人気ブログランキング |

シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

兄妹と小さいものと「ティッチ」

ティッチは、ちいさな
おとこの子でした。

ねえさんの メアリは、
ティッチより ちょっと おおきくて、

にいさんの ピートは、
ずっと おおきな子でした。

c0345411_19161376.jpg

ちいさなティッチが、持っているものは
いつもメアリやピートのものにおよびません。

自転車や楽器、大工道具、兄弟のなかで見劣りするものばかりです。
けれど、最後にティッチの持っていた小さな種が、
大きく大きく育つのです。

c0345411_19181964.jpg
c0345411_19172011.jpg
文章は淡々と情景を語るだけです。
感情を表す言葉はありません。
絵をみると、ティッチはさほどいじけたりしている様子もありません。
メアリとピートもちょっと自慢気な感じはありますが、
意地の悪い感じではありません。(とワタシにはみえる)

感情が唯一見えるのが、植えた種がぐんぐん大きくなったとき、
この時ばかりは、メアリとピートは驚きの表情です。
ティッチは少し自慢げにもみえます。

もちろん作者のパット・ハッチンスの画風もあるのでしょうが、
兄弟の序列はこうしたもの、と思えるのです。
c0345411_19163632.jpg
背景は、凧揚げの時家が描かれていただけで、
それ以外は白、というか紙の色。こうした絵本も珍しい。
すっきりと、今何をテーマにしているのかが明確になっているように思います。
色の数も少なくどのページも受ける印象は似通っています。

おはなしのおわりは、
(ピートは大きなシャベル、メアリは大きな植木鉢を持っていました)
ところが、ティッチの もっていたのは、
とても ちいさな たねでした。

そして、そのたねは、
めをだして、

ぐんぐん、ぐんぐん、

おおきく なりました。

よかったね、ティッチ。

c0345411_19205689.jpg
ハチのお気に入り、携帯将棋

一人っ子のハチは、この絵本を見て、

ハチ「わーっコレ懐かしい」 といってはらりはらりとめくって、
ワタシ「えー、覚えてるの、あんまり読まなかったけど...」
ハチ「覚えてるよ、そうそう、こうでしょ、そう、ふ~ん」 だって。

ワタシの記憶では2~3回だと思うけど、
学校でも数回、でもハチのいるクラスで読んだかは記憶にないし。

子どもの頃の記憶って不思議です。
こちらが覚えてるでしょう、ということは記憶になく、
こんなこと覚えてんの、ってことを記憶していたり。

でも、絵本はほとんど覚えているみたいです。


c0345411_19191295.jpg

#814 まだ咲いているアジサイ、猛暑の中でも元気そう。アジサイは強い花





by hiyoriya1410 | 2015-07-31 20:50 | 絵本とともに | Comments(0)
2015年 07月 30日

家事と『おうちの科学』

これまでにいろいろな仕事をしてきましたが、
家事が一番好きなのです。

仕事、といっていいのかどうかは別にして、
繰り返しと新しいことが常にあって、
成果も目の前にすぐ現れます。
もちろんどんな仕事もよく見ればそうなのだと思います。

たとえて家事を、小学校の教科に当てはめてみると、
国語~読み理解し判断する、書類を書く
算数~必須ですね
理科~炊事も洗濯も掃除も化学変化
社会~時事問題から歴史まで
体育~健康管理に
図工~住まいをあれこれ住みやすく
音楽~憩いのひとときに
こんなカンジですか、すべてのことが必要です。
ワタシの場合、単に家にいるのが好きなだけ。


