シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 28日

パン切り包丁と爪切りと箸と『燕三条の刃物と金物』(くらし部門)

パン切り包丁と爪切りは箸は、
実家のある三条市で購入。

その3つが紹介されている本を見つけて、
なんだか嬉しいです。



くらしの道具が29社の道具が紹介されています。

包丁・刃物編
パン切り包丁/包丁工房タダフサ
ダマスカルシリーズの包丁/藤次郎
下田型舵/日野浦刃物工房
キッチンスパッター/鳥部製作所
日本剃刀/三条製作所
まさかり/水野製作所
カッターソー/高儀


台所用品編
口打出の湯沸/玉川堂
ユニロイの鋳物ホーロー鍋/三条特殊鋼工所
焼き物用鉄板/サミット工業
柳宗理のステンレスケトル/日本洋食器
角型ランチボックス/工房アイザワ
鰹節削り器/山谷製作所
缶切り/プリンス工業


食器編
カイ・ボンスンのカトラリー/大泉物産
上八角箸/マルナオ
カレー皿/イケダ
ビアカップ/アサヒ
チタン製ビアタンブラー/セブン・セブン

c0345411_15191025.jpg
爪切りの諏訪田製作所のオープンファクトリー
ショップも工場も洒落てます
爪切りの工程がガラス越しに見学できます


日用品編
つめ切り/諏訪田製作所
爪ヤスリ/柄沢ヤスリ
名刺入れ/武田金型製作所
耳かき/火造りのうちやま
ペンチ/マルト長谷川製作所
農具・アウトドア編
焚火台/スノーピーク
FIELD GOODのシャベル/永塚製作所
山クッカー/ユニフレーム
踏み鋤/相田合同工場
剪定芽切鋏/小林製鉄
c0345411_15131460.jpg
使い込んでるSUWADAの爪切り、サクッと爪が切れます
使い心地が良く、父、妹も、買い
友人知人にも贈り物にしました

道具が「第1症 燕三条の逸品」として紹介され、
「第2章 燕三条の道具を買う・知る」 で

「工場カルチャー」
「コラム 金属を極める」
「エッセイ 私の愛用品」

など燕と三条の道具にまつわるこまごまを
紹介しています。

奈良晒の中川政七商店が編者となっています。
全国の工芸をベースとし、現代的な要素をとりいれて
日用品を扱ったお店を展開。

現在の社長は、コンサルティングで
売れなかった産地の特産品が息を吹き返しています。
11月頃、NHKスイッチインタビューにも登場していましたね。


燕三条、となっていますが
三条市と燕市は、新潟県の中央に位置する
別々の自治体です。

「燕三条市」はありません。
上越新幹線の駅名が「燕三条」。
ちなみに高速のインターは「三条燕」。

三条は「金物の町」といわれ
燕は「洋食器の町」と言われていました。
近年は「工場の祭典」などのイベントを
両市で開催するなど連携もみられ
道具の町、として県内でも注目度が高い地域です。

以前、友人の誘いで手作りの箸つくりのワークショップに
参加したことがあります。

教えてくれたのは三条に結婚して暮らすことになった人で、
彼女は三条の凄さを
「モノを作るための道具を作れることが一番すごい!」
といっておりました。

確かにそうです。
どんな素晴らしいモノも、
それを作ることが可能になる道具がなくては
作ることができませんから。

三条が金物の町になったのは、
神社仏閣の建築に使われる「和釘づくり」を
江戸時代に始めたことだといわれます。

箸の「マルナオ」も元々は建築で使われる
墨ツボを作っていた会社です。
c0345411_15261193.jpg
マルナオのお店、工場も隣接
c0345411_15243128.jpg

