シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

タグ:健康/身体 ( 44 ) タグの人気記事


2017年 08月 23日

フットネイルと『育爪のススメ』

はじめてネイルサロンに行きました。

知人がネイルサロンをオープン。

手の爪を美しくネイルしている人を見ると、家事炊事で私にはムリだな、といつも思っていました。

でも、ふと足の爪ならできる!

とやってもらうことにしました。



これまでまるで縁のなかったネイルサロン。

真っ白な内装に、ゆったりとした空間が気持ちよいつくりです。

ネイルにも種類があるとはじめて知りました。

ジェルネイル、と呼ばれるLEDライトで固めるタイプは強度があって爪を保護してくれるそうです。

発色もきれいです。


ゆったりふっくら、ちょっと高台に設置されたリクライニングの椅子に座って、まずは足を洗います。

次に爪のお手入れ。

歯科で見たことがあるような、道具が並びます。

ヤスリや何種類もの電動ヤスリで丁寧に爪を整えていきます。
(爪は切らずにヤスリで整えるのが一番いい、と聞いたことはあります)

お手入れに40分ほどでしょうか。

爪は濃紺と金のラメの2色を交互に塗ることにしました。

下地、色、カバー。

仕上げに美容液。


入念な手入れをした足の爪はスベスベになりました。

ジェルのネイルは自分で塗ったことがある足のマニュキュアとは全く違います。


さすがプロ。


丁寧で念入りな仕事ぶり、1時間半たっぷり時間をかけてやっていただきました。

c0345411_23410323.jpg


もともと夏だけは、足の爪にマニュキュアをつけていました。

素足でサンダルをはくことも多い時ですし、足に色があるとちょっとうれしくなったものです。


ネイルサロンで施され、かなりテンションがあがりましたよ。


羽織裏、ではないですが見えない所こそオシャレにするのは好みです。



こんな本もあります。こんど読んでみましょう。





サロンをはじめたその人は、元プロスキーヤーです。

プロスポーツで爪の強度をあげるためにネイルを施すことがあることを、はじめて知りました。

野球選手の投手が変化球を投げるために爪を伸ばしネイルする人もいるのだそうです。



確かに足の爪はコーティングされているようです。

そして爪をケアする、よい爪に育てる、をモットーにした彼女のお店。

これから爪のケアを色々相談したいと思います。

c0345411_23415855.jpg

#681 テーブルに裂織のライナー、小さな置物(箸置き)と石を飾りに 
 
 


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-08-23 23:42 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2017年 08月 22日

薬としての『ひとさじのはちみつ』

『ひとさじのはちみつ』は手作り石けんをはじめたきっかけとなった『お風呂の愉しみ』の前田京子さんの著書です。


はちみつ、だから料理に関する本かと思いきや、はちみつにこんなに多くの効用があるとは、と驚きました。

もちろん身体によいのだろう、とは思っていましたけれど、
どちらかというと甘味でいうなら、メイプルシロップの方が好みです。

ですから、はちみつの本を書いたのは知っていたのですが、手に取らずにいました。

こちらはAmazonの紹介から。

はちみつを常備するのは、
家にちょっとした
薬局があるに等しい。

軟膏と絆創膏、目薬、歯磨き、胃薬、
風邪薬、手作りイオン水、非常食……。
はちみつの新しい使い方を、
その薬効とともに、
楽しく具体的に紹介します。

ひとさじのはちみつの
食べ方、選び方にも、
実はいろいろコツがある!

「健康のために、1日にひとさじだけはちみつを摂ろうというのなら、
はちみつと睡眠の細胞再生、修復作用の仕組みを生かすために、
寝る前が一番いい。
だが、それに加えてもうひとさじを「薬」のつもりで摂るのなら
やはり、朝起きて最初にひと口というのが、断然いいだろう」


胃痛持ちの身としてはこれは常備せねば、と思いました。

折しもkukuがマヌカハニーをお土産に買ってきてくれました。

朝起きた時の口内が気になっていたので、眠る前に「ひとさじ」いただきました。

次の朝、違います!