こちらの本は、副題に
「暮らしに効く おいしい!うれしい!なるほど!サイエンス」
びっくりマークがそのまま章になっています。

たとえば、
おいしい科学(17項目)
~料理するということは、科学実験そのものといえるでしょう。台所は実験室、レシピは実験の手順書。~レシピに書かれていることは、~科学的な根拠があるのです。
おいしいパンに塩が必須なのは-----生地のコシを強くする
梅酒づくりの季節 氷砂糖をつかうのはなぜ-----浸透圧で実のしわを防ぐ
サツマイモはチンだと甘くない-----ゆっくり温度を上げる

c0345411_21235217.jpg
サワードゥカンパーニュ、自家製のヨーグルト酵母で


うれしい科学(17項目)
~科学という地図を持った食の探検は、驚きの発見だらけです。~本当は知らなくても暮らしていける「どうでもいいこと」かもしれません。でも、食の世界をさぐることは、「うれしい科学」に満ちているのです。~
チョコを食べると溶けてしまうガム----油と反応、ポテチでも
発酵はおいしいのに 悲しい腐敗防ぐには----微生物が好む水分を除く
はちみつを紅茶にいれたら色がくろくなっちゃった-----タンニンが鉄分と結合
おいしいレンジ生活はマイクロ波から-----水分子を衝突させ摩擦熱生む

c0345411_21254205.jpg
コレは塩麹、醗酵もの


なるほど科学(20項目)
子どものころは、身のまわりが不思議でみちあふれていたことでしょう。~大人になって封印してしまった疑問~科学のめがねで見つめてみると、世の中が違った風景に見えてきます。「なぜ」→「なるほど!」の道筋は、大人になってもまだ楽しめるのです。
アジサイの色いろいろ気まぐれさの裏に-----決め手はアルミニウム(土壌のph酸性アルカリ性)
花火には金属がいっぱい-----炎色反応でパッと咲く
ひんやり透き通った氷 家で作ると白く濁るのは----数奇の泡が光の進路を邪魔する
恋しい使い捨てカイロ鉄と空気はお暑い関係----さびて発熱、塩も応援

c0345411_21263855.jpg
著者の内田麻理香さん、(「恋する天才科学者」を紹介してます)
Eテレのすイエんサーという番組にも以前時々出演していました。
料理についてのチャレンジの時に、ふわっとした独特の間で
すイエんサーガールたちと掛け合いをしていました。

「おうちの科学」は続編も2013年に出ています。
最初の著書が「カソウケンへようこそ」、
糸井重里さんの運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」で、
「主婦と科学」として連載していたものをまとめたものです。

amazonの著者からのコメント。
カソウケンとは「家庭科学総合研究所」のこと。
科学が好きでたまらない主婦がネット上に立ち上げた架空の研究所です。
といっても研究員は夫・妻・幼児2名の一家総出でわずか4名。
弱小ながらも、料理・掃除・育児などを通して続けてきた
これまでの研究成果が一冊の本になりました。
とはいっても、今までの内容をただ本にまとめただけではありません。
イラストが満載で、わかりやすさと面白さが大幅アップ!
もともと科学が好きな方はもちろん、いままで科学を素通りしていた方にも
とっつきやすく楽しめるものに仕上がっています。
「実は科学ってエンターテイメントだったんだ」
と気が付いてしまう人が一人でも増えてくれると嬉しいです。

こちらも楽しくなるほど、のお話が、1週間と1年、研究レポート、
といった章立てで読ませてくれます。

読むと、だから家が好き、不思議がたくさん、退屈しない、
次々にしたいことできてくる、
と思えるのでした。

c0345411_21223147.jpg
#815 外に止めてある自動車の車内温度は50℃を超える、ダニは50℃20~30分、60℃以上なら一瞬で撲滅できるのだそう(ためしてガッテン2015/7/22放送)今度ふとん積んでみましょうか



by hiyoriya1410 | 2015-07-30 22:14 | 暮らしと科学 | Comments(0)
2015年 07月 29日

靴の箱と玄関掃除と「玄関から始める片づいた暮らし」

靴をおくスペースというのは意外と場所をとるものです。
わが家にも作り付けの靴箱はありますが、
靴や玄関まわりの物入れとして少しも余裕がありません。

玄関の三和土に靴を出しておくのもはばかられるので、
どうにかしないと、と思って作ったのが、
四角いハコ。

c0345411_21564546.jpg

これを重ねてかなりの収納量を確保しました。
けっこう気に入ってます。飾り棚にもなりますしね。

ホームセンターで木材を買い、切ってもらい、家で釘で組み立てるだけ。
重いものを入れるわけではないので、
強度を気にする必要もあまりなく気楽に作れます。
三辺の長さは各30cm、9コ作りましたが、
材料費は千数百円だったと記憶しています。

