人気ブログランキング |

シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 26日

《ジブリの大博覧会》の思い出のマーニー

5月15日まで長岡市、新潟県立近代美術館で開催されている
ジブリの大博覧会」を見てきました。
会期も迫っているせいか平日でしたが、結構混んでいました。
土日は駐車場も満杯でしたから平日にしました。

c0345411_00384094.jpeg

展覧会は二部構成。
前半は、「思い出のマーニー」の舞台美術を担当した種田陽平さんの世界を、
三次元化しています。
種田さんは実写の映画の美術を数多く手がけている人です。
三次元で考え、二次元のアニメーションにした美術を、
再び三次元で展示しているという。


映画で使われた絵が数多く展示されています。
さらにマーニーの部屋、サイロは実物大のセットとして展示され、
さながら映画に入り込んだかのよう。
浅瀬の海とマーニーの館は模型として15m四方の広さで展示されていました。

後半は、スタジオジブリの30周年記念展。
過去の映画のポスターやグッズ、企画制作の手書き資料など一堂に展示。
映画のキャッチコピー(糸井重里さん)のやり取りのファックスのメモまで。
新聞広告など時代を感じさせます。
プロデューサーである鈴木敏夫さんの机まわりが再現、
というか持ってきた?
宮崎駿、高畑勲、鈴木さんの三羽ガラスの若かりし写真に、
同じように追いかけ、年を経た自分を見たようです。
「千と千尋の神隠し」で得たアカデミー賞のオスカーと、
金熊賞のトロフィーが光り輝いていました。
一緒に行ったkukuはコレに感動していました。


展覧会は撮影禁止でした。
出口付近にあった猫バスは、中に入ることもできます。
数人が制限時間2分で、メイとサツキ気分に。
ジブリ美術館の猫バスはもっと小さい、というか映画サイズです。
c0345411_14522621.jpeg

c0345411_00395187.jpeg
エントラスのマーニーのパネルにサイン

#675 ジブリ映画でもっともお気に入りは「天空の城ラピュタ」ですね

c0345411_00431048.jpeg
15才の八重桜



by hiyoriya1410 | 2016-04-26 14:33 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 04月 24日

「ふわふわしっぽと金のくつ」のうさぎたち




この絵本、春のこの時期にいつも思いだします。
表紙のうさぎたちと柔らかな春色に、ほっとします。

キリスト教を信奉する国のお祭りのひとつであるイースター(復活祭)。
キリストが死後3日目に復活したことを記念し、
春の訪れを感謝するお祝いなのです。

春分の日の後の満月のつぎの日曜日がその日です。
イースターにかかせないのが、
お話の主人公でもあるイースターバーニーで、
幸運を呼ぶ卵を配るうさぎです。

うさぎは、春になるとたくさん子どもを産むので、
生命や多産の象徴、卵は復活の象徴と言われているのです。

この日はゆで卵に絵を描いてプレゼントしたり、
うさぎの形をしたりチョコレートやキャンディを食べたりして、
楽しく過ごすのだそうです。

c0345411_00415438.jpeg
チョコレートのイースターエッグwikiより

もう30年ほど前ですが、
一緒に仕事をしていた人の家にお邪魔した時、
壁に絵が描かれた卵が10数個飾られていました。
アクリル絵の具でしょうか、綺麗に発色してラメを使っていたのか、
照明が当たるとキラキラしていました。

アメリカに留学していたこともあり、
アメリカ時代の友人が作ったというその卵が、
イースターエッグでした。
ゆで卵ではなく、中身を穴を開けて出して、殻に描いていましたね。
この絵本をはじめて知った時にこのことを思い出しました。

c0345411_00401750.jpeg

さて、おはなしは、
子どもたちに幸運を呼ぶ卵を届けるイースターバーニーになれるのは、
世界中のうさぎの中から5匹だけなのです。

ふわふわしっぽのお母さんは言います。
「賢くて、思いやりがあって、すばしっこい子になりなさい。そうすれば、いつかきっとイースターバーニーになれますよ」

その選ばれたうさぎを目指す、いなかうさぎの女の子、ふわふわしっぽも思います。
「おとなになったら、わたし、イースターバーニーになるの。いまに見てて!」

c0345411_00203795.jpeg

時は過ぎて、大人になったふわふわしっぽは、結婚して
21匹の赤ちゃんが生まれます。
子どもたちには、お掃除、料理、ベッドメイキング、洗濯、洗い物、お裁縫、歌と踊り、庭仕事、絵を描くことなど、
家のいろんなことを振り分けたのです。
c0345411_00363405.jpeg
健気な子どもたち
c0345411_00205437.jpeg
長老と

