人気ブログランキング |

シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

本で読む体操と「もっとスゴイ!大人のラジオ体操 決定版」

「大人のラジオ体操」がブームとなったのは3年前くらいでしょうか。

以前「これが正しいラジオ体操」について書きましたが、
この講談社のシリーズは、最初が2012年春、本書は2013年発行、
”もっと” ”決定版” の文字が追加されています。
実はその前に ”実はスゴイ!大人のラジオ体操」がでています。
んん~、それこそが、スゴイ。


毎朝のラジオ体操を始めてから2年半、
さて、どんなことが実際書かれているのかチェックです。

3冊目ともいえる決定版が出たのは、2作目に第2体操が入っていなかったから。
第1体操がすばらしく、要望に応える形で翌年、青壮年を対象に作られてとあります。

ラジオ体操に歴史あり。
そもそもラジオ体操が誕生したのは1928年、「国民保険体操」として開始。
昭和天皇の御大典記念事業の一環でした。

当時の体操普及パンフレットには、次のような文言。
『昔から「健康は幸福の母」といわれるように、健康であって初めて人生の幸福衛お愉しむことができます。近代物質文明が急速に発展し生活は便利になりましたが、その一方で心体を使う作業範囲が減り不健康になります。(中略)それには適度な運動法で健康を維持する努力が必要です。』

85年前、、、ですが現代でも通じる文章です。


肝心の体操について。
第1体操のテーマは「姿勢と呼吸」。
すべての人に大切な要素、一般家庭向け、老若男女が対象、美しい動きで姿勢を正しく、ダイナミックストレッチの(相反神経を利用し、筋肉の弾性と関節の可動域を高める、ウォーミングアップに)。

第2体操のテーマは「強さとしなやかさ」。
アクティブで疲れにくい体をつくる、職場向け、青壮年層が対象、必要な筋肉を鍛える、バリスティックストレッチ(反動や弾みをつけて、筋肉の弾性と可動域を広げる、伸張反射を助長する、準備的ストレッチ)。

そして大事な、効果を高める3つのポイント。

1 自己流は×。ポイントを確認してから行いましょう
2 使う筋肉を意識しながら動きましょう

3 テキパキと元気よく動きましょう



ほかにも、
運動中の呼吸は、
伸びるときや胸を開くときに、吸う
力を入れるとき、緩めるとき、胸を閉じるときに、吐く

若々しい体作りのコツ
1 関節が十分に動くこと
2 筋肉がしっかりうごくこと
3 筋肉や関節を強調して十分動かせること

ひとつひとつの動作に詳細な説明が写真付きで解説されています。
かなり細かい、丁寧。


意識する、しない、は運動に大きな差を生じることは、実践してみると明らかです。
呼吸、姿勢、目線、関節の向き、動きの大きさ、広げる幅、丁寧にやると確かにかなりの運動です。
わずか3分なのに。

テレビでも動きをみることができます。
第1、2とも各13の運動があるので、
1動作づつ確認しながら正しい動きを会得しょうと思います。

DVD付き 幻のラジオ体操第3


こちらもあります



ラジオ体操が「徒手体操」と呼ばれる体操の一種。
18世紀スウェーデンなど北欧を中心とした徒手体操の影響を受けたようです。
腕をよく動かす体操、というのがワタシの印象だったので、合点がいきました。

c0345411_23211496.jpg

#775 夏休み中全国を廻っていたラジオ体操も明日から通常バージョン、賑やかな掛け声に元気がでた夏





by hiyoriya1410 | 2015-08-31 23:33 | 身辺雑感 | Comments(0)
2015年 08月 30日

高校生と『地球を旅する地理の本①地球に生きる』

ハチ「最近、地理がおもしろいんだよね」
ワタシ「ほーっ、うんうん、そう思うよ〜どこが」

ハチ「地理ってさ、無駄がないってゆか、すべてが道理に適ってるっていうか。気候でも意味があってそういう気候になってて、資源とか、地形とかさ。産業も、それがそこにある意味がちゃんとあるからすごいなーって」
ワタシ「理科とかに近いことやるもんね、地形とは歴史にも関係あるしね」