c0345411_21585729.jpg
柿渋染の暖簾、自作


さて、子どもたちは夏休みに突入しましたね。
ハチが小学生の頃夏休みに、家のお手伝いを何かやる、というのがありました。
彼がやったのが、配膳と玄関掃除。

この家は昭和40年代のもので、玄関はコンクリートです。
まず掃き掃除、そして水を流してブラシ掛け、
三和土から外の7段ほどある階段までやってくれました。

すると、じつにさっぱり。
やっぱり水で清められると違います。
玄関がさっぱりしていると、それだけで気持ちいいものですね。


c0345411_22033399.jpg
玄関には花を


玄関掃除で見つけたのがこちら。


こちらはamazonの紹介記事から
家じゅう全部、片っ端からキレイにしようと思っていませんか? そんなの誰だってなかなかできません。そん片づけが苦手なあなたに! 「とりあえず玄関だけ」スッキリさせてみませんか? 玄関は比較的狭く置くものもはっきりしているので、片づけしやすいのです。「家の顔」玄関がキレイになると、片づけスパイラル効果にスイッチが入り、リビング、キッチンにも手を付けたくなってきます! そして、気づいたときには、いつでも人を呼べる家、居心地良くなる部屋に大変身です。

玄関、に特化したタイトルがいいですよね。

久しぶりにしっかり玄関掃除をせねば、と心しました。


c0345411_22050025.jpg

#816 いただきもののトウモロコシ、鍋に並べて塩を多めにふり、カップ1(200cc)で中火で7分ほど、この時期はあっというまに柔らかくなります。甘くておいしい





by hiyoriya1410 | 2015-07-29 22:06 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2015年 07月 28日

帽子作りと『スタイリッシュ クロッシュ』

帽子作りに熱中していたのは、10年前くらいです。
2年くらいはとにかく面白くてあれこれ作りました。

c0345411_21372693.jpg
はじめて作った帽子、麻、ブリムの裏は柿渋染


そもそも、なぜ帽子作りをしたかといいますと、
恥ずかしながら頭のサイズが大きいワタシ、
なかなか気に入った帽子が見つからなかったから。

c0345411_21064496.jpg
c0345411_21422431.jpg
秋冬向きの布で

なぜ帽子好きなのかしら、と自分で考えてみると
帽子は存在感があってオシャレ感がぐっと上がるアイテムなんだと思います。
子どもの頃からベレー帽が好きでした。

脚本家であり作家の向田邦子さんが、エッセイで若い頃帽子作りを習っていた、
というのを20代の頃読んで、帽子って作れるんだ、(って当たり前なんですが)と。
そんなことを覚えていたので、ならば作ってみましょう。

c0345411_21070715.jpg
上のご婦人のようにかぶってみたい

c0345411_21433727.jpg
             上の写真と同じ型、深めにかぶるのがポイント

とりあえずその頃の手芸の本を探しました。
あまり帽子だけをつくる本は出ていなくて、
最初に参考にしたのがこの本。



クロッシュから始める理由
〜クロッシュと呼ばれる帽子は、クラウン(あたまの部分)に、ブリム(つば)が下向きかげんについたごく基本的なもの。そのシルエットがつり鐘(フランス語でcloche)形であることからクロッシュと呼ばれるようになりました。基本形なだけに、ここからアレンジ次第で豊かなデザインのバリエーションを生み出すことができます。〜

c0345411_21080930.jpg
3種類のクラウンとブリムがベース

さらに帽子のかぶりる時の角度や折り方で帽子の表情がかわるので、
かぶり方の練習にも最適な帽子、とあります。

これは、もうワタシ好み。
実際作ってみてびっくりです。
完成した帽子のラインのきれいなこと、
驚きました。

作る時の利点として、使う布が少なくてすみます。
テーブルの上で小物つくりくらいの感覚で作れます。
洋服は結構なスペースとりますから。
最初の頃は、着なくなったレインコートや色のきれいなパンツなど
再利用であれこれ作っていました。
妹のkukuも誘って、彼女は裁縫が得意、
色違い、生地を変えて作ったりしました。

c0345411_21030399.jpg
帽子の型紙ファイル

まずは作りたい帽子の型紙を一気にとります。
すると作ろうと思った時に、すぐ作ることができます。

石田欧子さんは平田暁夫さんの娘です。
帽子作りの遺伝子は受け継がれるのですね。
新宿伊勢丹に石田さん帽子があると知って見に行きました。
フェルトの帽子が、すごくカッコ良かった。
いつか買いたいものです。
石田さんのhatのHP
c0345411_21163506.jpg

