シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:見たものイロイロ( 57 )


2017年 08月 03日

花火見物と【長岡大花火】

今年も見に行きました長岡大花火。
いつもながら圧倒されます。
c0345411_11573408.jpg
見に行くようになって7年目。
1年に1回、今年はどんなかしら、と見るようになります。
c0345411_11580971.jpg

今年はなんといっても三尺玉がなんと美しく見えたことでしょう。
長岡大花火の特徴でもある幅65mになるという大花火。
これまで見た中でもっとも見事でした。

見る場所も関係しているのだと思います。

月と一緒に。

c0345411_11565133.jpg


この日ばかりは長岡は新宿のような有様。

見物する前は混雑するし、行き来は大変だし、と二の足を踏んでいましたが、
一度河川の観戦席で目の前に大輪の花火と轟音を目にすると、その苦労もなんのその。
1年に1度くらいはしかたないでしょ、と思えるようになりました。
c0345411_11590243.jpg
開始直後の白菊の開く前

老若男女にありされる花火です。
花火は直にほどほど近くで見る。映像でもっとも伝えにくいものかも、と思います。

c0345411_12015331.jpg

#684 浴衣姿の人もたくさんいます。いいですね
c0345411_12000200.jpg

[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-08-03 23:09 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2017年 07月 17日

塗り絵曼荼羅と【音楽の森 2連】

7月の海の日の連休に長岡市小国で「音楽の森」のイベントが開催されていました。

今年で3回目。小国や長岡、新潟など各地で音楽活動をしている人たちの発表の場となっています。

1日目は和紙の博物館が会場です。(小国は和紙の産地)

友人が塗り絵のワークショップ「ハグ・オグニ」を出店していてたずねました。

曼荼羅塗り絵を高齢者施設などで塗り絵ボランティアをしています。

20数種類の中から気に行った塗り絵を体験できます。

c0345411_22551489.jpg

塗り絵、何年ぶりでしょう。一心に色を塗るのは楽しかったです。

型は一緒でも塗られた色で、出来上がりはまったく違うものになりますね。


塗り絵の本もたくさん出ていますね~。



#689 「音楽の森」2日目は屋外ステージで行われました。以下は昨年の様子



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-07-17 23:31 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2017年 04月 10日

マリメッコ展と「脇阪克二のデザイン ーマリメッコSOU・SOU、妻へ宛てた一万枚のアイデア カード」

新潟市の万代島美術館で開催されている「マリメッコ展」を見ました。

最も有名な「けしの花」はチケットや図録に使われています。
天井から床まで代表的な布の数々が展示されており、真ん中には衣服が展示されています。
c0345411_23420591.jpg
ケネディ夫人がマリメッコのワンピースを着用して話題を集めた、その衣服もありました。

やっぱり素敵でした。

今でも身に着けられそうなものも多かったと思います。
(着こなすのは難しそうですが)

平日の昼でしたが、絶えず人が動いていました。

6月11日までやっています。


マリメッコで日本人としてテキスタイルデザイナーとして活躍したのが脇坂克二さんです。
1960年代に単身フィンランドに大ヒットとなった「BOBOO」は子どもたちに大人気でした。

彼がデザインしたデザインやその原画、アイデアとなったものを集めた本です。



日本とフィンランド、北欧は同じ木の文化を持つことが似ています。

古くならない型、形はやっぱりあるのだ、とマリメッコ展を見て思いました。
c0345411_23423577.jpg

#575 マリメッコ展の売店で買ったのがフィンランドで使われている反射板、夜光るアレです。財布につけてみました 


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-04-10 23:42 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2017年 03月 01日

江戸紅型と『衣匠美』

c0345411_23053585.jpg
江戸紅型の訪問着


沖縄の紅型は知られていますが、
江戸紅型はあまり見たことがありませんでした。

地元の織物メーカーが扱っていることを知って
たくさんの江戸紅型を見ることがありました。

どれもすてきでした。
作家の五味桂子さんは70歳を過ぎて第一線を退いたそうです。

キモノ好きというより裂が好きなのだとか。

主に訪問着と名古屋帯、袋帯もありました。

意匠の組み方に切れ味があって、大好きです。

c0345411_23033631.jpg
着こなしはかなり上級向きの柄
c0345411_23063193.jpg
植物、道具、風景、あらゆるものが描かれます

c0345411_23073525.jpg
縄模様が気に入っています

c0345411_23083274.jpg
とうもろこしは帯。色違いで青、灰、黄も

c0345411_23113836.jpg
鳥もよく登場する

c0345411_23123257.jpg
かなり多くの型を使った訪問着

c0345411_23131945.jpg
柔らかい地模様のある生地、同じ色でも発色が変わります

▪️

持っている本で白洲正子さんの『衣匠美』は
切れ味のいいキモノの数々が並びます。
c0345411_23010535.jpg
c0345411_23015223.jpg
左は沖縄の紅型
c0345411_23021746.jpg
古澤万千子さんの作品。儚げなのに力強い