そんなふわふわしっぽは、長老に見込まれて、
見事イースターバーニーに選ばれます。
c0345411_00213005.jpeg
マージョリー・フラックのうさぎは、甘すぎず辛すぎず
c0345411_00361679.jpeg
服を着ていてもうさぎです

c0345411_00220308.jpeg
卵を配り続けるうさぎたち。
くじけそうになりながらも、長老に助けられ
仕事をやり遂げます。
そして、子どもたちの待つ家に戻ります。
c0345411_00222182.jpeg
タイトルにある、金のくつ、は
長老がくれたもの、空高く舞い上がることができました。

#676 卵の色も、春色


by hiyoriya1410 | 2016-04-24 23:23 | 絵本とともに | Comments(0)
2016年 04月 22日

『世界で一番おいしいカレー』の台所

20日の【きょうの料理】は、
ホルトハウス房子さんの料理と台所拝見。
俳優の谷原章介さんが訪ねて一緒に料理しています。

この日は鶏ガラのスープストック。
ラーメンとカレー、日本の代表食とも言えるこの料理、
ベースが違うと一味違ったものになっているようです。

カレーの本も出されていたんですね、知りませんでした。

Amazonの内容紹介から

本書は1976年10月に光文社、カッパホームス・シリーズの一冊として刊行され、ベストセラーとなった『カレーの秘伝』を再編集、改題し復刊したものです。
復刊に際しては、原本の雰囲気を損なわないように、しかし、時代の流れに沿って日々進化するホルトハウス房子先生のレシピにはていねいに手を入れ、新たに20種類のカレー料理のできあがりを撮影、カラー写真にて収録いたしました。判型も新書判から46判に大きくなり、読みやすく美しいデザインです。
料理や食卓にまつわる滋味あふれるエッセイのなかに、16種類のカレーと32種類のカレー料理レシピが満載。また、新版へのまえがき、新版のためにもう一品・ホルト風駅前カレーのレシピと新版へのあとがきが追加され、パワーアップしたホルトハウスファン待望のベストセラー復刊です。

料理や食卓にまつわる滋味あふわれるエッセイのなかに、16種類のカレーと32種類のカレー料理レシピが満載。さらに新しく撮り下ろしたカラー写真が加わり、パワーアップしたホルトハウスファン待望のベストセラー復刊。見て、読んで味わう料理エッセイ。



番組で作っていたのは、昔ながらの豚肉と、
玉ねぎ、人参、じゃがいものカレー。
カレー粉はサラサラと仕上げにふりかけるくらい。

スープがいいので余計なことはしなくてよいのです。
丁寧に鶏ガラの血合いと脂肪を取り除いて、
アクをすくいながら数時間、黄金色のスープができあがります。

手間をかけるところと手を抜くところの
さじ加減が絶妙なのです。

ホルトハウスさんといえば、西洋料理のイメージが強いのですが、
ワタシがよくながめたのは、こちらの「日本のごはん、私のごはん」。



外国に暮らしたり、家族が外国の人だったりする人ほど、
日本の造詣が深いように思います。

台所のホルトハウスさんは、洗い物も出たらすぐに洗う、徹底ぶり。
「自分が食べたいものを作るんですよ」とおっしゃる。

思わずほくそ笑むワタシです。
同じように思って作っている人もいるものですね。
もちろん誰かのために作って喜んでもらうのは嬉しいことです。
同じように、きょうは何が食べたいかな、と思って
作って自分で作って食べる、のもいいものです。
はじめて自分の台所を持った時、
自分で食べたいものが作れることが嬉しかった。