こちらは、もうひとつのお気に入り。
糸山弓子さんは、キュートなタイプの帽子。
ラインはやはりきれい。
遊び心のある楽しい帽子です。

c0345411_21443391.jpg
c0345411_21494154.jpg
糸山さんの型から作った帽子、30コほども作ったかな

最近は、歳をとったせいでしょうか、
帽子が似合わなくなっている気がして、
かぶる機会が減っています。
ザンネン…

#817 晩ごはんに作ったトウモロコシと枝豆とちくわのかき揚げは夏に美味しい

c0345411_21234931.jpg



by hiyoriya1410 | 2015-07-28 22:31 | ハンドメイド | Comments(0)
2015年 07月 27日

魚の世界と「しりたがりやのちいさな魚のお話」

表紙には、桟橋に腹ばいになって、水の中を覗き込むトーマスの姿。
水の中ではなにやら相談中の4匹の魚たち。

c0345411_21182706.jpg
水辺の優しい青系の色が涼やかさを感じさせてくれる絵本です。
魚たちが写実的に描かれていて、絵のうまさに驚きました。

リアルなのに愛らしいのは、目線でしょうか。
魚たちの会話が聞こえてきそうです。

色彩も水彩でパステルですが、落ち着いたトーンで、
どこか古い50年代の映画のようです。


スゥエーデンの絵本作家エルサ・ベスコフのちょっとユニークなお話。
読み終えるのに15分はかかる、かなりお話しの量がある絵本です。

スイスイは魚のスズキの子、とてもしりたがりやです。
ちいさなスイスイは、さかなの仲間たちと話すうち
「水のないところ」「ニンゲン、みてみたい」と好奇心を刺激されます。

そしてある時、釣りにきた男の子トーマスに釣られます。
さて、水のなかの魚たちは、スイスイを助けに行こうとします。
ブクブクバーバーという魔法衛お使えるカエルの魔女に、
なんと足を生やしてもらうのです。
c0345411_21200615.jpg

3匹そろってトーマスの元へ。
彼らの言い分に納得して、トーマスはスイスイを水に返しました。
スイスイたちを眺めてるうち、泳ぎたくなったトーマスは、
魚たちの助言で泳げるようになります。

c0345411_21212017.jpg

〜きれいな水のなかを、すいすいおよげるわれわれとくらべてら、二本の足で、かわいたところを歩かなくちゃならないニンゲンガエルなんて、どいつもこいつも、かわいそうなもんだ!

ガミガミおじさんのこんなセリフでお話しは終わります。
確かに…。
魚目線で見るとニンゲンはかなり不自由な生き物に見えますね。

c0345411_21204345.jpg

魔法で足を生やした魚たち、
その姿の不思議なこと。
魚の形は手足のない形が完成形なのだと、つくづく感じました。

登場する魚たちの名前がも楽しい。
スイスイを助けに行くのが、
カレイのテンテンおばさん、コイのピカピカおじさん、カワカマスのガミガミさん。

このお話しを読むと、
いつも水の中の魚のたちがうらやましくなるのです。
水辺が恋しい季節に読みたい絵本です。
c0345411_21300791.jpg
真夏の花、太陽のようなノウゼンカズラ