選ぶこと、そのものが個性なのだと思ったものでした。


#580 キモノ好きが高じて(今はないけれど)テクノスクールに通うためこの町にきたのでした

[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-03-01 22:54 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2017年 02月 11日

デビス杯と『ロジャー・フェデラー』と風邪

先週の話になりますが、
男子テニスの国別対抗戦デビス杯(カップ)の観戦にでかけました。
c0345411_00183323.jpg
日本はワールドグループ(16か国)に属し、
その1回戦が有明で行われました。
c0345411_00185143.jpg
国歌斉唱

相手はフランス、強豪です。

日本のエース錦織圭選手は今回不在、
フランスは層が厚く出場選手には事欠きません。
c0345411_00191937.jpg
ボンボン拍手するモノ

3日間にわたり行われる初日、
シングル戦2試合が行われました。

ダニエル太郎選手、西岡選手ともファイトしましたが、
2連敗です。
(ランキング的には仕方ありません)

国別対抗戦はATPツアーとは異なり、
応援合戦が楽しめる珍しいテニス大会です。
c0345411_00190623.jpg
選手のラウンジ

雰囲気をとても楽しめました。

年初に行われる最初のグランドスラム大会、全豪大会。

1週目に錦織選手が負けた時点で
妹のkukuと
「決勝はフェデラーとナダルだね、で勝つのがフェデラー」
と言い合っていたのですが、そのとおりになりました。

やはり、メンタリティーがこのふたりは底抜けに違います。

ナダルの凄まじい勝ち上がりとフェデラーの冷静なゲーム運び、
テニス愛と勝ちへの執念が見えました。

そのフェデラーの自伝。


豊富な写真とデータでフェデラーのすごさがわかります。
2016年11月に出たもの、kukuが購入。


ちなみにナダル本も2011年に出ていますね。


このあと風邪をひいて数日ダウンしていました。
むせかえるような咳がでました。

このデ杯を観戦した人たちがかなりの人数
風邪やインフルエンザにかかった、とツイートで知りました。




#583 自分の風邪の発生源がわかるのって珍しいかも




[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-02-11 23:15 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 10月 05日

《2016楽天ジャパンテニスオープン》と観戦の楽しみ方

日本で行われる唯一のATP500のテニストーナメント。
リオ・オリンピック効果でしょうか、チケットは完売だそうです。

平日ということもありますが、観戦年齢は高めかな。
ユニクロのポロシャツをきたオジサンとか、けっこういるんですね~。
小学生も…(学校は?)
テニスが幅広い年齢でできるスポーツのためか、
観戦している人の世代も幅広いですね。

例年通りに火曜日、水曜日の2日間観戦に出かけました。
1、2回戦が行われるので多くの選手を見ることができます。
お祭り広場では、ラケットメーカーやスポンサーのブースが多数。
c0345411_13543517.jpg

ブースの巨大パネル前は撮影スポット
c0345411_13504872.jpg
モンフィス選手の身体能力の高さ、これシルエットがTシャツになってます
c0345411_13460461.jpg
巨大ビジョンで観戦できる。ステージもあり

予告なしに選手のサイン会のチケットが配られることがあります。
昨年はフランスのシャルディのサインをもらうことができました。
1~3日目あたりまでに何人かは、スポンサーのブースで
サイン会を開いているようです。

今年はどうかしら、とうろうろしていると、
ラケットのHARDの前に人が並んでいます。
聴けば、HARDのブースでなにか購入する(レシート)と先着30名に
マリン・チリッチ選手のサイン会のチケットが配られるとのこと。
丁度ほしかったステンレスのボトルを購入し、サイン、いただきました。
c0345411_13423634.jpg
かわいいサインです。とても丁寧にサインしてました。
写真も一緒に、慣れていらっしゃる。

チリッチ選手は2014年の全米オープンの錦織選手の決勝戦での相手。
今年はマスターズ1000の初タイトルも得ました。
ランキングでは常に上位にいる錦織選手ですが、
ビッグタイトルは先行されている、同世代のライバルです。
c0345411_13432112.jpg
2日目は30℃大汗かいての観戦、ゴフィンVS西岡