いつもより口の中がスッキリしています。
睡眠中は唾液の分泌が減り口内衛生が保ちにくくなるといいます。

ピロリ菌も除菌できた人がいるとありました。
胃がんのリスクが減るといわれています。

以前、胃潰瘍になったとき除菌をすすめられやってみましたが、失敗しています。

はちみつならいいな。


さらに驚いたのは、目薬にもなるということ。

医療用グレードのマヌカハニーを使いますが、綿棒で目に差すと、涙があふれてくる、とありました。

涙がいちばんの目薬、といわれますからね。


はちみつは常温でも腐ることのない抗菌作用の高い八個食品なんですね。

いろいろと試したみようと思います。

c0345411_10400605.jpg

#682 あっという間に八月も過ぎていきます。暑い時に食べたかき氷



[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-08-22 10:40 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2016年 12月 23日

ハーブコーディアルと『呼吸はだいじ』(くらし部門)

秋口から飲み始めたのが、ハーブコーディアルです。

もともとはハーブをアルコールに漬けた飲み物でしたが、
これはハーブや果物を原料としたノンアルコールの飲み物。

先日まで飲んでいたのはザクロとベリー。

c0345411_23480766.jpg
これはジンジャークラシックで、
ショウガとトウガラシのエキスでスパイシー。

ホットでもアイスでも好みの濃さにしていただけます。
目安は180mlに20-30mlとあります。
「生活の木」が発売元です。

薄めにごくごく飲むのが好きです。
白湯の合間にいただきます。

冬は水分をとることを意識的にしないと
乾き気味になっているようです。


最近何かとパソコンに向かうことが多いのですが
意識しないと呼吸が浅くなっています。
深い呼吸は大事、ということで
こちらの本です。


副題は
「ゆっくり吐いて吸う」は、最高の健康法

呼吸はまず、「吐く」なんですね。
吐かないと吸えない。

(以下はamazonの内容紹介から抜粋)
一日の呼吸、何回しているか、知っていますか。
約2万回です。
そのうちの100回でも「ゆっくり吐いて吸う」を意識すれば
からだは健康で病気知らずになります。
“いのち”のカギを握る、呼吸の力はすごい!

呼吸のポイント、それは「息を吐く」を意識することです。
吐き切ってしまえば、空気は自然にからだに入ってきます。
吐く息を重視するか、吸う息を重視するかで、
いろいろなことがだいぶ変わってきます。

たとえば、誰かが猛烈に怒っているところを思い出してみてください。
はっはっと浅く勢いよく息を吸い込んでいるはずです。
吸う息は、心臓の鼓動を早め、
からだを臨戦態勢に向かわせる自律神経の交感神経を刺激します。

吸う息ばかりを意識していると、
争ったり怒りを爆発させたり、好戦的な人物になってしまいます。

逆に吐く息を重視した呼吸は、これと正反対の働きをします。
吐くことを意識しながら、肩の力を抜き、
長くやわらかく息を吐いてみてください。
緊張がとけてからだがリラックスするはずです。


全くそうだなぁ、と思います。

これも日々実践しなければ、と思います。
c0345411_23484797.jpg

#605 玄関のツリー、毎年飾りがひとつふたつ増えます
c0345411_23492095.jpg

[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-23 23:50 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 12月 22日

『うつぶせ寝健康法』を始めて2週間(くらし部門)

この本は図書館をうろうろしていて見つけたもの。

普段は右側を下に寝る側臥位。仰向け?が多いような。
読んでみて、やってみましょう、とはじめました。

それから2週間、いい感じです。
まず、呼吸が深くなるんですね。(本にもありました)
腹式呼吸が楽にできます。
手をあげて寝るのも新鮮です。
いい感じにねじれてるのが気持ちよいです。

