シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 24日

クリスマスツリーと『人生論ノート』と「日和やのだいどころ」

わが家のクリスマスツリーはミニサイズ。

ドイツRS GLOBAL TRADE社の壁掛け式ツリーです。
c0345411_15055033.jpg
絵本の店「星の子」で見つけて一目ぼれ。
天使のオーナメントのほか、いくつかこちらで選びました。
c0345411_15065308.jpg
c0345411_15045113.jpg

クリスマスはもちろんですが、お正月も門松として部屋の飾りにしています。

お正月バージョンは枝を少したたみます。



本物のもみの木のようにつくられています。



三木清の『人生論ノート』は、「死」からはじまります。

まだきちんと読んでいません。
23のテーマについて書かれています。

「死」「幸福」「懐疑」「習慣」「虚栄」「名誉心」「怒」「人間の条件」「孤独」「嫉妬」
「成功」「瞑想」「噂」「利己主義」「健康」「秩序」「感傷」「仮説」「偽善」「娯楽」
「希望」「旅」「個性」

非業の死を遂げた著者のなりゆきを知って、やりたいことはやろう、と思えたのです。


そんなわけで、漠然とやってみたいと思っていたお店をやろうと思います。

自宅を改装して、高加水パン、甘酒、ヨーグルトなど発酵ものを提供するお店。

こちらに経過を綴っています。




#662 有馬記念「キタサンブラック」の圧倒勝利。騎手の武豊さんの馬上のフォーム・姿勢の美しさに驚嘆、スゴイ…


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-12-24 15:42 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 12月 18日

『奇跡のリンゴ』とリンゴ

2013年にでた本です。
不可能といわれた完全無農薬栽培でリンゴをつくったノンフィクション。

NHKをはじめ多くのメディアで注目を集めました。

やはり、スゴイです。




友人のMさんがそのゆかりのリンゴをプレゼントしてくれました。

青森津軽の夏堀農園のもの。


c0345411_23160244.jpg

Mさんはこだわりの調味料や雑貨を扱うお店をやっています。

喜界島の砂糖やひしわの紅茶をこちらで買っています。


リンゴですが、切り口が酸化しません。

Mさんのブログで1年前のリンゴが腐らず枯れていく写真がありました。

自然の力は偉大です。

c0345411_23195956.jpg

#663 ひさしぶりにストーブで焼き芋。アルミホイルに包んで40分。シナノスイートは色鮮やか 



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-12-18 23:20 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 12月 12日

本棚整理と萩尾望都『百億の昼と千億の夜』

最低でも年に1度は本棚整理。
放っておくと、やはり増え続けています。

段ボールに3箱分。
本を送るとそれが寄付になる団体にここ数年本を送っています。

本それ自体を捨てることはできません!

本を整理しだすと久しぶりに目にとまったのが、
萩尾望都さんの『百億の昼と千億の夜』。

光瀬龍原作のSFを漫画にしたもの。
はじめて読んだのは10代の頃。

当時もそうでしたが、今でも圧倒されました。
これを当時の子どもたちはどのように読んでいたのでしょう。(自分自身もですが…)

秋田書店は少年漫画でもはやや後発で実験的な作品を多く掲載していたように思います。

1992年に単行本が当時と同じまま発行されています。


持っているのは昭和53年(1978年)発行の単行本ですが、
読んでいたら妹が「古いの読んでんのね」と。
でも40年前のわりには紙の状態も良好。

過去と未来がつながるような、
科学と伝説が表裏にあるような、
善と悪が逆転するような、
戦いの認識が変わるような、
長すぎる時間や大きすぎる空間の意味はなんなのかとか、
c0345411_16172356.jpg

原作も読んだはずですが、
萩尾マンガ経由の方がよりわかりやすいと思うのは私だけではないでしょう。

化学や物理関連の本を多く読むようになったのはここ10年ですが、
10代のころイメージでとらえていた場面が、
自分の想像力で読めるようになった気がします。

この本はずっと手元においておく本のひとつです。

c0345411_16175425.jpg


#664 昨晩荒れて雪の朝、外が明るくなるのはうれしい


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-12-12 16:19 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 12月 09日

グラノーラと『趣味どきっ!家で楽しむ私のカフェスタイル』

家で照明や布使い、簡単につくれる棚やゴミ箱をDIY、
ちょっとした工夫でカフェスタイルを家に取り込めるコツを紹介していました。


さいごの方で毎回カフェで人気のレシピを作っていました。
たしか8回目にグラノーラ。

この2冊も参考にみています





みていたら作りたくなって作りました。

自家製ヨーグルトにオートミールとグラノーラ、フルーツとメイプルシロップをかけてが定番。

つくってみたら、これが美味。

香ばしくて甘さもほどよく、あらサクサクではないですか。
c0345411_23254008.jpg

材料

大麦 90g

オートミール 130g

かぼちゃの種 20g

アーモンド・くるみ 60g

ココナツフレーク 20g

ゴマ 30g

はちみつ 60g

オレンジジュース 大さじ1

グレープシード油 大さじ1と1/2

塩 2g

ドライフルーツ(マンゴー・パイナップル)各30g


まだまだ材料があるのでおから入りやごまを多めにアレンジしてみます。

c0345411_23260403.jpg
#665 ヨーグルトに自家製グラノーラ。フルーツはバナナとパイナップル。シナモンをふりかけて



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-12-09 23:29 | 食のまわり | Comments(0)
2017年 12月 01日

『角野栄子の毎日いろいろ』と白いワンピース

角野栄子さんといえば『魔女の宅急便』。

チャーミングなキキのようなご本人です。

表紙の白いワンピースと白髪、カラフルな眼鏡が印象的。

①角野さんの毎日
②かんたん 食いしん坊
③おしゃれ大好き
④角野栄子 こんな人

以上が目次。



たくさんの写真で角野さんの暮らしぶりやこだわりがみえます。

本棚の並び方が美しい。

元気が出る色が家のそこここに。

眼鏡とアクセサリーで白いワンピース姿が違ってみえる。

五歳で母をなくし、戦争と終戦も体験。

二十四歳でブラジルに移民として渡ります。

「魔法は一つ。すべての人が、必ず持っているのよ」はなんて素敵な言葉。


巻末の翻訳リストと創作リストの多さに驚きます。その数1000以上。

昭和10年生まれ。私の母(昭和9年)と同世代。

なんと若々しい。
c0345411_18363775.jpg
アクセサリーをするとちょっとウキウキ


#666 朝ごはんの定番メイプルみその焼きおにぎり

c0345411_18342771.jpg



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-12-01 18:38 | 身辺雑感 | Comments(0)