パン切り包丁の「タダフサ」しかり
爪切りの「諏訪田製作所」しかり
地域の伝統と産業の延長で続けてきたモノ作りが
行かされています。

実家も市内の多くの人がそうであったように
鍛冶を営んでいました。

金槌(玄能ーげんのう)の頭の部分を作っていました。
それも小さいタイプのものを。
台所の隣に工場があるという、
当時はどこにでもある間取りの家。

子どもの頃は、
火入れの炭の火を見るのが好きでした。
回る砥石で玄能を砥ぐキーンという音も。
家内工場のひとり製作所は、
高度成長期を過ぎると仕事は右肩下がりで、
営業をするという概念のない職人気質の父は
玄能作りを辞めました。

そうして多くの工場はなくなりました。
ですが、残っている職人さんや工場が
今、世界にも販路を広げて
モノ作りをしているのはとてもうれしいことです。

本を見ると、次にほしいものが載っています。
ユニロイの鋳物ホーローの鍋、
鉄なのに薄いというのに惹かれます。
日本の鉄鍋は囲炉裏の上に釣りさげて煮炊きしてしていました。
あの鍋はわりに薄かったはずです。
ル・クルーゼやバーミキュラを使っていますが、
寄る年波、軽い鋳物ホーローはこれから使いたいお鍋です。



ほかにも
平野レミさんの「レミパン」や
有本洋子さんの「ラ・パーゼ」や「フライパン」
も三条産です。

玉川堂の湯沸は有本さんが紹介していて知りました。

「レミパン」は妹のkukuが気に入って使っていました。

これからどんな道具を使いましょう。
使い勝手や作り手の応援になるように
これからも使っていきたいと思います。
c0345411_15325274.jpg

#601 今朝、起きると雪が降って、外が明るいウレシイ


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-28 23:01 | 身辺雑想 | Comments(0)
2016年 12月 27日

チョーカーをつけた姿と『ビーズワークス』(くらし部門)

ボヘミアンガラスのシードビーズのーチョーカーを作っていた時、
なにか参考になる本はないかしら、と探して入手したのがこれです。



いろいろ物色したのですが、これが一番好きなテイストでした。
シリーズで出ていたようで、これともう1冊持っています。
2000年前後、とかなり古いもの。


基本の道具、使い方、テクニックなどのっていますが、
shinoさんのチョーカー作りには必要なく、
ながめて、こんなにむずかしいのはできそうもない、
と思ってしまう始末、観賞用ですね。
c0345411_23394500.jpg

さて、ビーズのチョーカーです。
実際、首にかけた写真です。
c0345411_23224138.jpeg
首回りに余裕がないくらいの方がよいのですが、
ブルーとミドリは少し太くなってしまいました。
c0345411_23263576.jpg
黄色の2色使い。わかりにくですが、
マットなビーズとキラキラタイプと、少し長めです。
存在感があるものになりました。



c0345411_22094288.jpg
息子のハチが欲しいというので藍色の2色と黒白の2本を
c0345411_22133803.jpg
c0345411_23444308.jpg

ブルーの微妙に違う2色とゴールドをポイントにしたチョーカーです。
c0345411_23373587.jpg
ブレスレットも作りました。
チョーカー作りの
色あわせが好きなのだと気がつきました。

c0345411_23462605.jpg
#602 ハチが年末年始の休暇で帰ってきました。元気そうでなにより



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-27 23:51 | ハンドメイド | Comments(0)
2016年 12月 26日

加水パンと『パンはころころ』(くらし部門)

念願だったシニフィアンシニフィエのパンを食べたら、
自分でもできないものかしら、
と作ってみたのがこちら。


もちろん見た目は大違い、ですが
お味は中々ではないかと自画自賛です。

先のパンでも パンドミのような
外はカリッと中は気泡があってモッチリと、
を目指しました。
c0345411_19111498.jpg
粉はフランスのリスドォル


長時間発酵と水分多めの種、
水分が多いのは本当に難しく
最後は型に入れて発酵させました。

分量は、
適当なのです。
いつものパン作りは、
水分の量の3倍量の粉、
と大雑把、こねていると
いつもの固さを目指して調整しつつ
粉量を決めています。

加水パンは、明らかに粉を少な目、
としか言いようがなく、
今度きちんと測ってみましょう。

志賀さんのご本は、1g単位まで精密に
測られています。

あくまで自分たちで食べるパンなので
食べられたらOKなのです。

水を多くすると、とにかく
生地が手に張り付くし
これをうまくまとめるってやはり凄い!
って当たり前ですよね、プロフェッショナルですから。

不恰好ながら
焼きあがっていただくと、カリッとモッチリ
になっているではありませんか。
c0345411_19115991.jpg
クリームチーズと生ハムの組み合わせは最高です。