一番びっくりは朝、起きるのが楽、ということ。

うつ伏せ体と手をついて、サッと起きれるんですね。
仰向けからより断然楽ちんです。

第2章 この症状はうつぶせ寝で治す
イビキと睡眠時無呼吸症候群を予防する
血行を改善し、脳梗塞を防ぐ
疲労や体力の低下を予防する
タンが排出し、セキを鎮める
不調を感じ始める中高年こそ実践してほしい
虫歯や鼻炎、糖尿病などが低下している人
胃腸のトラブルを抱えている人

胃腸は当てはまりますね、鼻炎も、中高年だし。

確かに内臓の重さで背中の血管が通りにくくなる、



(以下はamazonから)
人類があお向けに寝るようになったため出現したイビキ、睡眠時無呼吸症候群、酸素不足による脳卒中、不眠・・・
「安静の姿勢」と思われていた“あお向け寝”の弊害をなくすのは、人類の進化の過程に合わせた“うつぶせ寝”だった!医療の現場から発見され、全国に広まりつつある「腹臥位療法」の研究結果を元に、「うつぶせ」姿勢の驚くべき効果を検証する。まったく新しい健康法の革命のための、正しいやり方と安全のポイントをお届けします!

日野原先生も実践!でやってみようと思う人も多いようですね。

調子がいいので続けようと思います。

気持ちよく眠れればどんな寝方でもOKです。

c0345411_20410507.jpg
#606 午後生暖かい強風が吹き荒れました



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-22 22:05 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)
2016年 12月 16日

ジャンプと『1分で目はよくなる』

視力が0.1ありません。
眼鏡があるので不自由はしません。
ありがたいことです。

眼鏡生活も40年です。
最近は軽度の老眼もあって、
眼鏡を変えたらきちんと快適に過ごせます。

今さら視力を良くなるとも思えませんが
こんなタイトルをみると、
本をめくってしまいます。



1分で目はよくならないと思いますが、
書いてあった中で、
これはいいと実践していることがあります。

それが、ジャンピング。

軽く数センチその場でジャンプするだけです。

1日に7~8回、1回に50~100回ほど、
多いと1000回ほど飛んでいることになります。

本では1日500回目安とありました。
ジャンプすることで血流がよくなり
目の症状が改善するというもの。

全部で7つの視力回復法を紹介しています。

はじめてから1か月ほど経ちますが
なんだか身体も軽くなったようです。

ラジオ体操を久しぶりに再開したら
ジャンプが楽ちんです。

最初は30回も飛ぶと
ふくらはぎと太ももの裏が痛くて
息切れを起こしていました。

飛んでいるうちに回数も100回が
楽にジャンプできるようになりました。

子どもの頃は縄跳びしたり
いわれなくても始終飛び跳ねていますよね。

あの運動量はすごかったんだなぁ~
なんてジャンプしながら思います。

思いついた時や時間で飛ぶもの忘れそうなので
手を洗ったらジャンプ、と決めています。

炊事やトイレ、手を洗う機会は多いですから
できる時にジャンプしてると
1日7、8回は飛んでるというわけです。

これからも続けたいと思います。

c0345411_00182044.jpg
#612 ことしは雪が遅くきのうあたりからようやく屋根に雪が積もり始めました


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-16 23:53 | 身辺雑感 | Comments(2)
2016年 11月 23日

『一汁一菜でよいという提案』とお味噌のおむすび

土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』は、
面白くて一気に読みました。


これ以上ない具体的な提案をタイトルにしながら
日本の食文化について、深く考えられた
とてもすてきな本です。

読み終えて日本に生まれてよかった、
と思えました。

目から鱗のこともたくさん。

例えば、
食事。食べること、と思いがちですが、
食にまつわる日々の営みが「食(の)事」であり、
買い物〜下ごしらえ〜調理〜お料理〜食べる〜片付ける〜
サイクルとなっている、それが食事なのだと。