ハチ「でも、宗教のところが苦手、さっぱりだ」
ワタシ「へぇ〜、宗教ね。それも地理なんだ。最近地図が凄いって思ってたんだよね」

と、まぁこんな会話をいたしまして。
図書館に行ってたハチを雨が降ったので迎えに行き、借りたい本がある、
それがこの本。


①巻の画像がなかったので④巻で。①巻は初版は1992年です

c0345411_23032392.jpg
地理の資料集みたいだとか。
読み物でおもしろいのだそう。

目次をみると

第Ⅰ章 大きな地球・小さな人間 
1生命を育む惑星 2地球は巨大な「宇宙船」 3地球の資源は底をつく? 4地球環境があぶない 5地球と仲良くくらす 
第Ⅱ章 陸と海と水の話 
1うごいている地球表面 2世界の山地と平野 3地球規模でみた海 4水は地球をめぐる
第Ⅲ章 さまざまな気候の話 
1所変われば気候も変わる 2常夏の世界 3感想の世界 4四季のある世界 5極寒の世界
第Ⅳ章 現代世界のなりたち
1世界にひろがった人類の祖先 2農業のふるさとは 3近代以前の世界 4近代は世界をどう変えたか 5二十世紀の世界
第Ⅴ章 「北」の世界、「南」の世界 
1世界の人口はどうなる 2飽食の世界、飢餓の世界 3貧しい国々、豊かな国々 4多様な世界、多様な人びと

c0345411_23044021.jpg
さらに「地球を旅する 地理の本」は全8巻。

これは1巻で、さまざまな問題を取り上げた内容になっています。
2巻からは地域ごとに、
②アジア ③西アジア・アフリカ ④ 西ヨーロッパ ⑤ 東ヨーロッパ・旧ソ連
⑥ 北アメリカ・オーストラリア ⑦ 中南アメリカ ⑧ 世界の中の日本
となっています。

c0345411_23054051.jpg
環太平洋造山帯の地図や、海底地形の断面図をながめていると、
これを作り得た、人類は凄いな、と思ってしまうのです。

古から国と国は領土や資源をを争って戦い、
その戦いはまず地形・気候を知ることが第一歩です。

石油という資源はあらゆる生活を変えましたが、
今も変わらず資源や領土をめぐる日々のニュースは流れています。

物理がモノの理(ことわり)であるように、
地理とは、地の理(ことわり)と、あらためて納得しました。

ハチのつぎに読んでみましょ。

c0345411_23065668.jpg
風景写真は大栗博司先生のblogより


#776 からりカラリと、洗濯物が乾いた季節のありがたみを感じる天気模様




by hiyoriya1410 | 2015-08-30 23:23 | 身辺雑感 | Comments(0)
2015年 08月 29日

蟲愛づる姫君とナウシカと『いのち愛づる姫』

ちょっと風変わりなこの本は「朗読ミュージカル」。
JT生命誌研究館の10周年記念行事のひとつとして製作公演したもの。




原案は、人間を含むあらゆる生命と歴史との関係を読み解く生命誌、
という概念を提唱している中村佳子JT生命誌研究館館長。
童話作家の山崎陽子さんが脚本を書き、日本画家の堀文子さんが絵を描きました。
異分野3人の女性による生命賛歌です。

c0345411_23285050.jpg
蟲愛づる姫君、ともいわれる生き物好きの姫。
まわりの動植物との会話劇が絵本仕立てになっています。

蟲愛づる姫君は11世紀『源氏物語』とほぼ同じ時期に書 かれたとされている
『堤中納言物語』の中に登場します。

c0345411_23291088.jpg
本の最初の項目「虫め愛づる姫君」では、例えば

侍女「ひ、ひ、姫さま、そ、それは」

姫「なにをおどろいているの。これは毛虫よ。ほうら、みてごらん。なんてかわいらしいのでしょう。だれでも花やチョウばかり愛でるけれど、それはおろかなこと。うわべだけではなにもわかりませぬ。もとから調べて、それがどのように変わっていくのかを見きわめてこそ楽しいものを」

まさに生命誌の本質をとらえたものでしょう。

c0345411_23294052.jpg
中村さんはこの本の紹介で次のように書いています。

 卵から幼虫へ、さらに成虫へという変化を追うのは、発生生物学であり、しか も見かけにとらわれず本質を知ろうとするのが、本来の科学のありようです。 ヨーロッパで近代科学が誕生したのは17世紀ですから、それより600年も前 に、科学の精神をもったお姫さまが日本にいらしたというのは、なんともうれし いことです。
 それにもう一つ、このお姫さま、「人は、すべて、つくろう所あるはわろし」 と言って、当時上流階級の子女には当然とされていた、眉を抜いたり、お歯黒を つけたりということをしないのです。現代の言葉を使うなら、自然志向です。あ るがままをよしとし、小さな生きものが懸命に生きる姿を見つめ、それを「愛づ る」ことは、生きものを知る基本でしょう。

c0345411_23300199.jpg

続けて、「生きている」ということについて。
 現代科学は、ガリレオ、デカルト以来、生きものも含めて、自然を数式で書か れているととらえ、機械として解明していくことによって進歩してきました。生 命科学は生きものを機械をみなし、その構造と機能を解明すれば生きものがわか る、としています。しかし、38億年前に生まれ、これまで続いてきた生きもの は、歴史の産物、つまり時間をつむぎ、物語を語り継いできたものなのです。生 きものの中にある歴史を読みとり、生きていることを全体として、過程として捉 えていかなければ、「生きている」ことを知ることはできません。このように考 えている「生命誌」の原点は、まさにこのお姫さまにあります。