で、きょうはホルトハウスさん流のカレーを作りました。
お肉はなかったので、
玉ねぎとグリルしたかぼちゃと人参をたっぷり入れたカレーになりました。

c0345411_21250994.jpeg
#677 寒くもなく暑すぎすこともない数少ない日が望める時期




by hiyoriya1410 | 2016-04-22 21:32 | 食のまわり | Comments(0)
2016年 04月 21日

『細胞の不思議』のすべてはここからはじまる



表紙がやさしい色彩のイラストで絵本のよう。
中をめくるとカラフルな目次があり、
随所にカラーイラストが、時には見開きで。
c0345411_22275410.jpeg
ずっと読もうと思って、なかなか手が出なかった本。
読み始めたら、あらスイスイ読み進めるのです。
科学読み物というより、謎解きのようです。
c0345411_22185300.jpeg
細胞とはなんぞや、という謎解き。
c0345411_22191479.jpeg
絵に添えられている言葉は、さながら舞台劇の台詞のよう。

ヒトの身体は小さな宇宙 細胞は宇宙に瞬く星のよう
細胞はどんなものにも変幻自在
核を持っているか持っていないか、それが問題だ!
細胞はみんな平和主義?
生命が織りなすウルトラC
生物はDNAを運ぶ単なる乗り物
細胞はまるでマンションの小部屋
細胞は細胞から生まれる
いったい生命はどこから来たのか?
膜は細胞の内と外を見張る用心棒
行き先はどちらですか?
ぼくらのスーパーヒーローは細胞ジャー
細胞は善人になったり悪人になったり一人二役
タンパク質の性質は表面の凸凹具合で決まる
細胞の中で働き者の小人が大活躍
宛先と差出人を忘れずに
一人はみんなのために、みんなは一人のために
細胞がすべて入れ替わっても私は私
細胞も人も厳密な時間の流れに従っている
生命はたった1個の受精卵からはじまる

c0345411_22200393.jpeg
c0345411_22202847.jpeg
出版社の紹介を見ると、絵本のようように仕立てた、
とありました。
あとがきでも著者が高校生に読んで欲しい、
文系の大人にも、とありました。

ヒトの細胞は、およそ60兆といわれますが、
その数が体積、あるいは体重から割り出したザックリした数字である、
ということに、一番驚きました。(あとがきより、明確な論文はlないそうです)
それが判明したのは2013年のこと。

c0345411_22220713.jpeg

#678 ヒトに身体の仕組みの不思議、見てみたいけどムリですね




by hiyoriya1410 | 2016-04-21 22:32 | 暮らしと科学 | Comments(0)
2016年 04月 20日

『背守り 練習帳』の糸の作るカタチ

きのうの「うれしい手縫い」のレポートの9番目に紹介されていたのが、
鳴海友子さん(藍染作家で背守り蒐集家)。
背守りは幼な子の衣服に背に糸で吉祥や厄除けの文様を施すもの。


そういえば、持ってました「背守り練習帳」。

紋切り型に夢中になっていた時、
同じ出版社エクスプランテが出しました。糸3色つきでした。
c0345411_19075088.jpeg
小学生のハチと形にしてみたり。
これは丸い紙に縫いました。
c0345411_19073172.jpeg
以下は本の中から。美しい糸が作るカタチ。
c0345411_19090303.jpeg
これが背守り。
c0345411_19092987.jpeg
紋切りのカタチがそのまま、糸で再現。
c0345411_19095546.jpeg
c0345411_19184396.jpeg
これは紋切り型。
c0345411_19104532.jpeg
作り方はざっくりこんな感じ。
c0345411_19110388.jpeg
下の白い布は長〜いカーテン。すそ上げしたところに縫ってみました。

c0345411_19112693.jpeg
洗ったので少し縮んだかも。
c0345411_19114651.jpeg
見ているだけで和みます。
c0345411_19120886.jpeg
#679 今に残る文様は非の打ち所がないカタチだなぁ、と惚れ惚れします

c0345411_19101642.jpeg


by hiyoriya1410 | 2016-04-20 19:29 | ハンドメイド | Comments(0)
2016年 04月 19日

『うれしい手縫い』のダルマ家庭糸と背守り

懐かしいダルマ糸の表紙に惹かれて手にとってみました。


手縫い、は苦手ですが、必要に迫られて手にするようになって、
がたがたの縫い目も愛嬌、とわりきって楽しくなりました。
c0345411_23463826.jpeg
ダルマ糸購入はコチラ
c0345411_23470457.jpeg