錦織選手の2回戦は途中棄権という結果に終わりました。
会場の微妙な空気感でした。

突然の故障だったので本人が一番驚いているのかも。
痛みそれ自体は本人にしかわかりませんし、
すでに走れないあの状況では棄権は仕方ないことです。
今年は身体もかなり鍛えている様子なので、
回復も早いのではないかと思います。
c0345411_13421092.jpg

#621 楽天の大会は東レ(女子)の大会よりお店もたくさん。とても賑わっていました。ランチはパエリヤに丸焼きチキン
c0345411_13435036.jpg
ご訪問ありがとうございます。下のバナーにクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-10-05 23:39 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 09月 24日

大坂なおみ選手の潜在能力と《東レPPOテニス観戦》

東レパン・パシフィックオープンは、
日本で行われる唯一のWTA(女子プロテニス)の国際大会です。

全米オープンで3回戦に進出し、
今年参加したグランドスラムは全て3回戦に進む活躍を見せたのが、
大坂なおみ選手、18歳です。

ハイチ人の父親を持つ彼女は、
この1年でランキングを203位から46位にジャンプアップしました。

全豪で予選3試合を勝ち抜いて本戦へ。
その豪快なテニスに、一目でファンになりました。
c0345411_23133695.jpeg
200キロを超すサーブ、
フォアでもバックでもエースをとれるパワー、
経験の浅さを類稀な呑み込みの良さと対応力で
一戦毎に強くなっています。

今回はテニス好きのkukuが急に女子の試合も見たい、
と言い出しての観戦、準決勝2試合は見応えがありました。
霧雨模様だったため、屋根が閉まっていました。

第一試合は、ヴォズニアッキと前年度チャンピオンのラドバンスカ。
約3時間に及ぶフルセットで元世界NO1のヴォズニアッキが決勝へ。
c0345411_23140223.jpeg
第二試合は、大坂なおみ選手と世界20位のスピトリーナ、
1セット目を取られたものの、高い修正能力で圧倒、
セット2-1でツアー初の決勝に進出。

翌日の決勝は残念ながら負けました、見事な準決勝です。

迫力のあるショットに会場がどよめくことが何度もありました。
来年優勝したい、
とたどたどしい日本語でコメントしていました。
今後が楽しみです。
c0345411_23165783.jpeg
#623 有明スタジアムの周りでトラックの屋台、夏野菜のインド風カレーのランチ、タンドリーチキンつき、美味しかったデス




[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-09-24 17:57 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 09月 13日

【君の名は。】と古今和歌集

映画【君の名は。】をみました。
よかったです、すごく。


入れ替わりができなくなって、
瀧くんが三葉に会いに行き、
入れ替わることができて、目覚めた瀧くんのシーンで、
笑い泣きしました。

映画をみての「笑い泣き」ははじめてです。
隣の人も泣いてました。

せつなさ、ユーモア、壮大さ、繊細さ、
時空、伝承、伝統、相続、異端、継承、
雨と雪、街並みと集落、山と湖、空と雲、星と彗星、
それらに光の演出がくわわり、新しい世界にみせていました。


ストーリーは、夢の中で高校生の男女が入れ替わる、
くらいしか知らずに見に行きました。

冒頭からの彗星のシーンがエンディングに続く、
彗星、そして隕石の衝突という自然災害という
現代において抗えない現象が迫ります。

急転直下の展開に引っ張られながら、
ぐいぐい見せられました。
バッドエンドにはならないのだろう、
と思いつつも、どうなるの、という不安と期待。

細部に丁寧に描かれたストーリーと作画は、
たしかに、もう一度見たくなる映画になっています。

公開して半月以上経つというのに、
オンライン予約にアクセスするとほぼ満席。
大ヒット中、とのふれこみは地方にも波及していました。
リピーターも多いとききます。

深海誠監督については、
抒情的な綺麗なアニメーションをつくる人、
くらいしかしらず。

でも今回は狙って、エンターテインメント作品を作ったといいます。
見事にできているのが、すごい。

絵よりも音に関心がある、
というアニメーション監督も珍しいのでは。


2011年の【星を追うこども】は古事記、
2013年の【言の葉の庭】は万葉集、
そして今回は、古今和歌集の小野小町の和歌

「思ひつつ寝やれば人のみえつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」
(あの人のことを思い出しながら眠りについたから夢にでてきたのであろうか。
 夢と知っていたなら目を覚まさなかったものを)

