-08 23:30 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< 塗り絵曼荼羅と【音楽の森 2連】      アボガドのスープと『アボガドレ... >>