項目というか見出しは、
「虫愛づる姫君」「バクテリア」「ミドリムシ」「ボルボックス」
「カイメン」「クラゲ」「タイ」「松」「シダ」
とそれぞれ会話劇をくりひろげ、以下の「いのち愛づる姫君」に集約されていきます。

ものみな一つの細胞から
生まれたいのち
尊いいのち

三十八億年のむかし
生まれた一個の細胞
いのちの みなもと

これにつきるのです。

c0345411_23302360.jpg
「蟲愛づる姫君」で思い出すのが、宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」。
ワイド版の後表紙の裏に「ナウシカのこと」というコラムが寄せられています。
その文の中ほど


 ナウシカを知るとともに、私はひとりの日本のヒロインを想い出した。たしか、今昔物語にあったのではないかと思う。虫愛づる姫君と呼ばれたその少女は、さる貴族の姫君なのだが、年頃になっても野原を飛び歩き、芋虫が蝶に変身する姿に感動したりして~習慣とタブーに充満した平安期に彼女を待ち受けた運命はどのようなものであったろう・・・
そして終わり近く
~私の中で、ナウシカと虫愛づる姫君はいつしか同一人物になってしまった。
c0345411_23305843.jpg

この文章を覚えていて、この本を知って腑に落ちたのでした。
生命について漂うように考えを巡らせることができる時間になります。

c0345411_23325134.jpg

#777 一気に10月上旬ころの気候とか、半袖が寒く感じた1日






by hiyoriya1410 | 2015-08-29 23:34 | 読書のまわり | Comments(0)
2015年 08月 28日

カエルがはねる道路と「ゆかいなかえる」

きょう午後、通り雨が降りました。
雨つぶがはねるのを見ていると、思い出す事が…

c0345411_23192904.jpg
雨の日の農道にも出会ったことあり

雨が降る山道、通る車は少なく
長野から新潟へもどる途中、
ヘッドライトに照らされてひどく何かはねているよう、
まさかカエルとは。

そう、こちらでは雨の日に、カエルがものすごい数はねる道路があるのです。

きゃー、と叫びつつも車を走らせる事を止めるわけにもいかず、
カエル道を行くのです。
きっとタイヤには、ど根性カエルのピョン吉たち。

2009年の大地の芸術祭ガイドブックの北川フラムディレクターのコラム、
ディレクターのはなし②で同じことが書いてありました。

里山巡りの楽しみー動物・昆虫
〜夏の越後妻有の楽しみのひとつは、動物や昆虫。〜雨の日のドライブも気をつけなくてはいけない。ライトに照らされた越後妻有の路はカエルの乱舞。翌日車輪を見ればカエルのセンベイでいっぱいだ。〜
コラムでは、フクロウやムササビ飛び立ち、オニヤンマが車に向かって飛んでくる、レッドリストのギフチョウやカモシカに出会うこともあり、キツネ、タヌキ、ヘビの類はそここに。
〜山野草や径庭の花も含め、アートに導かれての里山巡りは生命の輝きに溢れている。
と結ばれています。

まったくだな、と思います。

そのカエルに敬意を表して、この絵本。


4ひきのカエルが楽しげな表紙。
ミドリとアオは自然に溢れた色、使われている色もこの2色に白と黒のみ。
水辺のアオがほとんどページのばっくの色なので、文字は白ヌキです。
c0345411_23133586.jpg

見返しのオタマジャクシがカワイイ。
カエルをはじめ、登場するサカナ、サギやカメが動物の表情は擬人的的ですが、
全体は骨格で描かれています。
カメのこうらの数もちゃんと13です。
c0345411_23143970.jpg
おはなしは、オタマジャクシからカエルにかえり、季節を過ごし、
雪の降る冬に土の中で眠る、そんな時間を描いています。
c0345411_23135534.jpg
ひいらいた ひいらいた と ぐるぐる まわる。
ばしゃん‼︎てが はなれて しりもちついた。