#818 シーツやタオルがあっという間に乾く、暑くていいこと、ノウゼンカズラが元気なこと



by hiyoriya1410 | 2015-07-27 22:05 | 絵本とともに | Comments(0)
2015年 07月 26日

越後妻有アートトリエンナーレ開幕と「清津倉庫美術館・中里」「土石流のモニュメント」

3年に一度開催される越後妻有アートトリエンナーレ、
大地の芸術祭2015が開幕しました。

9月13日までの50日間、折を見て鑑賞してきたものを
ご紹介します。

最初に訪れたのは、2015年の注目新作のひとつ
「清津倉庫美術館」。
6年前廃校になった清津小学校。体育館をはじめ代々的にリニューアルされて
大型の作品を展示できる倉庫美術館になりました。

会館特別企画展「4人展:素材と手」。
遠藤利克〜炭化した黒々とした巨大な舟がシャープ、
c0345411_23092991.jpg
青木野枝〜重い鉄が軽々と中に軽やかな曲線を描いた作品は鉄の花のよう、

c0345411_23095991.jpg
原口典之〜普段は見ることができない鋼材がむき出しで、存在感を放つ構造美、
戸谷茂雄〜チェーンソーでさまざまな模様に削られた2mの木材が26屹立する、彫る楽しさ。
c0345411_23090158.jpg
校舎棟では地域の案内と「きよつや」による食のプロジェクトでお弁当を提供。
清津川の木の模型にビー玉を流して水の流れを期間中につくる、これは楽しい。
建物が魅力的に生まれ変わって中里の新しい拠点になっています。
c0345411_23102479.jpg

そこから車で数分の「小出の家」のうつすいえ/うつすにわ。
2009年、空家プロジェクトのひとつ。
6年前、工事中の壁を塗るワークショップに埼玉の友人あまちゃんとハチと参加。
3年ごとに足を運ぶと家が育っています。
光ファイバーの星空と地面に一瞬宇宙浮遊、
奥の部屋には紫陽花色の封筒が手紙を待っています。
c0345411_23002277.jpg
c0345411_22581118.jpg

カクラ クルクル アット ツマリ〜は2006作、風車が奏でる竹の音が響いて、爽快。
ポチョムキン、エターナル、ここで深呼吸、たくさんの失われた窓のために、克雪人、中里のかかしの庭、を見て午後は津南へ。
c0345411_22572950.jpg
まず外丸保育園で集落と川の関係についての作品〜かわいい保育園、

c0345411_23022166.jpg
磯部行久・土石流モニュメント〜2011年
長野県北部地震で起きた土石流の跡をマーキング、黄色いポールが230本設置されています。展望台まで炎天下仮設の工事現場の足場を10分歩きます。自治体の職員の方が、説明してくれます。崩落した山肌も見え、あらためて自然の起こす力に驚きます。
鉄製の巨大な砂防ダムが芸術祭作品に見えます。こうした円形の砂防ダムはいくつかあるらしいですが、山奥にあるため人目につくことがほとんどない、とのこと。
土木技術の規模の大きさ、自然の力に圧倒されました。カッコイイんです。砂防ダムは作品じゃないんですけどね。
c0345411_23024692.jpg
このあと、十日町の枯木又プロジェクト〜こちらも6年ぶり、校庭が整備されて気持ち良い空間になっていました、内田晴之〜大地の記憶。
校舎内では、わたし飲み込んではまた空になるチューブなの〜タイトルだけで笑ってしまいました。
c0345411_23050612.jpg
イ・ヒョンウ〜杉の香りとその圧倒的な量とクルクルのまとまりにスゴイなと。
c0345411_23053202.jpg
飛渡の搬入プロジェクト〜竹で作られた巨大なオブジェをみんなで神輿のように搬入するというもの、らしく、行った時は終わった後、楽しげな気配が残っていました。
最後に継ぐ家〜家の傷を金箔で金継のように施す、立派な造りの家でびっくり、裏には池に鯉。
c0345411_23034885.jpg
c0345411_23014923.jpg
かまぼこフェイス2006作の車庫を横目に見ながら帰途につきました。

楽しい1日でした。

c0345411_23062704.jpg
#819 どこへいっても田んぼの緑が眩しい、うれしい




by hiyoriya1410 | 2015-07-26 23:10 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2015年 07月 25日