パンを作っていると思い出す絵本です。


絵本には身近な食べ物を扱ったものもたくさんあります。

奇想天外な結末にびっくりのおはなしです。

あるところにおばあさんとおじいさん。
粉箱の底から粉を集めて焼いて、
そうして作ったパンが、ころころ逃げ出します。

のうさぎ、おおかみ、ひぐま、とすかし、
最後にきつねにパクリ! でおはなしはおしまい、
というおはなしですが、
絵本で読むとその楽しさは倍増します。

きつねは、おだて上手。
パンくんは、用心するのをすっかり忘れ、
きつねの舌に飛び乗ってしまいます。

リズミカルな台詞を歌のように読む、
そんな楽しさがあります。

ロシアの民話がベースとなっています。
『パンはころころ』はマーシャ・ブラウンの作。

歌うように読むことができる楽しい絵本です。

躍動感溢れるブラウンの絵が素晴らしいです。
ずる賢いきつねですが、
なぜか憎めないキャラクターになっていますね。
c0345411_19293564.jpg

#603 昼間蔦屋書店に行くとレジが長蛇の列(30人くらい)にビックリ



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-26 19:31 | 食のまわり | Comments(0)
2016年 12月 24日

クリスマスにシフォンケーキと『ちいさなもみのき』(くらし部門)

久しぶりにシフォンケーキを焼きました。

うっかり手順を間違えて
砂糖を卵黄の方に入れてしまいましたが
案外うまくいくものです。

ココアにオートミール入り。
生クリームを添えていただきました。

今回は米油と豆乳を使いましたが、
グレープシードオイルと牛乳だったり
ごま油(白)と水だったり
組み合わせを変えると楽しいです。

いずれも軽さがシフォンケーキのよいところです。

イブなのでクリスマスの絵本を。


マーガレット・ワイズ・ブラウンは
本当にたくさんの絵本を書いていますね。
男の子ともみの木のおはなし。

バーバラ・クーニーの端正な絵と色に
いつも心洗われます。

c0345411_01192454.jpg
#604 雪の積もらないクリスマスは昨年に続いてのこと。嬉しいような寂しいような

c0345411_01193667.jpg

[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-24 23:47 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2016年 12月 23日

ハーブコーディアルと『呼吸はだいじ』(くらし部門)

秋口から飲み始めたのが、ハーブコーディアルです。

もともとはハーブをアルコールに漬けた飲み物でしたが、
これはハーブや果物を原料としたノンアルコールの飲み物。

先日まで飲んでいたのはザクロとベリー。

c0345411_23480766.jpg
これはジンジャークラシックで、
ショウガとトウガラシのエキスでスパイシー。

ホットでもアイスでも好みの濃さにしていただけます。
目安は180mlに20-30mlとあります。
「生活の木」が発売元です。

薄めにごくごく飲むのが好きです。
白湯の合間にいただきます。

冬は水分をとることを意識的にしないと
乾き気味になっているようです。


最近何かとパソコンに向かうことが多いのですが
意識しないと呼吸が浅くなっています。
深い呼吸は大事、ということで
こちらの本です。


副題は
「ゆっくり吐いて吸う」は、最高の健康法

呼吸はまず、「吐く」なんですね。
吐かないと吸えない。

(以下はamazonの内容紹介から抜粋)
一日の呼吸、何回しているか、知っていますか。
約2万回です。
そのうちの100回でも「ゆっくり吐いて吸う」を意識すれば
からだは健康で病気知らずになります。
“いのち”のカギを握る、呼吸の力はすごい!