石井桃子さんのリズミカルな訳が心地よい。

ゆかいなかえるのユーモラスな表情をみるにつけ、
願わくば、カエルの路には出会いませんように。

c0345411_23150372.jpg
#778 町中でもオニヤンマをよく見かける夏でした







by hiyoriya1410 | 2015-08-28 23:22 | 絵本とともに | Comments(0)
2015年 08月 27日

ワールドカップバレーと「ハイキュー‼︎」

2016年リオオリンピックの出場権をかけた
ワールドカップバレーの大会が連日行われています。
まずは女子、12か国総当たりで上位の2国が出場です。
c0345411_23084695.jpg
フジテレビHPより
小学2年の頃からバレーボールが好きで、
家の前で友だちとパスしあっていました。
中学ではバレーボール部に入部、
1年生からなぜかレギュラーでそれもセッターでした。
でも市内では2番手3番手の位置、
上位の大会には進めませんでした。

高校では限界を感じて、部活動はせず。
その頃からはすっかり様変わりしたバレーボール。
ルールも大幅に変わって、びっくりしたものです。
(今の人はもはや昔のルールを知りませんよね)



さて「ハイキュー‼︎」は排球、バレーボールを、
漢字表示をカタカナ読みしたままですが、
現在週刊少年ジャンプに連載中の、漫画のタイトルでもあります。

ワールドカップバレーの女子を見ていると、
リアル、ハイキュー。
漫画で見る動きの実際がよくわかります。
これまでバレーボールを見たことなかったハチも、
「ハイキュー」でチラ見して、凄いと感心しきり。

スポーツ漫画の良さって、時間編集できること。
映画など動画ではちょっと演出が難しいですよね。
漫画なら、1秒をどれだけ描くことも自由なのです。
c0345411_23021837.jpg
「ハイキュー」は全国制覇を目指す男子高校生、
日向と影山が所属する烏野高校バレーボール部が舞台です。
過去強豪校といわれた時代の「小さな巨人」に憧れを抱く日向。

日向の身長162センチながら驚くべき身体能力を兼ね備え、
コミュニケーション能力抜群。
一方影山は天才的なセッターながら独りよがりでまわりから疎まれていましたが、、
日向との出会いで変わっていきます。
個性的なチームメイトやライバルたち、まわりの人たちとの関わりの中で、
成長していく姿を描く、まさに王道スポーツ漫画です。

c0345411_23124674.jpg
物語は今まさに春の高校バレー宮城県代表の座をかけて決勝戦を戦っているところ。
圧倒的エースをいかに攻略していくのか、見応えありの連続です。

何よりもバレーボールが漫画になって、
こんなにカッコイイものとは思いませんでした。
演出がうまい。

c0345411_23130859.jpg
さらにアニメーションになった「ハイキュー」は、
動きがシャープに加わって、当初は原作を凌駕する絵の上手さがありました。
c0345411_23051595.jpg
アニメ、烏野バレーボール部勢揃い、ハイキュー!!HPより

この秋にアニメーションのセカンドシーズンが始まるようです。
連載の続きと合わせて、楽しみが増えます。

c0345411_23153823.jpg
#779 祭りは午前零時までに神輿が諏訪神社に入り、花火が打ちあがって幕となります。例年よりかなり早い秋の気配に嬉しいような淋しいような


c0345411_17124107.jpg
提灯の出番もおしまい。路地に各家に灯る明かりが見事な景色、はじめて見たときは感動しました

c0345411_23193409.jpg









by hiyoriya1410 | 2015-08-27 23:17 | 身辺雑感 | Comments(0)
2015年 08月 26日

臨床美術と『はじめてのゼンタングル』

「ゼンタングル」
という聞きなれない、この本を開いて思い出したのが、

大地の芸術祭2012の参加作品で、

土市旧金沢歯科の建物「はつがの家」で行われた「臨床美術プロジェクト」。
臨床美術とは、独自のアートプログラムに沿って創作活動を行い、
脳を活性化させる取り組みです。


1996年に彫刻家の金子健二が考案し、医師や美術家、
ケアアドバイザーらがチームとなって実践研究をしたとあります。
「はつがの家」では実際に描かれた絵や造形物の展示があり、
ワークショップで訪れた人が、臨床美術士のアドバイスに沿って、
絵を描くとこができます。

実際に友人のアマちゃんと参加しました。
はがき大の白い紙に色鉛筆やパステル、くれよんなど筆記具があり、
言われたように、はがきに描いていきます。

これが、なんとも不思議な体験でした。
明らかに、脳のいつも使っていない部分を刺激されたという実感があったのです。
脳が開く、というか、出来すぎですよね。

絵が描けないと思っている人でもガイドに沿って手を動かすと、
きちんと絵になるのです。
ワタシが描いたものを探したのですが、見つからず。
ずっと棚に貼っておいたのですがね。

認知症に効果があることは医学的に検証されているとのこと。
臨床美術士は福祉系の大学などで資格が取れるところがあるようです。
ニュースキャスターの安藤優子さんのお母様が、臨床美術を体験されて
効果を得られたなど、様々な資料、ビデオの展示もありました。


