シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 30日

『花に染む』と和弓

第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した
くらもちふさこ『花に染む』。

読みました。いいもの読みました。

こちらは最終巻の8巻。

くらもちふさこさん、いったい何年ぶりでしょう。

昨年、画業45年、時が流れました。


和弓を引く花乃、陽大、陽向(火事で死亡)、雛は小学生から大学生へ。
さらに陽大を好く水野も加わり、展開の読めない不思議な感覚で読んだマンガでした。

読み進み最後は見事な着地点に吸い込まれました。

和弓が全体をつないではいるけれど主軸ではなく、
恋愛模様もあるようでなく、
放火という事件がありながらサスペンスもなく(心理的にはあったかも…)、

しいて言えば、伝統と日本人の身体と心、人と人との共感覚、とでもいいましょうか。

久しぶりにため息をつくマンガを読みました。


和弓には憧れがあります。

20年ほど前、よく通っていた長岡私立図書館の隣の体育館に弓道場があり、息子を連れてよく弓を放つところをながめていました。


『花に染む』の花乃は一目で流鏑馬する陽大に釘付けになりましたが、
私も同じです。

弓を放つ景色に釘付けになりました。いつかやりたいと…

的に当てるのが目的ではない。


『花に染む』で思い出したのは『ハチミツとクローバー』。
恋愛模様を描いているよう(描いていましたが)で、
創作する力の源はなに? 的なことを考えたマンガでした。

くらもちさんも羽海野さんも描く女の人が、みな格好いい!! ですね。


#698 『花に染む』はあまりマンガを読まない漫画家のヤマザキマリさんも楽しみにしていたマンガだったそうです


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-30 23:12 | 身辺雑想 | Comments(0)
2017年 05月 27日

【ドキュメント72hours生地とボタンと私】とスマホカバー

NHKで放送している【ドキュメント72hours】は3日間72時間、同じ場所を観測した番組。

たまたま、見かけたこの回は、新宿の手芸店が舞台。

手芸好きならだれもが知るユザワヤさん。(おそらく)

50万種の生地やあらゆる服飾小物、その中から自分らしさを探す旅をしている人を追っています。

印象に残っている人たち。

ものをつくっていたい。人間になった気がする

真剣にボタンを探す人は2丁目の衣装を専門に作っている人

千葉に住むインドネシアから来た女性。自分のテキスタイルブランドを立ち上げる準備中

ラーメン店主51歳父と娘で買い物。手芸は父の長年の趣味

衣服を自作する男性は「粋」がテーマ

おそろいの帽子を編むための毛糸を物色中の親子
c0345411_12464773.jpg

あまり布を巻いただけのポットマット
c0345411_12481484.jpg



手芸、楽しいですよね。

しばらく作っていません。

たくさんの布の整理(機やさんに一山いただく)もしなくてはいけないし、なにか作りたいものです。
c0345411_12513736.jpg

グログランリボンのアクセサリー
c0345411_12555803.jpg




c0345411_12525219.jpg
柿渋染のルームシューズ

c0345411_12565777.jpg



つい先日作った?アレンジしたのが、スマホケース。

古タイヤの黒一色で質感は気に入っているけれど、面白みがない。

ので、立体シール貼りました。


c0345411_12490342.jpg
作った、ともいえないですねー
落としたらわかるように鈴と


#699 お茶と小さなお菓子をのせるトレイは便利

c0345411_12494865.jpg







[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-27 13:04 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 05月 23日

バラと『ポーの一族』と宝塚

数年ぶりに長岡丘陵公園にバラを見に行きました。

c0345411_13491017.jpg

残念ながら、まだほとんどが「つぼみ」でしたが、快晴で風も気持ちよく散歩できました。

少しはバラも咲いていましたし。

「バラ」が印象的な本、といえば『ポーの一族』、少女漫画界の大御所、萩尾望都さんの代表作です。

思い入れがあり過ぎて語りつくせません。

昨年40年ぶりの新エピソード『ポーの一族~春の夢~』が、『月刊flowers』(小学館)に連載されて話題になりました。



驚きました。

そして今日また驚きました。

なんと!宝塚の舞台になるというではありませんか!!