呼吸のポイント、それは「息を吐く」を意識することです。
吐き切ってしまえば、空気は自然にからだに入ってきます。
吐く息を重視するか、吸う息を重視するかで、
いろいろなことがだいぶ変わってきます。

たとえば、誰かが猛烈に怒っているところを思い出してみてください。
はっはっと浅く勢いよく息を吸い込んでいるはずです。
吸う息は、心臓の鼓動を早め、
からだを臨戦態勢に向かわせる自律神経の交感神経を刺激します。

吸う息ばかりを意識していると、
争ったり怒りを爆発させたり、好戦的な人物になってしまいます。

逆に吐く息を重視した呼吸は、これと正反対の働きをします。
吐くことを意識しながら、肩の力を抜き、
長くやわらかく息を吐いてみてください。
緊張がとけてからだがリラックスするはずです。


全くそうだなぁ、と思います。

これも日々実践しなければ、と思います。
c0345411_23484797.jpg

#605 玄関のツリー、毎年飾りがひとつふたつ増えます
c0345411_23492095.jpg

[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-23 23:50 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 12月 22日

『うつぶせ寝健康法』を始めて2週間(くらし部門)

この本は図書館をうろうろしていて見つけたもの。

普段は右側を下に寝る側臥位。仰向け?が多いような。
読んでみて、やってみましょう、とはじめました。

それから2週間、いい感じです。
まず、呼吸が深くなるんですね。(本にもありました)
腹式呼吸が楽にできます。
手をあげて寝るのも新鮮です。
いい感じにねじれてるのが気持ちよいです。

一番びっくりは朝、起きるのが楽、ということ。

うつ伏せ体と手をついて、サッと起きれるんですね。
仰向けからより断然楽ちんです。

第2章 この症状はうつぶせ寝で治す
イビキと睡眠時無呼吸症候群を予防する
血行を改善し、脳梗塞を防ぐ
疲労や体力の低下を予防する
タンが排出し、セキを鎮める
不調を感じ始める中高年こそ実践してほしい
虫歯や鼻炎、糖尿病などが低下している人
胃腸のトラブルを抱えている人

胃腸は当てはまりますね、鼻炎も、中高年だし。

確かに内臓の重さで背中の血管が通りにくくなる、



(以下はamazonから)
人類があお向けに寝るようになったため出現したイビキ、睡眠時無呼吸症候群、酸素不足による脳卒中、不眠・・・
「安静の姿勢」と思われていた“あお向け寝”の弊害をなくすのは、人類の進化の過程に合わせた“うつぶせ寝”だった!医療の現場から発見され、全国に広まりつつある「腹臥位療法」の研究結果を元に、「うつぶせ」姿勢の驚くべき効果を検証する。まったく新しい健康法の革命のための、正しいやり方と安全のポイントをお届けします!

日野原先生も実践!でやってみようと思う人も多いようですね。

調子がいいので続けようと思います。

気持ちよく眠れればどんな寝方でもOKです。

c0345411_20410507.jpg
#606 午後生暖かい強風が吹き荒れました



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-22 22:05 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2016年 12月 21日

【北野武のファミリーヒストリー】と三代前の時代(くらし部門)

【ファミリーヒストリー】はNHKで放送されている番組。
著名人の家族の歴史を徹底取材しています。
12月21日は、「世界のキタノ」こと北野武さん。

映画【菊次郎とさき】で両親のことを描いています。
家族と自分の子どものころのことは
NHKでドラマにもなった【たけしくん、はい!】で
教育熱心なお母さまということは、なんとなく知っていました。

