シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 24日

人参スープと『愛するあなた恋するわたし』

春の人参が冷蔵庫に3本ありまして、
2本を使ってスープに。
c0345411_14113928.jpg
ねぎととろみ用に小さめのじゃがいも、ひたひたの水で煮ます。
バーミックスでトロトロに。
塩麹と酒少々、豆乳にお味噌で味を整えて、仕上げに生クリームで、出来上がり。

出来上がりの色が春の色。
人参のオレンジ色というよりピンク色、八重桜の色?のようです。


写真はそうでもないかも…

▪️
漫画家萩尾望都さんの
2000年代 対談集『愛するあなた 恋するわたし』は、シリーズです。

1980年代 『コトバのあなた マンガのわたし』
1990年代 『物語るあなた 絵描くわたし』


70年代から10年ごとにまとめられた対談集ですが、時代とタイトルとなっているテーマが絶妙ですね。



第1章  吾妻ひでお 「SF妄想世界の旅」
第2章  よしながふみ 「やおいと純愛」
第3章  恩田 陸 「萩尾作品は私の原点」
第4章  庵野秀明+佐藤嗣麻子 「エヴァンゲリオンのその後」
第5章  大和和紀 「少女マンガの黄金時代」
第6章  清水玲子 「マンガ的美少年」
第7章  ヤマザキマリ 「始まりは萩尾マンガだった」

ヤマザキマリさんの対談は2014年に語り下ろしです。

あらためて萩尾望都さんが漫画界に与えている影響の大きさを実感する対談集です。
c0345411_14122286.jpg

#573 先週末気がついたら市内の桜は満開で、あっという間に葉桜に。この色も好きです



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-04-24 14:05 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 04月 14日

信濃川の河口と『かわ』

マリメッコ展へ行った時に最上階の展望台までのぼりました。
万代島ビルは31階建、晴れて中々の眺め。
c0345411_00064020.jpg

川と海の交わるところ、境目がよくみえました。
色が川と海では明らかに違うのですね。
c0345411_00004473.jpg
高いところから眺めるとこんなにも周りが見渡せるものだときづきますね。
その土地をおさめる人が高い天守を望んだわけがわかります。

よくみえること、はかくも大事なことだったのですね。

▪️
c0345411_00113977.jpg
かこさとしさんの『かわ』は1962年に発刊されたロングセラー。
山の奥で誕生?した川が山間、平野を下り海までの道のりを淡々と絵で描いたもの。

これは絵巻仕立てで7mに広がるようになっています。
川の流れが一目できるのはいいですね。

c0345411_00005594.jpg

#574 河川敷の桜が満開。水がたっぷり見える景色は久しぶりです

c0345411_00142543.jpg


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-04-14 23:44 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 04月 10日

マリメッコ展と「脇阪克二のデザイン ーマリメッコSOU・SOU、妻へ宛てた一万枚のアイデア カード」

新潟市の万代島美術館で開催されている「マリメッコ展」を見ました。

最も有名な「けしの花」はチケットや図録に使われています。
天井から床まで代表的な布の数々が展示されており、真ん中には衣服が展示されています。
c0345411_23420591.jpg
ケネディ夫人がマリメッコのワンピースを着用して話題を集めた、その衣服もありました。

やっぱり素敵でした。

今でも身に着けられそうなものも多かったと思います。
(着こなすのは難しそうですが)

平日の昼でしたが、絶えず人が動いていました。

6月11日までやっています。


マリメッコで日本人としてテキスタイルデザイナーとして活躍したのが脇坂克二さんです。
1960年代に単身フィンランドに大ヒットとなった「BOBOO」は子どもたちに大人気でした。

彼がデザインしたデザインやその原画、アイデアとなったものを集めた本です。



日本とフィンランド、北欧は同じ木の文化を持つことが似ています。

古くならない型、形はやっぱりあるのだ、とマリメッコ展を見て思いました。
c0345411_23423577.jpg

#575 マリメッコ展の売店で買ったのがフィンランドで使われている反射板、夜光るアレです。財布につけてみました 


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-04-10 23:42 | 見たものイロイロ | Comments(0)