ハレとケの料理。ハレの料理が神様への献上品であることが、
手間をかけることをいとわない、
ケの料理としての日常の一汁一菜、はまさに手間をかけない料理。

モッタイナイ、和食が芯を食する料理でもあること。

よく手を洗う、清潔、きれい、澄む、
縄文から続く清らかさを持ち合わせていた日本人。

土井先生のような方が「一汁一菜でよい』と言ってくださることが
何よりうれしい。

提案されている具沢山のお味噌汁、
出汁を使わずとも本当に美味しくできますね。

来年春、自炊をはじめるハチにも
この本を送りたい。
実践してくれたらそれだけで安心できそうです。

「和食を初期化する」という項目で
懐かしい時代が語られています。

ワタシにとって「ごはん、そしてお味噌」といえば、
お味噌のおむすびです。
小学生の頃、学校から戻るとお腹が減って
母に言うと丸いおむすびを作ってくれて、
戸棚の味噌甕に手を入れて、チョチョイと
おむすびにつけて、おやつにしていたのです。

今は手前味噌を、もっぱら焼きおにぎりにして
食べていますが、今度まんまのおむすびを作ってみましょう。

土井善晴さんのこちらの本も。

c0345411_00101978.jpg
どちらかが一つの株だと言うのでびっくり、両手に抱えるほどの大きさ
c0345411_00105733.jpg
#613 知人の家の菊の鉢が見事。蜂がその匂いに引き寄せられてすごい数に驚き、菊がこんなに香る花だったとは

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-11-23 12:09 | 身辺雑想 | Comments(0)
2016年 09月 29日

髪の湯洗いと『甲骨文字小字典』

3か月のほど前から髪をお湯だけで洗っています。
楽ちんです。
ひたすらシャワーをあてながら地肌をマッサージするように3分ほど。

湯洗いは湯シャンとかノーシャンプーといわれてもいますが、
基本お湯で洗うことは同じです。

もともと、シャンプーしてトリートメントして、
長々とシャワーで流して、というのがメンドウ(あまり使いたくないコトバですが)と、
思っていました。

石けんを作っているので、石けんで随分長く洗っていました。
ワインビネガーを薄めてリンスにしたり。
それも結構流すのに時間がかかります。

湯洗いといってもいろいろやり方があるようです。
入念に髪を梳くとか、
綿の手袋で洗うというのもありました。
これもお好みでいいように思います。

すすめる湯の温度も、
体温くらいの36-37℃、
40℃前後、
高めの43-45℃、
要は自分が良いと思う温度で良さそうです。

基本体温以上で汚れは落ちるようです。
高温だとシャンプー並みの洗浄力があるとか。
季節や髪の質で決めたらよさそうですね。

ワタシは、熱めで湯洗いするのがスッキリして好みです。
ショートヘアにしたので髪を洗うのがまったく苦でありません。

髪を乾かす前に杏オイルを1滴、
ヘアケアはそれだけです。

毛髪が根元から立つ感じがあります。
へたり気味の髪の方にはオススメです。

髪はふわふわな感じになります。
女優のYOUさんも湯洗いらしいですが、
ふわふわですよね。

最近、シャンプーを使わないが、流行りらしいです。
ヘアケアのロレアルが新しい洗髪法を提案しています。
泡なしノーシャンプー
ノーシャンプーはこちら

これなら使ってみてもいいかも。

きょうの本はこちら。

篆刻をしていましたが、甲骨文字が絵のようで好みでした。
湯洗いとは何の脈絡もありませんが。

小田玉映さん記事
c0345411_21142720.jpeg

#623 暑い日もありましたが、すっかり秋らしくなってきました


ご訪問ありがとうございます。下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-09-29 23:57 | 暮らしと科学 | Comments(0)
2016年 07月 29日

『あなたの知らない 乳酸菌力』の乳酸菌たち

ヨーグルトメーカーを購入して以来、
せっせと食べ続けています。

コチラが使っているヨーグルトメーカー

これまでに試したヨーグルトはビフィズス菌をはじめ、
ガゼリ菌、LG21、ラクトフェリンやカスピ海ヨーグルト、
他にも数種類。
どのヨーグルトにも「○○菌」「○○株」と記されていて、
腸によい善玉菌なのだろう、とは思いつつ、
実際どうなの、と。