絵から文字へと『文字始源 象形文字遊行』

いよいよ明日26日に、
越後妻有アートトリエンナーレ・大地の芸術祭が開幕します。

粟津潔さんを知ったのは、2000年の大地の芸術祭のワークショップ作品を
十日町小学校で見たからです。
体育館ホールに畳1畳ほどもある、墨で書かれた古代象形文字。
迫力と美しさに圧倒されました。


c0345411_23145420.jpg

小学校の4.5.6年生とその保護者100余名が参加して、
古代象形文字二百余字の一覧から、自由に文字を選んで書くというワークショップ。
c0345411_23143168.jpg
こちらがその様子

その様子がこの本の180-181頁にのっていました。
楽しそう。

「甲骨・金文」といわれる象形文字は漢字の祖。
趣味で篆刻をやった時にも、篆刻文字の整理された文字の美しさとは違う、
野趣あふれる「祖」としての象形文字にも惹かれました。

この本は、現代美術・デザインに通じる古代象形文字を、
文字始源である甲骨文字、金文を主とする「象形」による文字および、
「象形」と「象形」を組み合わせて造字した「会意」による文字を中心に、
900余字を収録しています。

c0345411_23162187.jpg
117頁から173頁まで


文字の起源が絵であることは、世界中の文字始源で共通している。
甲骨文字は、その絵画的記号から文字への法を創りあげたのである。

文字を造るシステムがバランスにあり、
四角に収まるようにデザインされて見える、といいます。
収まり、から文字を考えるのは絵

自分でもいくつか甲骨・金文文字を石に彫りました。
永、神、龍、夢・・・(写真上から)
いずれも見ているだけで楽しい文字の数々。



本には字統、字源などの著者、白川静先生との対談も掲載されています。
粟津さんは2009年に亡くなられました。


c0345411_23191028.jpg
#820 燃えるような暑さの日中、家の中で凌ぐ1日



by hiyoriya1410 | 2015-07-25 23:19 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2015年 07月 24日

東京オリンピックのマークと[生誕100年 亀倉雄策展]

5年後のきょう、
2020年7月24日東京オリンピックが開幕します。

メインスタジアムの新国立競技場は、
どのようなものになっているでしょうか。

前回の東京オリンピックは1964年、50年前です。
スマホもネットもありませんでした。
色々なものが変わりましたが、
オリンピックを待ち望み楽しむ人の姿は変わりません。

東京オリンピックのポスター、かっこイイです。
新潟の万代島美術館で「生誕100年亀倉雄策展」が8月30日まで開かれています。

以下は、美術館のHPより。
戦後日本を代表するグラフィック・デザイナー、亀倉雄策(1915-1997 新潟県燕市出身)の生誕100年を記念した回顧展を開催します。《東京オリンピック》や《EXPO’70》など、初期から晩年にいたる代表的なポスター作品を紹介するとともに、装幀やパッケージの仕事、制作過程を知ることのできるスケッチ類、当時の資料写真や愛用の品などをあわせて展示し、その業績を振り返ります。



この展覧会を記念したTV番組がNSTで7月18日放送されました。
以下は、覚書。
「亀倉雄策~デザインの先に見えるもの」
亀倉様と呼ばれる大地主の息子だった
子どもの頃から図が得意
9歳の時家が衰退し東京へ
汽車で地元を離れるときに売店の人が「偉くなったら帰ってきなさいよ」と、
それがずっと残っていたという
広告事務所に就職、19歳でデザインの1歩を踏み出す 学校で習っていない 実践で
海外に日本を紹介する雑誌NIPPONのグラフックデザイン
地下鉄の開通ポスター、リボンと矢印でデザイン
一眼レフカメラニコンFのデザイン
このポスターを手伝っていた当時のアシスタント町田安男さんは、
亀倉さんは、直感で作っていた
金と日の丸のマーク締め切りを忘れていて、ラフスケッチから速攻で仕上げた
6人によるシンボルマークの指名コンペで採用された
写真のポシター、100枚の写真から5分で選んだ
写真撮影に立ち会わなかったのは、冷静な透視力を保つため、最後の一撃がアートディレクターの仕事
1972年冬季オリンピックのポスター、東京オリンピックの残像
企業のロゴ、トップと会って理解して
30年間アシスタントをつとめた水上寛さん
豪快だけど繊細、裏表のない人、すごい強さがある(作品に)
最後に残したもの、ヒロシマアピールズのポスター、美しさとメッセージ性をもつ、美術の教科書にも掲載
72歳で新潟で個展を開く
1997年没享年82
長岡赤十字病院にモニュメントがエントランスと中庭に  
そのタイトル HIGH SPIRIT 不屈の精神