その記事はコチラ、繕いノート

本の内容は、糸を身近に暮らしている10人の方々をレポートしたもの。
スタイリストやデザイナー、それぞれから手縫いの楽しさが伝わってきます。
c0345411_23472800.jpeg
c0345411_23474917.jpeg
おすすめの手縫い、が見開きで、
ピンクッションやアップリケ、あずま袋の作り方が載っています。

c0345411_23482287.jpeg
刺繍は糸の絵
c0345411_23485334.jpeg
ピンクッションの作り方

ダルマ印の糸メーカー、横田株式会社が著者となっています。
中ほど、ダルマの糸ができるまで、と工場見学のページ。
何気なく使っているものが作られる工程を見聞きするのは面白いです。

最後の方に、それぞれの方の裁縫箱。
c0345411_23492111.jpeg
c0345411_23501010.jpeg
c0345411_23511301.jpeg
これが今のワタシの裁縫箱。なにかの白いハコを転用。
c0345411_23524488.jpeg
#680 春は黄色の花、ラッパスイセンは集まって咲いています
c0345411_00135919.jpeg







by hiyoriya1410 | 2016-04-19 21:54 | ハンドメイド | Comments(0)
2016年 04月 10日

「1度は見たい桜」と松本城

c0345411_12315507.jpeg
4月10日の長野県松本城の桜が満開。

c0345411_12322300.jpeg
c0345411_12331209.jpeg
水面に映る桜。

c0345411_12340273.jpeg
見事な花筏。

c0345411_12402950.jpeg
国宝の城は4カ所(犬山城、彦根城、姫路城)、そのひとつです。

c0345411_12392237.jpeg
石垣は見ていて飽きない。

c0345411_12344906.jpeg
c0345411_12384011.jpeg
菜の花ロード、数キロにl渡る。

c0345411_12380485.jpeg
松本市内、古墳に桜咲く。


◼️
景色としての桜を堪能する旅をしてみたいものです。



岩波新書に「桜」のタイトル、さすがです。



#681 松本城は観光客であふれ、外個人の多いことにも驚き。

c0345411_19123921.jpeg
市内で見かけたバス、草間彌生ですね




by hiyoriya1410 | 2016-04-10 20:01 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 04月 09日

「自分では気がつかない、ココロの盲点」の練習問題ときわめびと

午前中に成り行きでついていたTV番組NHKの【助けて!きわめびと】。
衝動買いが止められない主婦の悩みを、
脳科学からお助け。
池谷裕二さんが"きわめびと"として出演、
脳科学で買物力アップ、と題して語っていました。

数字のトゲ〜直前にみた数字が残る、100円のハサミが7500円?
三択のマジック〜二択より三択は高額商品を売りやすい、二択で考える
頷きと縦スクロール〜ネットショッピングは首を縦に動かす、即決しない
柔らかいイス〜くつろいでサイフのひもも緩む

など、脳のクセを知っていたら無駄遣いが減りますね。

ちょうど今、寝る前に読んでいる本がコチラ。


面白いです。
認識と事実にズレが生じることが「認知バイアス」と呼ばれる脳のクセ。
それをドリル風に80選定して解説しています。
例えば、
番組でも取り上げていた三択は、
ケース11「数字たちの沈黙」で「おとり効果」。
元となった論文の所在もすべて掲載されています。

それにしても、認知バイアスってたくさんあるんですねぇ。
「シロクマ抑制目録」「自我消耗」「人格同一性効果」「ゼロリスクバイアス」「知識の呪縛」「ルサンチマン」「確証バイアス」「ステレオタイプ脅威」など。
巻末には代表的な認知バイアスが225項目掲載されています。

ケース1、帯にもある6種類と24種類のジャムの販売する「選択肢過多効果」は、
6種類の方が売れる、というもの。
選択肢が多いと脳は選ぶこと自体をやめてしまう。
このジャムの実験、
コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授の「選択の科学」で読みました。