さて、冒頭のゼンタングルです。
<

簡単なパターンを繰り返し描くだけで、誰にでもできる新感覚のアート。
意識を集中することで、リラックス効果も期待できるといいます。
c0345411_23095456.jpg
c0345411_23103392.jpg
本もここ数年で何種類か発行されています。本書は2014年。
2004年アメリカ・マサチューセッツ州に住むリック・ロバーツとマリア・トーマスが考えたもの。

「一筆ずつで、何でも描くことができる」

これはゼンタングルの基本理念とあります。
その基本のやり方。

1.タイル(正方形の白い紙)の四隅に点を描きます。
2.四隅に描いた点を結び、ボーダー(外枠)を描きます。
3.セクション分けの線ストリングを描きます。
4.セクションごとに好きなパターンを描きいれます。
5.仕上げに、鉛筆で陰影をつけてみましょう。
6.完成!(裏に名前、日付、その日の気持ちなど書いてもいい)
c0345411_23092577.jpg
入門書としてよくできていて、パターンも豊富、
本に沿って、すぐにでも始められるようになっています。

c0345411_23105898.jpg
c0345411_23112793.jpg
テクノスクール時代からの友人タキさんは、
曼荼羅の塗り絵が好きで実践、
町の人に教え広めています。

臨床美術、塗り絵、ゼンタングル。
どれもが描くこと、手を動かすことで、
脳を活性化、意識を集中、精神の癒し、瞑想効果、ストレス解消など、
心身の健康に良いものだと思います。
c0345411_23115169.jpg
アートが身近に好きなことを選んでできることは、
いいことです。


#780 お祭りで諏訪神社の先の山で花火があがる、その音に時折家がゆれています 

c0345411_23122138.jpg
昼にみかけた、祭りの俄、遠い…ですね



by hiyoriya1410 | 2015-08-26 23:25 | 身辺雑感 | Comments(0)
2015年 08月 25日

連続テレビ小説【まれ】【マッサン】と『物語のあるフランス菓子 ーおいしいレシピとエピソード 』

連続テレビ小説の「まれ」も残すところ1か月ほど、
フランス菓子がおいしそうで見ています。

ドラマの中でもお菓子にまつわるエピソードが語られています。
フランス菓子のネーミングも洒落ています。




この本は、タイトルにも「おいしいレシピとエピソード」とあるように
フランス菓子を代表するお菓子たちの物語です。

Amazonの著者経歴より。
パリのル・コルドン・ブルー、リッツ・エスコフィエ料理学校などで学ぶ。お菓子とフランス総菜の教室「エートル」を主宰。リッツ・エスコフィエ料理学校の日本窓口も務める。

1 誕生秘話のあるお菓子  タルト・タタン クグロフ マドレーヌ ほか2種
2 地方に伝わるお菓子  クラフティー ダッコワ マカロン ほか2種
3 名前がユニークなお菓子  シャルロット エクレア ほか2種
4 ハレの日のお菓子  メルヴィユ クレープ・オ・シュクル ガレット・で・ロワ トリュフ ほか4種
お菓子とエピソード  オペラ カヌレ モンブラン ババロア サン・トノレ ショートケーキ ほか8種 
お菓子有名人物伝  オーギュスト・エスコフィエ マリー・アントワネット ほか4種

c0345411_23282631.jpg
これはクグロフ

たくさんの種類があるものです。
日本でも馴染みのあるお菓子がたくさん紹介されています。

ひとつ表紙のお菓子について。
Bras de Venus~ブラ・ド・ヴェヌスはフランス語でビーナスの腕。
見た通りロールケーキですがフランスのお菓子やさんでは見かけることはないのだとか。
フランス南の地方で作られているらしく、
クリームはクレーム・パティシエール(カスタードクリームのこと)のレモン風味。
これが日本のロールケーキのベースでは、とあります。

c0345411_23291780.jpg
日本ではプリン、フランス菓子ではクレーム・ランヴェルセ
「ひっくり返したクリーム」がまさにそれ

もうひとつ、ガレット・デ・ロワは、前回の連続テレビ小説マッサンの主人公ふたりの出会いのケーキ。
1月の公現節に食べるキリスト誕生の祝いのお菓子で、ケーキの中にソラマメをしのばせていました。
胎児の形をしたソラマメは命のシンボル、
今は陶製の人形など様々なモチーフに変わったようです。
マッサンでもエリーがずっと指ぬきをペンダントにして身に着けていましたね。

