シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 09日

雪国と『かさじぞう』

この雪国に暮らして20年、今年の冬はいつもとちょっと違うように感じます。

・例年より青空を見ることが多い
・雪が例年より少ない(他の地域は逆に多い)
・凍る日が多い、気温が低い

c0345411_19332372.jpg

同じ県でも、雪がたくさんふる地域であっても場所によって特長がありますね。

ここは積雪量がもっとも多い地域。
それを基準に冬の生活ができるように整備されているので、
多少、雪が降ってもびくともしません。

10cm積もると午前3時から除雪車が主要道路をまわり車で通勤できます。

だんだんとそうなったのでしょう。

ですから普段降らない地域に雪が降ると、どんなにか大変かと思います。


冬の絵本の古典名作のひとつ『かさじぞう』は日本の昔話です。

いろいろなテキストと絵で絵本がありますが、ここはやはりこちら。


赤羽末吉さんの朴訥とした絵と瀬田貞二さんの文章。

昔話の絵本は選ぶのが難しいと思います。
ほんとうなら語りだけで話して聞かせるほうがよい気もします。

小学校の読み聞かせで何度か読みました。

雪国なので雪の描写のある絵本は、子どもたちにとっても身近に感じるようでした。
c0345411_19381356.jpg

#649 鋭角に伸びるつららが美しい。家の軒下



[PR]

by hiyoriya1410 | 2018-02-09 20:15 | 身辺雑感 | Comments(0)


<< 石牟礼道子さんと『苦海浄土』      全粒粉入り高加水パンのキャベツ... >>