ケース12 対象の耐えられない軽さ は、イラストをみて、髪型の分け目が違う二人、
どちらが好印象か、というもの。
c0345411_00020046.jpeg
真剣に見入って、右。
答えは、右 なのだそうです。
一般に右利きの人は、視野の左側を重視、右脳は映像処理が得意。
魚は左に頭、食欲をそそり、スーパーの目玉商品は左側の棚に並べると売れる、
というのが脳のクセ。これは「擬似的空間無視」

確かに、自分を知り他人を知る一助になるドリルです。


#682 自転車に乗って買物へ、桜が満開でした



by hiyoriya1410 | 2016-04-09 23:43 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 04月 08日

「のうだま 2」の記憶には好奇心

脳科学者の池谷裕二さんと「キッパリ!」の大岡山トメさんの共著です。

記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ!
と、副題が力強く踊ります。


トメさんがガヤ先生に話しを聞くスタイルのマンガがあり、
ちょっと詳しい4ページほどのー解説が時折入ります。

中から、いくつか言葉をピックアップ。

「もの覚えが悪くなった」と感じるのは、好奇心自体が働かなくなっているとき
つまり人生に慣れてしまっている
脳は覚えるより忘れることのほうが得意
長期記憶は3種類、1歳頃「方法記憶」3歳頃「知識記憶」6歳「経験記憶」
知識記憶は小学高学年がピーク
脳の神経細胞は生まれたときが一番多く、3歳くらいまでに70%が減る
記憶を司る海馬が活性化するのはθ波が出ているとき
θ波は「初めて」行く場所、会う人、経験すること〜興味を持つこと
θ波を出すには、覚えたいことを思い出にすること
θ波が出るのは、歩いているとき、小腹がすいているとき
感情が盛んなときものごとを覚えやすい
覚えるときに、喜怒哀楽、感情が働くように
方法記憶は回数
睡眠で記憶力は増強
好奇心があれば記憶力は衰えない
脳は出力依存型、入力より出力重視
記憶があいまいなのは優れている証拠、あいまいは応用がきく
テキトーな記憶は人類が誇る偉大な能力

なんだか、ちょっとした物忘れは気にならなくなりました。
最後のこれだけは自信あります。

失うなかれ、好奇心
c0345411_23380835.jpeg

#683 市内のあちらこちらで桜が咲いて、こんなに早い開花は珍しい



by hiyoriya1410 | 2016-04-08 23:51 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 04月 07日

「ダーリンは外国人」の言語と旅と外国に暮らす

エッセイマンガ、
というジャンルが確立して久しいわけですが、
ハチが最初に読んだのがコレです。
小学4年頃だったかな。

ハンガリー人の父とイタリア人母を持つ語学オタクの
トニー・ラズロの言動が面白いようでした。



2002年に最初の本が出て、
以来、旅先でに体験、子どもの誕生、ベルリン移住と続いています。

2016年最新刊が、ベルリンに住んで3年めの様子を綴ったもの。
子どものトニーニョは小学生になっています。
ストレス解消に車を壊すことができる、って不思議な商売?があるモノです。


これまでもハワイ、フランス、オーストラリアは旅で、
そしてドイツに暮らす様子を見ていると、
日本は暮らしやすい国なのだな、と思うわけです。

25歳の頃、
友人がアメリカのワシントンD.C.に仕事で1年間滞在していたので、
8月から9月にかけて1ヶ月居候したことがあります。
それが最も長い海外滞在です。

混雑している時間帯の方が電車料金が高い、とか
スミソニアン関連施設すべて無料、とか
ハンバーガーショップの飲み物が大きすぎる、とか
お肉が硬い、とか
生ゴミがカットされて流れていく、とか
写真の紙焼きが大きい、六つ切、とか
ベッドが大きい、ダブルマットレスである、とか
スズメがガラス窓にぶつかってきた、とか、
、、、暮らさないとわからないことが、
いろいろありました。

今なら日本のことも20代の頃よりわかっているので、
外国に行ってみたいなぁ〜。
ヨーロッパにどちらかというと惹かれます。
c0345411_00380578.jpeg
#684 春の嵐、桜が散ってしまうかも

c0345411_00384525.jpeg



by hiyoriya1410 | 2016-04-07 20:50 | 身辺雑想 | Comments(0)