わかりやすく解説してる本がありました。
市販されている商品も掲載されています。
2011年発行、著者は新宿大腸クリニック院長の佐藤利夫さん。




内容は、
1 乳酸菌の基礎知識

2 乳酸菌の効果 〜便秘予防と解消、免疫力強化、肌荒れ改善、胃ガン大腸ガン予防、口臭予防など14の効果を解説
3 乳酸菌辞典 〜42種類を解説、1ページないし見開きで、どのような症状に効果的なのか詳しい。 時折ヨーグルトコラムも〜ヨーグルトの起源?いつ食べると効果的?どれくらい食べるのが理想的?毎日食べないと効果がない?日本と世界のものとの違いは?など

c0345411_21213766.jpeg
4 乳酸菌を含む商品 〜乳酸菌の名前、商品データ(メーカー、商品名、容量など)、特徴
c0345411_21221943.jpeg
手元に置いていろいなヨーグルトを食べるとき、選ぶときに
確認すると便利です。

いままで主に食べたものをチェック。

ビヒダスプレーンヨーグルト/森永乳業
〜BB536株、属 ビフィトバクテリウム(ビフィズス菌) 、種 ロンガム
1971年世界で初めて食品に利用されたビフィズス菌。生きたまま腸に届く。
便利予防、花粉症予防、潰瘍性大腸炎の症状の抑制に効果。

ナチュレ恵/雪印メグミルク
〜SBT2055株(ガゼリ菌SP株)、属 ラクトバチルス、種 ガゼリ
ガゼリ菌SP株は雪印メグミルクが見出した菌。健康な日本人の小腸に多く住んでいる。内臓脂肪の低減、1日200g12週間の摂取で効果が確認。悪玉菌クロストリジウムを減らす。

明治ブルガリアヨーグルト/明治
〜ブルガリア菌2038株、属 ラクトバチルス、種 デルブルッキー亜種ブルガリカス
LB81乳酸菌と呼ばれる菌のひとつ。ヨーグルトの本場ブルガリアで伝統的に使われてきた菌種。便秘と肌荒れ解消に。生きたまま腸に届く。サーモフィラス菌1131株のブルガリアヨーグルトもある。
c0345411_18360438.jpeg
1リットルまで作れます
これはkukuがお気に入りのチチヤスヨーグルト

おいしいカスピ海特選生乳/グリコ乳業
〜GCL1176株、属 ラクトコッカス、種 ラクティス亜種クレモリス
このヨーグルトにはとろみがあって、それが最大の特徴。クレモリス菌によるもの。
関連する効果として、高い整腸作用、コレステロール値低下、アトピー性皮膚炎の改善

よつ葉北海道十勝プレーンヨーグルト/よつ葉乳業
Bb-12株、属 ビフィトバクテリウム(ビフィズス菌) 、種 ラクティス
酸に弱いビフィズス菌の弱点を克服ph2.0でも生存できる。生きたまま腸に届く。ヨーグルトのにおいが苦手な人向き。病原菌を捕食するマクロファージを活性化、免疫力強化に。

朝食プロバイオテックスヨーグルト/グリコ乳業
〜GCL2505株、属 ビフィトバクテリウム(ビフィズス菌)、種 アニマリス亜種ラクティス
この株はグリコ乳業が発見、健康な大人のおなかからみつかった。どんどん増えるので数日間は効果が持続。毎日はヨーグルトが食べられない人向き。

ヤクルト/ヤクルト
〜シロタ株、属 ラクトバチルス、種 カゼイ
ヤクルト創始者代田稔博士が1930年に強化培養に成功した乳酸菌。善玉菌を3倍にし、悪玉菌は1/5に減るO-157の増殖を防ぎ毒素を減少させる。生きたまま腸に届く。

c0345411_21211356.jpeg
表は巻末の、乳酸菌キーワードに掲載。
動物乳酸菌と植物 乳酸菌があるとは知らなかった。
c0345411_18362417.jpeg
定番の果物と大麦とベリージャム