新作の『ポーの一族~春の夢~』は7月10日にコミックスが発売されるとのこと。楽しみです。






#570 丘陵公園は水遊びする子どもたちの楽しげな声が響いていました

c0345411_13485506.jpg


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-23 23:32 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 05月 14日

『物語るあなた 絵描くわたし』と【天空の城ラピュタ】白いマフィン

甘酒とクリームチーズ、豆乳と粉、ベーキングパウダーと塩ふた振り〜
と白い材料だけでできているマフィン。


c0345411_19294956.jpg
クリームチーズは中にサイコロくらいの大きさのものを数個しのばせています。
甘みは甘酒のみ、出来上がるとちょっと物足りないくらいの甘みで、
粉に混ぜたら少しの塩味がきています。

c0345411_19305554.jpg
▪️
つらつら読んでいる萩尾望都さんの対談シリーズ。
1990年代は、以下の「物語る」人たち。

中島らも、夢枕獏、森博嗣、氷室冴子、ささやななえ、巖谷國士の面々。
東村アキコさんは新規の対談。


巖谷國士さんとの対談で、宮崎駿作品で好きなものは『天空の城ラピュタ』と応えていました。

萩尾望都さんが宮崎作品を語るのをはじめて読みました。
「見ていてひっかるセリフがないから」と明快。
わたしのイチオシもラピュタなのでなんだかウレシイ!

宮崎さんのマンガの『風の谷のナウシカ』をアニメーターの描くマンガで、フィルムを大きくしたり小さくしたり、コマをつなげたマンガ~と。なるほどと思いました。
普通のマンガと違う、とは感じていたのですが、すっきりしました。

また、手塚治虫の『新選組』にショックを受けて漫画家を志したのはよく知られている萩尾望都さんですが、そのことについて詳しく語っているのが(分析)興味深かったです。
(やはり手塚治虫はすごいです)

いつもながらなんとたくさんの本を読みマンガを読み、舞台や映画をみているんでしょう。

巻末の「わたしのデビュー時代」楽しかったです。


c0345411_19315845.jpg

#571 最近気に入っているスープカレー。そのままでも食べれるし、ごはんにかけてもよし。野菜たっぷり、ネギ、トマト、エノキ、エリンギ

[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-14 19:38 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 05月 02日

4月あれこれと『雪花の虎』

4月第1週、電車に乗って(乗り間違えて)久しぶりに、電車から海を見ました。
c0345411_22503714.jpg
青海駅は海に最も近い駅(おそらく)、20年前友人と夏のおわりに、この駅に来たことを思い出します。
染織のテクノスクール通っていたとき…海は変わりませんね。

c0345411_22511878.jpg
最近のお気に入りのパンの食べ方。
生ハムとクリームチーズをはさみ、オリーブオイルでフライパンで焼きます。
重しをしてこんがりと。で
加水パン(65%くらい)はへこたれないパンです。


c0345411_22531860.jpg
水分量を70%くらいにするととても二次発酵でまとめられません。
ですから1次発効後ガス抜きして角型の型に流し込みます。
これが発酵したらそのまま焼きます。
時短もできて一石二鳥。おいしいですし。
c0345411_22540726.jpg

上越に行くことがあってその時の道路工事の信玄公。

車で走っていると色々見かけます。
朱鷺は定番、カエルなどの動物も。
どうなんでしょうね〜
c0345411_22552261.jpg
文化会館の信玄公。
c0345411_22555771.jpg
信玄公がらみで『雪花の虎』は東村アキコさんのマンガです。(4巻まで出ています)

「上杉謙信が女だった」という設定で描かれています。
4巻でいよいよ宿命のライバルともいうべき、武田信玄と遭遇しました。
今後に期待です。





東村さんといえばこちらも。




#572 多忙だった4月、海をみるとセンチメンタルになる



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-02 22:59 | 身辺雑感 | Comments(0)