さて紐解かれたファミリーヒストリーは
本人も知らないことだらけ。

今まで時々この番組を見ていますが、
「これ以上わからなかった」
というナレーションはあまり聞きませんでした。

見ると、さきさん(武さんの母)は家族と
早く死別、苦労されています。
北野の姓も養母(さきさん)からというのも意外です。

明治後期、大正から昭和初期、
幼い子は幼い時に亡くなることも珍しくなかった時代、
働く所がなくて身売り同然に奉公に出る時代
うし、寅吉、の名前

いずれもわが父に聞いた話によく似ています、
というか同じで驚きました。
時代なのでしょうか。

さきさんが、子どもの教育に熱心だったのは、
「身についたことはとられないから」
本当にそうです。

明治大学を辞めて家を出た武さんの活躍を
陰で喜んでいた想いでの、

「タケちゃん人形と好感度NO1となった新聞の切り抜き」

を大切に保管していたことを知って、目に涙…

最後に

「北野さきの子どもに生まれてよかった、感謝しかない」

こんなふうに子どもに思ってもらえたら
それだけで生きた甲斐があるというものです。

c0345411_19384291.jpg
#607 週末はクリスマス、玄関まわりは多少クリスマス仕様です


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-21 23:06 | 身辺雑想 | Comments(0)
2016年 12月 20日

小豆好きとお手玉と『小豆の力』

元来の小豆好きです。

小学生の頃秋の文化祭、
体育館はすべて父兄たちが模擬店をやっており
色々なものを食べることができました。
今はやりませんね〜。

おでんやラーメン、なんてものもあったはず、
お祭りの出店のような感じだったと思います。

その中でお汁粉がおいしくて何度も食べた記憶があります。
その時は、お汁粉ではなく「あずき湯」といっていた気がします。

ほんとうに、今思うと小豆風味の甘い湯に小豆が浮いていたような
浮くより多くは入っていましたが。

不思議とあの甘く小豆の粒の豆の味と、
それが記憶に深く残っています。
c0345411_23273438.jpg
おはぎは、作る個数分をバッドで分けて作ると作りやすい

今では、食べたくなるとすぐに小豆を炊いて
ぜんざいを作ります。

お正月を待って食べるのも楽しみにでしたが、
秋が深まるとつい作ってしまいますね。
c0345411_23284642.jpg
お赤飯はレンジで作ることも、食感が蒸した時のようにできます

先日作った南瓜と小豆の炊き合わせは
ほぼ同量で作ってしまいました。
甘くない小豆も美味しい。

小豆といえば、お手玉も小学6年の時に流行って
母が小豆を入れて作ってくれました。

小豆は音がいいのです。

朝ドラの【べっぴんさん】でも小豆を入れて作って
遊んでいましたね。

自慢じゃないですが、お手玉、得意でした。
休み時間になると延々とやっていました。

学校での遊びもいろいろ。
ベーゴマやいろんなもの持っていって
遊んでたように思います。



小豆の栄養や健康効果についてかかれているようです。
食べておいしいしいうことなしです。
遠慮なくモリモリいただいてしまいましょう。

c0345411_08255885.jpg
#608 冬の空は雲の白もきれいにみえる気がします



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-20 23:57 | 身辺雑想 | Comments(0)
2016年 12月 19日

メープルシロップで大学いもと『誕生日大全』

オーブンでさつまいもを焼いてから作る大学芋は癖になる美味しさ。

さつまいもは細切り(お好みで時々拍子切りにもします)して
ココナツオイルであえます。
塩とシナモンパウダーをまぶして
オーブンで20分ほど。

餡は醤油とメープルシロップでつくります。

鍋に入れて中火より強めで、液がワラワラ湧いてきたら
焼きあがったさつまいもを入れてからめて
出来上がり。

さほど、さつまいも食べなかったオットセイが
このグリルさつまいもは、パクパク食べます。

細くすると水分もかなり抜けるので
かりんとうのようになります。

c0345411_08281717.jpg

先日のSHSの本屋さんで、面白く座り読みしたのは
『誕生日大全』。
見開きで365日1日づつ書かれています。

(以下はamazonより抜粋)
本人の性格・素質
隠された自己
適性のある仕事・職場
恋愛運
友人・家族関係などを診断。
全米で圧倒的な人気を誇る著者が手がける、
「占星術」+「数秘術」を融合させた画期的な方法により、
各国でベストセラーに。相性占いも網羅し、
あなたの恋人、友人、力になってくれる人、運命の人、敵、ソウルメイトもまるわかり。
増補版では、「この日に生まれた有名人」リストをリニューアル。


