シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 18日

バレーボールの思い出と『週刊少年ジャンプ ハイキュー!!』

息子と楽しみに次の回をまっている連載が『ハイキュー』です。

少年ジャンプに連載、単行本も29巻まで出ています。

主人公日向と影山の烏野高校が念願の春高出場。
2回戦、優勝候補の稲荷崎との試合、しびれます。

作者の古舘春一さん。
演出が劇的!抜群です。(もちろんジャンプ連載のプロなので当然なのですが)

それでも、うなってしまう絵とセリフの数々。
もちろんキャラも徹底的に描かれています。



小学校2年くらいから友だちとバレーボールを遊びでしていた。
壁にむかってパス。
今のようにジュニアのクラブもなく。
ただ黙々壁パスと、ひとりトス、何回連続でできるか、とか。

中学生になってバレーボール部があり、入部。

なぜか1年生でセッターでレギュラーになりすぐに大会に出場。

不思議‥‥

自分で知っていた特徴は、

ジャンプ力がなかった
ボールを打つ威力はあった
同年代ではうまい方だった
ボール感はよかった

運動神経が特別いいわけでもなく、
夏休みの練習で、2年生も3年生もるのにコートに入ってトスをあげるのは、
うれしいようで居心地が悪かった記憶も。

中学校のバレーボール部は市内では微妙なランクで、市の大会より大きな大会には進めなかった(はず)

懸命にやってはいたけれど大きな結果もだせず。

及川くんのようにやる前から自分で限界をきめて(彼は続けたけれど)
高校ではバレーボール部に入部しなかった。


今なら色々とわかることが当時はわからないものです。
(そうゆうものです)

バレーボールにおけるセッターのおもしろさ、とかですね。
まったくわかっていませんでした。

当時と今ではまったく違いますけれどね。

息子にルールの違いを説明したら不思議がっていました。

サーブ権がないと得点が入らなかったんですから。


「バレーボールは常に上をむくスポーツだ」

鵜飼監督が白鳥沢戦の崖っぷちの時に選手に叫んだ言葉、いいですよね。
バレーボールの真骨頂。

「一瞬を操れ」
「頂の景色」

希望に満ちたワードがちりばめられた少年漫画はこうでなくちゃ、と思うのです。

c0345411_21113535.jpg

#658  スマホのシールを交換。気に入ってます

[PR]

by hiyoriya1410 | 2018-01-18 22:05 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< ベーグルと『天のしずく』      桃の蒸し菓子と『ももたろう』 >>