c0345411_23285574.jpg
【まれ】でもよくセリフで登場しますが、
ケーキは人を笑顔にします。
甘いおいしいものを食べながら、
怒るなんて芸当をできる人はきっといないでしょうから。

c0345411_23343200.jpg
昼ごろの空、雲が集まりだしていました


#781 台風の影響で夕方から強い風が時折吹いています。きょうはすっかり秋の様相





by hiyoriya1410 | 2015-08-25 23:36 | 食のまわり | Comments(0)
2015年 08月 24日

ハンス・フィッシャーの踊る線と「長ぐつをはいたねこ」

中表紙に、
長ぐつをはいたねこ
原作は シャルル・ペロー
絵物語に仕立てて注釈を付けたのは ハンス・フィッシャー
翻訳は 矢川澄子

とあります。珍しい。



「長ぐつをはいたねこ」は、絵本となって、
挿絵も翻訳も様々なタイプが出ています。

中でもこのハンス・フィッシャー版が一番のお気に入りです。
何よりフィッシャーの絵が好き。
ねこが表情豊かで、動きも踊るよう、魅力的に描かれています。
やわらかい線がくるくると形取ってなんとも愛らしい。
c0345411_22525370.jpg

パステルの線で描かれた余白のある線で、描かれたものが立体的に見えます。
色も数を抑えてあり、黒と黄土色の2色の見開き、
あるいは朱と青緑の4色が使われています。

c0345411_22531761.jpg
登場するゾウやライオン、ウサギや鳥の小さな生き物も、
動物を描くのが本当にうまいなぁと感心させられます。

c0345411_22544196.jpg
おはなしは、粉屋の3人息子に形見分けとなった三男坊がもらったのがオスネコ1匹。
このネコがあわれなご主人のために、長ぐつを所望、「長ぐつをはいたねこ」の誕生です。
あれやこれやの知力策略を弄して、王様の姫君とご主人様を結婚させるにいたるという筋書き。
c0345411_22550507.jpg
最終ページの前の見開きページは黒バックで文字はナシ


〆の言葉が、

うちあけばなし、いまひとつ。--やれやれ、ようやく、長ぐつとおさらばすることができて、ネコはしんからほっとしましたとさ。

翻訳はワタシの好きな矢川澄子さん。

作者のシャルル・ペローはフランスの詩人(とウィキペディアにあります)。
民間伝承を集めて教訓を与えたものとして子どもにむけて書かれた初の児童文学、
とも言われています。

ペローの物語には、「赤ずきん」「眠りの森の美女」「シンデレラ」など、
日本でも馴染み深い物語です。
「長ぐつをはいたねこ」もそのひとつです。

フィッシャーの絵とともに楽しみたい絵本です。

c0345411_22552640.jpg
見返し

#782 ハンス・フィッシャーの原画展が12、3年前に白根市でしたか…(うろ覚え)図書館のギャラリーで開催されたことがあり、見に行きました。原画、すごくよかった






by hiyoriya1410 | 2015-08-24 22:58 | 絵本とともに | Comments(0)
2015年 08月 23日

大地の芸術祭2015友人と巡る2日目と「もぐらの館」ほか

横浜から来てくれたヒナギグさんと巡る2日目。
きょうは午後3時までがリミット。
9時半に下条方面に出発です。
車窓から下条駅の茅葺の塔、神明公園、バタフライパビリオン、ログハウスを眺めつつ。

c0345411_06081412.jpg
10時に「モグラの館」に到着。
c0345411_06162749.jpg
駐車場となるグランドは前日の雨でかなりぬかるんでいます。すでに車が20台はきています。グランドには直径4.2m重さ21トンの「風還元「球体01」」が出迎えてくれます。大きさと土の量が圧巻。2009年に閉校した東下組小学校は土を体感する美術館として前回も様々な土のアートが展示されました。今回も見応えある作品が目白押しです。3階建ての校舎すべてが土にまつわるあーと作品。置石が道案内をしてくれます。「もぐらの散歩道」は外にあるべき土が廊下や壁に敷き詰められ不思議な感覚をえます。「日陰棚~土からの染め色の心地」は草木で染められた布、土を媒染剤として糸車にかけられた穏やかな色が部屋にかけられています。踊り場の壁に所狭しと描かれた「原子へと続く道」は下条の土で描かれた迫力、土の色の多彩さが味わえます。前回展示の「土壌モノリス」「ブラックボックス」の作品も展示方法が変わるとこで見え方も違ってきますう。足元にいつもは見る土が、形を変え表情を変え、眼前に迫ってくる作品群を見ていると、陸地が土で覆われた世界だったとあらためて思いました。体育館には天然シロップのかき氷、トマト、抹茶、ブルーベリー、どれも美味しかったです。
c0345411_06091934.jpg
c0345411_06100081.jpg
c0345411_06104054.jpg
c0345411_06155695.jpg