珍しい項目にソウルメイトの誕生日があります。
中々知る人の誕生日などない、などとみておりますと
なんと父の誕生日がワタシのソウルメイトにありました。

入院中の父に面会に行き、
その話をすると、
「ソウルメイトってなんだ?」

この日はかなりはっきりと覚醒していました。

入院から9か月。
この世とあの世を行きつ戻りつするような日々を
送っています。



#609 先日のSHSの本屋さんで素敵な本を見かけました。良寛さまの筆で、百人一首が万葉仮名で書かれています



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-19 22:30 | 読書のまわり | Comments(0)
2016年 12月 18日

アニメ【3月のライオン】と『マンガのあなたSFのわたし』

10月からNHK総合ではじまった
『3月のライオン』の アニメーションは
今回で10回めでした。
最新刊の12巻

将棋の世界で生きる桐山零と彼を
取り巻く人々の物語。

前回と今回は将棋の独特の世界を描いています。
子どもの時から一癖二癖ある大人と対峙してきた
少年の心のうちと将棋の勝ちへのこだわりと美学が
垣間見えました。

勝ちと負けだけの世界で描けることとはなんでしょうか。

重いことをさらりと描きながら
語られることは真っ当。

将棋の世界をもっと描きたくなった、
ようで、マンガ は連載が伸びそうだというのは嬉しいことです。

どんどん魅力的な棋士の戦いを見たいです。

おじさんもおじいさんも描くのがなんて上手い羽海野チカさん。



そんな彼女が大ファンだという萩尾望都さんとの対談が
書き下ろしで掲載されています。

羽海野チカさんがあごがれの萩尾望都さんと特別に対談しています。
「全部、萩野作品から学びました」とタイトルにあります。

羽海野チカさんが、はじめて読んだ萩尾作品は『11人いる!』
名作ですよね。(1975年の作品)

ワタクシも大好きです、萩尾作品。
対談での印象に残ったところなど。

・短編を描くときは『アメリカンパイ』のテンポと『ブラックジャック』を意識
・ハチクロのハグちゃんはポーのメリーベル
・背景を描くのはつらいから好きな場所を描きたい
・一コマが好きで作品を読み返す
  ~『ゴールデンライラック』ハーバードのセリフ
   「そんなことはいいんだ わたしのほうは一番愛していたんだから」
・萩尾先生のマンガがすごいのは、説教臭いところが一切ないところ
・古書店で『この娘うります!』の原画を入手、
  本物だったので帰そうとして連絡しても相手にされなくて、
  プロになって返すことができて、プロになってよかった
・悪人を描いたら自分の蓄積していた鬱屈が全部出て、おもしろくって(萩尾)
・一発屋だろう、と言われていたので
  次は手堅いものを描こうと、完璧に計算してはじめた。
  3月のライオンはこんなに楽しく描けると思ってなかった。

おふたりともビーズ好きとか、好きな漫画家さんが同じとか、
それだけでファンになるし、嬉しくもなるものですね。

70年代に対談した人々との対談は垂涎ものです。
手塚先生のすごさをあらためて感じます。

第1章 手塚治虫   「SFマンガについて語ろう」
第2章 水野英子   「私たちって変わり者かしら」
第3章 石ノ森章太郎 「SFの話は延々尽きない」
第4章 美内すずえ  「親愛なるモー様へ」
第5章 寺山修司   「月で修学旅行の案内係」
第6章 小松左京   「絵の理想型とは?」
第7章 手塚治虫+松本零士 「マンガ、SF、アニメーション」
第8章 羽海野チカ  「全部、萩尾作品から学びました」
c0345411_22484402.jpg

#610 白玉は『3月のライオン』でも登場、おいしいですよね

[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-18 23:22 | 身辺雑感 | Comments(0)