c0345411_20440783.jpg
長岡日赤病院

すぐれたデザインというのは古びることがないのだと、亀倉雄策のデザインをみて思いました。


「亀倉雄策のデザイン」
世界が認めたジャパンデザインの象徴、作品集

夕方、2020年の東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムが
発表になりました。
c0345411_20434888.jpg

近年のオリンピックにはないデザインに思えます。

亀倉雄策のDNAを継承している、と感じるのはワタシだけではないでしょう。


c0345411_21145530.jpg
写真はイメージ

#821 土用丑の日、鰻のちらし寿しを作りました。蒸し暑かった1日が終わります






by hiyoriya1410 | 2015-07-24 23:11 | 身辺雑感 | Comments(0)
2015年 07月 23日

学びの多様化と『不器用なぼくらの教室』

「不器用なぼくらの教室 東大・異才発掘プロジェクト」は、
2015年6月27日にEテレで放送された番組です。

c0345411_23113296.jpg
いつも利用している図書館

以下は番組HPより
東京大学先端科学技術研究センターで去年12月に始まった「異才発掘プロジェクト“ROCKET”」。公教育をドロップアウトした子どもたちの埋もれた能力を引き出し、学校以外の学びの場の可能性を模索する目的でスタートした。全国から応募した600人を超える子どもたちのほとんどが、多動や学習障害、集団行動が出来ないなどの問題を抱え、不登校になったり、「発達障害」と診断された子どもも多い。

しかし、ある子どもは数学や物理でずば抜けた能力を持ち大学生レベルの量子力学の問題までこなし、ある子どもは1日100枚もの繊細な絵を描き大人たちを驚かせる。プロジェクトに参加する子どもたちはこれから5年間、自宅でのオンライン教育に加え、例えば「イカを解剖してイカスミパエリアを独力で作る」など、学校では体験することのないワークショップを通して学んでいく。画一的な教育システムの中ではじき出されていく子どもが増えつつあるいま、子どもたちの秘められた“能力”をどう伸ばしていけばよいのか。新たに始まった異才発掘プロジェクトを通して考えていく。

c0345411_23124297.jpg
概略。

アスペルガー症候群と診断された中学2年の少年
彼は宇宙は無からか有からか、を問う
できないことを数えても仕方ないので、できることを

小説家を夢見る小学2年生、3D動画を作成する子、プログラミングをする子、
新しい学校とはなんだろう

世話人は東京大学人間支援工学分野の中邑賢龍教授
校舎は東京大学先端科学技術センターが学校
小学2年生から中学3年生までの15人
授業は月に1度数日間行われる

最初の授業、イカ墨を取り出しパエリアを作る~自分で考え実践する
自分のペースで授業に参加~騒々しいのが苦手な子も

学校に通っていて疎外感を感じている

中邑:授業の特徴は、ルールがない、時間の制限がないこと
それらがないと考えることをしなくなる

彼らが自分を客観視することに取り組んでいる
普通ってなに、変わってるってなに ~人間は誰もが変わっている、レッテルを張られることが問題

6か月かけてにプロジェクト
プロジェクト鹿~ほっかに道の山で鹿の角をゲットして自分のナイフとフォークをつくる
プロジェクト茶~四国の山中に伝わる半発酵茶を探し、同じものを作れ
プロジェクト椅子~汚れ痛んだデンマークの椅子をゲットし新品に再生する

ロケット開始から3か月
子どもたちに変化
オオイタサンショウウオを育てる小学4年生~学校へ週3日ほど通えるようになった
ざわつきが苦手~イヤホン、字を書く~タブレットを使う、
テクノロジーの助けで学校に通うことが可能