すれ違い、最後に逢える。
タイトルが、昭和の大人気ラジオドラマ「君の名は」、
と同じで「君の名は。」

覚えておけない記憶の中で、
消えない記憶を辿って巡り合ったふたりは
「きみのなまえは・・」と互いに確かめあうのです。

監督のいう、
「まだ見ぬ大切な人との出会いを求めるのが思春期。
 それは生きていくうえでの原動力になる。
 あなたににも将来にそんな相手がいるかもしれない」

思春期真っ最中の人も、遠い過去になった人も
懐かしさと切なさをもって、楽しめる映画でした。


こちらはCD

#625 音楽は全編RADWIMPSが担当。オープニング、中程、エンディングと効果的に映像と絡み合って映像を際立たせていました。ハチが大ファン





[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-09-13 22:45 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 08月 22日

リオ閉会式と【東京オリンピック2020のプレゼン】

リオデジャネイロ・オリンピックが終わりました。

日本で22日午前中に生中継された閉会式、
式の後半、次回開催国の日本のプレゼンテーションのカッコよかったこと。

紹介ビデオのトンチの利いたアイデアに拍手です。
日本のキャラクターが次々と。

スタジアムという巨大空間の演出は難しそうですが、
光による明暗が利いて次々と場面がかわってゆく、お見事。

わずか50人のパフォーマンスとは思えない出来栄え。
男子の大学14連覇中の新体操の面々、
男子新体操こそオリンピック種目になったら日本はメダル圏内なのでは。

光る格子が常に動きながら効果的で、
最後は市松のエンブレムに。

ステージが椎名林檎の演出ときいて、これまたビックリ。
衣装や曲は林檎ワールドでした。

感動したのは「君が代」のアレンジ、素晴らしい。
4年後が俄然楽しみです。
c0345411_19284996.jpeg
横一線の構図は1964東京オリンピックを思い出させます

c0345411_19283639.jpeg
RIO広げてMARIO、のリオつながり

なんだかんだ、観てました。
なので、リオ五輪を観てあれこれ。
・雨天の閉会式、あまり記憶になく、珍しい
・体操の白井健三選手のインタビューに感心、ファンになる
・同じく体操、内村航平選手が表彰台で本当に嬉しそうに、君が代を熱唱
・女子レスリング、日の丸を見上げて大粒の涙が印象的
・陸上400mリレーで銀メダル、一番スリリング
・オープンウオータースイミングやトライアスロンの選手、外海を泳ぐってスゴい
・シンクロナイズドスイミング、井村コーチは戦略家。もらい泣き
・四年間取り組んできて、数秒で終わる競技も多々、選手はタイヘン
・聖火台のモニュメントが美しい、周辺で見えかたを変わるのは新しい
c0345411_19295559.jpeg
ポケモンGOのスポットらしく、立て看板がでていました

#628 お盆に行けなかった実家のお墓参りに。広い境内の本成寺は節分で有名

c0345411_19302239.jpeg
お世話になっているお寺



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-08-22 09:30 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 08月 18日

『ピンポン』とリクリエーション

リオのオリンピックも13日めとなりました。
今朝は男子卓球団体の決勝戦。
残念ながら中国に3-1と惜敗、
ですが見事な銀メダル。

c0345411_22521856.png
男子の卓球をまともに観たのははじめてです。
すごいです。
あの軽い球をあれだけ力を込めてたたけるものなのですね。

卓球、というと日本では温泉地にリクリエーションのひとつとして
卓球台がおかれています。
といっても今はあまり見かけないような、昭和なんでしょうか。

「卓球しよう」ではなく、「ピンポンしよう」です。
初心者でもなんとなくプレイできて楽しめる、そんな娯楽性もある卓球です。

『ピンポン』といえば、松本大洋のマンガ。
ハチが好きで買いました。

高校スポーツマンガの金字塔、映画化もアニメ化もされています。
いろんなサイズで発売されています。

画に迫力があります。
マンガとスポーツは相性がいい、
名作がいっぱいあります。

百花繚乱となって、いまや描かれていないスポーツマンガはないのでは、
と思われるほどです。


B5判は2冊、連載時と同サイズ、コレを買い


単行本は5冊

文庫本は3冊

ハチはピンポン好き。
時々、中学生の頃から友だちと市民体育館に出かけて卓球してました。
オリンピックも卓球はみたい、と言ってました。

c0345411_23441232.jpg
チョーカーがしたい、と持っていったハチ



#629 きのう湿度65%、きょう52%。およそ10%の違いは大きいと実感




[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-08-18 23:46 | 見たものイロイロ | Comments(0)