朝に晩にヨーグルトを取るようになって、
効果を実感しています。

c0345411_00075010.jpeg
#639 暑すぎる、と、寒すぎる、なら、寒すぎる、が好み。暑すぎる、は明らかに思考力が低下、ワタシの場合


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-07-29 23:11 | 食のまわり | Comments(0)
2016年 06月 15日

「はじめてであう小児科の本」のありがたさ

きのうに続き、子育てでお世話になった本について。
小児科医の山田真さんが書いています。

医学の進歩で一昔前の情報は役にたたないかのようにも思われますが、
基本となる考え方やいまも変わらないこと、もそれなりに多いように思います。

こどもたちの表情がたのしい、イラストは画家の猪熊弦一郎さん

amazonサイトから。

内容紹介

初版以来18年もの間、お母さん方に読みつがれてきた定評ある育児書です。25刷にも版が重ねられてきました。医学の知識は日進月歩で、昨日までは「真実」といわれていたものが今日はあやういものとなることもしばしば。医学に関する本は新しさが命といわれる所以です。10年前に改訂2版を出しましたが、予防接種法が大改正となり、全面的に書きかえがせまられ、第3版を出す運びとなりました。20世紀後半の医学は、細菌、ウイルスなどによる感染症の征圧を目指した歴史であったといえます。しかし最近AIDSのような新型ウイルスによる病気や耐性菌の出現などによって、むしろ細菌、ウイルスと人間との平和的な共存を目指すべきではないかといわれるようになっています。予防接種で感染症を完全に予防できるという神話にもかげりが生まれており、感染症についての考え方は今後も変わっていくと思われます。他にもアレルギー問題や気管支喘息の発作時の対処療法など訂正加筆をしています。平和を守るために行動する医者、山田真の姿が一層鮮明に浮かんできます。(2002年発行の版)


この本を読んで、ウイルスの退治法はない、ということに、
とても驚いた記憶があります。
平和的ウイルスや細菌との共存、賛成です。

予防接種については、いろいろ色々イロイロ、考えて
麻疹だけ受けました。

読み物としてもおもしろく、発見が多くありました。


「続」も併せて読みました

#657 もっとたくさん子育てしてみたかった、と思うのは今だからなのでしょうか

c0345411_17012229.jpeg
久しぶりに焼いたベーグル、もっちり美味しい
kukuの好物



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-06-15 22:42 | 身辺雑想 | Comments(0)
2016年 06月 14日

『ひとりひとりのお産と育児の本』のやわらかさとはじめての子育て

先月末(28日) 出産した知人と彼女を知るふたりと
ワタシの4人で8か月ぶりに会いました。
生まれて4か月の赤ちゃんとは初お目見え。

出産祝いに絵本を2冊、
ランパンパン 〜の記事
「ぼくにげちゃうよ」は「おやすみなさいおつきさま」のブラウン。
彼女にはチョーカーを。

c0345411_16515879.jpeg
久しぶりに赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。
柔らかいなぁ〜。
◾︎
こちらの本には随分お世話になりました。


作者は小児科医でもある毛利子来(もうりたねき)さん。
名は体を表す(子が来る、ですからね) のとおりで、びっくりしたものです。

今、改めてみてもいい本だな、と思います。
タイトルがすべてを言い表していますよね。
そう、ひとつとして同じお産や育児はないのです。
百人百様。

当時はわかっているようでわかっていなかったな、と思います。
はじめて体験が次々と襲ってくる、常にテンパっていた気がしますね。

目を通した出産や育児の本の中では、やはりこれが一番、でした。

同じ小児科医でもある山田真さんとともに
子育てのテーマ雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」の編集に携わっています。

おふたりのやわらかい眼差しを、本を読むと感じます。

c0345411_16553071.jpeg
さつまいものパイ、離乳食にもよさそう

#658 6月も半ば、植物が雨を欲しているようです





[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-06-14 23:57 | 身辺雑想 | Comments(0)