中邑:突き抜けた子やユニークな子は阻害されがち
それを社会や学校で支える仕組みを考えるのがロケット
才能をつぶさない教育、学校を補間する役割
人の存在というのは、好き嫌いを超えて認めなければならない

祖父の死から価値観の変化を考える~人は存在するだけで価値がある
中邑:おじいちゃんはものを言わなかったが、人を動かすことができた

それぞれの変化
アスペルガーを利点と思えるようになった
それぞれ違う考えをもっていても共存できるように思えるようになった
まだほんの入り口にたったばかり


この取り組みは、5年計画で取り組んでいます。
ここから身近に取り組みが仕組みとして届くのにどれくらいでしょうか。

c0345411_23121481.jpg
折しも、7月9日、ニコニコ動画のKADOKAWA・DOWANGOが、
ネット高校の設立計画を発表していました。

「教育はインターネットによる双方性を生かす方法に移行していく。私たちの総力を挙げれば、理想の学校を作ることができる」
と会見で説明。

通信制の高校は昨年度、全国に231あり、国の規制緩和もあり10年で1.5倍に増加。
代表の川上量生社長はネット高校を設立する理由を、
「不登校の中学生の受け皿にしたい」と説明。

平成25年度9万5000人(37人に1人)の不登校の生徒がいますが、
デジタルに強い不登校の子どもたちを「眠っている日本の隠れた財産」と評し、
「やり直せるチャンスがあるし、普通の人よりもできる部分がある、そういうところを引き出したい」

具体的なネット高校の授業の講師にコンピュータープログラミングや美容、アニメや映画制作などで
第一線のプロを招く計画とのこと。
さらに地方自治体と連携して、農業や漁業、伝統工芸など地方独特の職業体験を行える準備もしている、とあります。

学びの場が多様化することで、自分の特性を生かし進んで学ぶことができます。
選択肢が増え、方法はいろいろあってよいのだと思います。

c0345411_23133721.jpg
#822 ハチの通っていた小学校のグランド。空が広い、懐かしい、気持ちいい





by hiyoriya1410 | 2015-07-23 23:23 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2015年 07月 22日

宇宙飛行士と「宇宙からの帰還」

23日、日本人宇宙飛行士、油井亀美也さんがロシアのソユーズ宇宙船に乗り込み打ち上げられます。

油井飛行士は航空自衛隊のパイロットからの転身、
約5か月間国際宇宙ステーションISSに滞在します。

c0345411_21131667.jpg

ソユーズは、米露の飛行士とともにカザフスタンの宇宙基地から打ち上げられます。
ロシア語も必須なようで、その習得に
「苦痛だったが、楽しくやろうと発想を変えた。ロシアの映画や音楽を楽しみながら勉強した」
(産経新聞2015/7/20)





この本が出版されたのが、1983年。
32年前になるんですね。

ジャーナリスト・ノンフクション作家の立花隆が、
アメリカの宇宙飛行士たちにインタビューして、
宇宙での体験を通して、どのような変化が彼らに起きたのかを
つぶさにレポートしています。

NASAは宇宙飛行士に対して年密なヒヤリングは行うようですが、
精神的な体験については調査が行われたことがなかったといいます。
いまは、どうなのかな。

c0345411_21190537.jpg

多くの飛行士が、地球の美しさと神秘さ、数々の神秘体験と一瞬のうちに得る気づき、
宇宙の深淵に衝撃を受けています。
インタビューを受けた宇宙飛行士たちが宇宙に旅立ったのは50年も前のこと、
地球が宇宙における奇跡の存在として映ったもの当然のように、今は思います。
本書は、人間の存在や人生の意味を考える1冊です。

c0345411_21193443.jpg

宇宙は格段に身近になりました。
オンタイムで宇宙飛行士のtwitterが届く時代です。


油井飛行士はどんな宇宙体験をするのでしょうか。

c0345411_21143194.jpg

#823  朝焼けがさす家、空気も少し冷たさを残して気持ちよい




by hiyoriya1410 | 2015-07-22 21:21 | 読書のまわり | Comments(0)