車で10分弱移動し願入の「うぶすなの家」。
c0345411_06113223.jpg
うぶすなの家を象徴するかまど
c0345411_06165190.jpg
c0345411_06190239.jpg
2階茶室

2006年の空き家プロジェクトの目玉でもありました。約築90年の空き家が陶芸家たちによって囲炉裏やかまど、風呂、床の間など道具や調度がしつらえられ、やきものの美術館として再生しました。集落の女性たちによる料理が作家の陶器で供されます。奥の座敷は多治見の陶芸家安藤雅信の作品が展示、銀色に淡く発色する器の繊細な線が印象的。安藤さんはお気に入りの衣服サロン(巻スカート)の制作者安藤明子さんとはご夫婦。今年は2階の茶室で抹茶がいただけたり、東京のレストラン、キッチンわたりがらすの村上シェフとのコラボレーション料理があったりと新たな取り組みも。3年ぶりにきましたが、すっかり現役の家です。多くの人々が訪ねてくることで本当の意味で再生したように感じられました。そこから数分の「胞衣ーみしゃぐち」は土が岩のように変化していました。色も茶色から水分が抜けたのか白っぽくなっています。経年が育てる作品があちらこちらに点在する越後妻有です。
c0345411_06172225.jpg
ツアー客にふるまわれるお弁当が美味しそう、箱は木製
c0345411_06122526.jpg
胞衣ーみしゃぐち


川西町へ抜けてジェームス・タレルの「光の館」。
c0345411_06125041.jpg
c0345411_06140812.jpg
c0345411_06144052.jpg
c0345411_06152705.jpg
c0345411_06150949.jpg

霧雨が降りだしていたので屋根は開かないかと思っていたら、到着寸前にあがりました。高床式、シンメトリーの端正な建築。メインとなる12畳の茶室でごろっと天井を見上げると空。四角に切り抜かれた空は異質。1日の光の変化を楽しめます。宿泊施設として利用できるタレルの作品は世界でもここだけ。温泉も光を楽しむ仕掛け、一度は泊まってみたいもの。

午後は大地の芸術祭の拠点となる「越後妻有里山現代美術館キナーレ」へ。
c0345411_06234660.jpg
「蓬莱山」は仙人が住むという伝説の山。周りを空を飛ぶわら細工が約2000波打つ雲のように山を称えます。エントランスには前夜祭で、同祭圀強が制作した火薬絵が異彩を放っています。2階の回廊は12の常設展示で、いずれも新潟や越後妻有をモチーフにしたもの。体験型の展示もいくつか。お気に入りはカワクボリョウタ「LOST#6」、機織道具や農機具が小さな明りが動くことで風景になります。何度見ても楽しい。「モグラTV」は子どもたちに大人気。毎日すごいです、開発さん。作られた畑の野菜は「しなのがわバル」で時折使われています。

c0345411_06254987.jpg
モグラの館作品から

ここでヒナギクさんは時間切れ、帰途に就くことに。
見残した作品もありますが、初めての大地の芸術祭を楽しんでいただけたでしょうか。
また来てくださいね。
c0345411_06285503.jpg
モグラの館への入り口、中から


#783 変わりゆく作品を見るのも楽しく、新しいアイデアに出会うのもまた楽しい





by hiyoriya1410 | 2015-08-23 23:57 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2015年 08月 22日

大地の芸術祭2015友人と巡る1日目と「奴奈川キャンパス」ほか

横浜からヒナギクさんが、
大地の芸術祭を見に来てくれました。
c0345411_07293198.jpg
c0345411_07213765.jpg
kukuと3人で主要作品をまわる1日目。
9時42分十日町駅箸、さっそく鉢の「絵本と木の実の美術館」へ。10時すぎ駐車場には車が10数台。2009年に絵本作家の田島征三さんが、絵本を三次元空間におこします。地域の人々と流木や木の実をふんだんに使った展示をしています。木造校舎に新作のオバケとヤギのストーリーが新しく加わりました。自転車による人力や、ししおどしの動きを人形に施し時折ユニークに動きます。
c0345411_07230326.jpg
c0345411_07290066.jpg
細い山道を通って名ケ山に出て、松代の農舞台を目指します。11時前に松代商店街を走り土壁の修復プロジェクトが進み各所に色美しい壁を見ることができます。山に点在する作品を車でまわります。トンボに色鉛筆、赤い田んぼの人を近くに遠くに記念撮影し、農舞台のレストランで早めのランチ。ビッフェ方式で里山の野菜、棚田のお米がいただけます。玄米と昆布のスープは滋味、身体に沁み入ります。夏野菜の焼き浸しが美味しい。玄米もしっかりした噛みしめる、ひよこ豆とキノコのカレー、かぼちゃのグラタン、出来立ての大学イモはカリッと香ばしい。20種ほどの料理がカウンターに並びます。
c0345411_07283416.jpg

企画展を覗いて生の修悦文字に頷いて、ほかはヒナギクさんとハテナと思いつつ、緑の教室で落書きを楽しみ、外へ。カバコフ作品を見晴らし台スペースから眺め、ピロティあたりの作品、かまぼこアート3種、カエルのゲロンパ、動くジャングルジム、スキマの玩具、黄色いすべり台は子どもたちに人気。しっかりトイレでは出口を見失い、次の星峠へ向かいます。
c0345411_07243027.jpg
13時半頃到着。駐車場から急な坂道を登ること5分ほど息を切らし、屋号とうふやの「脱皮する家」。壁や柱、梁など彫刻刀で彫って"脱皮させた"家も一皮むくと新しく生まれ変わるを体感できる家です。ここには7,8回きていますが、床を踏みしめると角が取れて、脱皮してからの年月も刻まれているように感じました。お隣の「コロッケハウス」に立ち寄り、星峠の棚田まわりで次へ。ヒナギクさんの一番のお気に入りになった、棚田。小雨が緑を濡らして色鮮やかさが増して、みごとな緑のグラデーション。300年も前に人力で開墾したした人々の労苦は計り知れません。圧倒的な自然の前には頭を垂れることしかできない気がします。風景を十二分に堪能し「奴奈川キャンパス」へ。
c0345411_07252902.jpg
c0345411_07360667.jpg
棚田、の文字
c0345411_07301320.jpg
c0345411_07304198.jpg
2014年に廃校となった小学校は地域の価値を実践的に学ぶ場に変身、大地の芸術祭学科、体育学科、家庭学科など様々な講座が期間中に開催されます。作品も各所に展示、巨大校章オブジェ、光る空への階段、おぼろげな記憶は遠くからでないと思い出せないと作品を見て思う。学食スタイルの食堂もできました。椅子やテーブル、ロッカーが洒落ています。ここは靴のまま校内に入ることができ、珍しい。玄関のエントランスには脱皮する家の鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志の「大地のおくりもの」存在感を放っています。ホールの壁全面に緑ががったグレーの木材を貼り付け、彫刻によって森を出現させています。幅は30mはあろうかと。森のそこここに動物が見え隠れする。案内してくれた初老のおじさんは、手を当てると離れなくなるよ、と。ずっとそこにいたくなる作品です。校舎が比較的新しく大きい。3階に体育館があり、珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンスが行われていました。

c0345411_07311189.jpg
c0345411_07333264.jpg
c0345411_07331437.jpg
c0345411_07335080.jpg
c0345411_07341043.jpg
c0345411_07343376.jpg

渋海川沿いを走り松之山の「森の学校キョロロ」に。途中小学校がありましたがこちらも大層大きく頑丈に見え、豪雪地だからなのかと驚く。15時すぎ到着。赤茶色のコールテン鋼の外観圧倒され、中を見学、地域住民との協働で情報発信している施設です。休憩しようと思ったら、メタモルフォーゼを展示しているレストランは終わっていました。
c0345411_07350442.jpg
曇天
c0345411_07264885.jpg


キョロロ側の美人林をしばし散策。夕方曇り空でしっとりどっしりした美人林は初めてです。ヒナギクさんも空気がきれい、と深呼吸、次は森林浴で。
c0345411_07261213.jpg
c0345411_07365482.jpg
c0345411_07271419.jpg
小雨がまたちらつくなか、急ぎ中里へ向かいます。「ポチョムキン」は新しくなった白い石が敷き詰められタイヤのブランコに童心にかえり、清津川フィッシュパークの竹のトンネル「ここで深呼吸」で写真撮影ごっこ、白いカーテンひるがえる「たくさんの失われた窓のために」を小雨の中を景色を眺めます。晴れた時に見たかったとヒナギクさん。ぜひ次は。
c0345411_07380703.jpg
屋根にフクロウ

フクロウ好きのヒナギクさんに最後に見て欲しかった土市駅のジミー・リャオの作品は終了5分前の17時25分に着、良かった。

初日のスケジュールをこなして明日に備えます。
アラフィフ3人にはハードな1日でした。
c0345411_07274514.jpg
ケイトウが咲いていました、星峠にて

#784 各所で県外ナンバーの自動車に出会います。山道気をつけてくださいね、と思いつつ



by hiyoriya1410 | 2015-08-22 23:57 | 見たものイロイロ | Comments(0)