シンプルライフと日和やの本棚

ihoyiray.exblog.jp
ブログトップ

タグ:趣味 ( 61 ) タグの人気記事


2017年 10月 09日

服作りと【Nコン~NHK全国学校音楽コンクール】

思い立ってノースリーブの服を3枚作りました。

タンクトップ?というか…なんていうのか、シャツ?

インナーとして着るつもりで作りました。
c0345411_21561135.jpg

見返しが多めで襟の形が空きすぎないところが気に入ってます。
見返しの柄を変えると見た目もちょっと楽しい。

c0345411_21574706.jpg

バリバリの綿なので生地が伸びない…のでやや大きめに。

作ってみたら、アレ1枚で着ても様になるかも。
c0345411_21564033.jpg

久しぶりのミシン。

手を動かして、ぱっと着るものが出来上がるのがうれしい。

c0345411_21572365.jpg

秋の3連休恒例の【Nコン 中学生の部】を聞きながら型紙をとりました。

鶴川第二中学校の演奏がよかった! と思っていたら、金賞をとりました。

高校生、小学生、中学生と連日生放送されますが、今年は中学生しか聞けませんでした。

中学生の声は大人とも子どもの境界にいるようで、切なく美しいです。

課題曲はAKB48の【願いごとも持ち腐れ】、秋元康の言葉のセンスはどこから来るのでしょう。

「持ち腐れ」のワード、久々に聞きました。それもたっぷりとね。

「宝の持ち腐れ」以外にあまり聞いたお覚えもないくらい。

その詩を彼らの歌声とともに味わいました。

人間は管楽器なんでしょうか。喉を震わせて音を出すという意味では。

音、というのが微妙で繊細な変化で奏でられもの、ということを、いつもこのコンクールの歌歌を聞くたびに感じます。

来年は小学生も高校生も聞きたい。

c0345411_22210235.jpg

#674 楽天ジャパンオープン、ダブルス、内山靖崇/マクラクラン勉 が優勝! おめでとうございます




[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-10-09 23:53 | ハンドメイド | Comments(0)
2017年 08月 06日

スピッツライブとドライブソング『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』

スピッツを聞き始めたのは1995年。
染織のテクノスクールに通っていた年からです。

クラスメイトの19歳の神奈川県からやってきたMさんが大ファンでした。
スピッツ、知ってはいたけどちゃんと聞いたことがなくて、カセットテープ(懐かしいですね)をたくさん貸してくれました。
それをダビング(懐かしいですね)して、聴き始めすっかりはまってしまいました。

それ以前はBlanky Jet Cityを追っかけており、ロック雑誌でスピッツを見かけてはいましたが、触れてはいなかったバンドでした。
スピッツも優し気な風情なのにロックですよね~




このアルバムは、スピッツ結成30周年を記念して、デビュー・シングル「ヒバリのこころ」から2016年の最新作「みなと」までの全シングルを網羅したもの。

2006年にリリースされまたたく間に大ヒットを記録した『CYCLE HIT』の2タイトルは、20年来のドライブソングです。
ずっと聞いていたカセットテープは伸びてしまったりしたものも…

愛車のビストロは20年目の軽自動車。いまだにカセットテープしかありませんが、今はカセットを差し込んでipadにつなぎスピッツを聞いています。
c0345411_00151468.jpg
ビストロの音楽はここで聴いてマス

不思議なもので運転中の音楽はスピッツ以外にほとんど聞きません。
(一時枝雀落語をよく聞いていました)
ほかの音楽を聴こうと聞いたこともあるのですが、しっくりこずスピッツに戻る、なんでしょうこれは。

マサムネさんの声が好きなんでしょう。
歌い方、勝手な思い込みですが、情が入り過ぎていない所が気にいっているんだと思います。

平井堅さんが言っていたそうですが(妹がラジオで聞いた)マサムネさんは裏声がそのまま出る人なんだとか。

そう聞いて、確かに!と納得です。
自然に高音がなめらかに出る人なんですね。それが知らずに好んでいるひとつの理由の気もします。

幼いころから車に乗っているときにスピッツを聴いていたハチもスピッツのファンです。
30周年記念のライブにハチは行きました。羨ましい!!
c0345411_00143914.jpg
会場で販売していたグッズはアルバムジャケットのタオル?


いつか一緒に行きたいものです。


#683 すっかり夏の空、気持ちいいです

c0345411_00153529.jpg

[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-08-06 23:55 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 07月 02日

ポットマット作りと【日曜美術館しょうぶ学園ヌイプロジェクト】

久しぶりにミシンを出してポットマット作り。
c0345411_00005100.jpg
ワンピースや帽子のあまり布が巻かれています

薄い布なら4〜5センチ幅で3つ折りか4つ折りにして、
中央をひたすらミシンをかけます。厚い布なら3つ折り、同様に。

c0345411_00002132.jpg
紐ができたら巻きます。
力を込めて巻くので夕方には両手が凝っていました。

Eテレ日曜美術館で、鹿児島市にあるしょうぶ学園のヌイプロジェクトの作品を見ました。タイトルは「糸から生まれる無限の世界」。


毎日5時間、5年間刺繍を続けた白いシャツは世界にここだけにあるもの、を強く意識させます。野間口さんの作品です。時間を目の前に積み上げられたよう。
c0345411_23082828.jpg
時の堆積、といったのはあなうんっと同行していた詩人の蜂飼耳さん。

坂口さんの立体作品は、どこかユーモラス。
彼女の作品が大好きな美容師の宮下さんは、その作品にふさわしい人でありたいと。なんて素敵なんだろうと思います。
c0345411_23090607.jpg

吉本さんの部屋ごとが作品となっている糸と布の景色は優しい。

c0345411_23095185.jpg


#692 糸や布はずっと触っていたくなるものなのだと思います。

c0345411_00223011.jpg


[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-07-02 23:52 | ハンドメイド | Comments(0)
2017年 05月 27日

【ドキュメント72hours生地とボタンと私】とスマホカバー

NHKで放送している【ドキュメント72hours】は3日間72時間、同じ場所を観測した番組。

たまたま、見かけたこの回は、新宿の手芸店が舞台。

手芸好きならだれもが知るユザワヤさん。(おそらく)

50万種の生地やあらゆる服飾小物、その中から自分らしさを探す旅をしている人を追っています。

印象に残っている人たち。

ものをつくっていたい。人間になった気がする

真剣にボタンを探す人は2丁目の衣装を専門に作っている人

千葉に住むインドネシアから来た女性。自分のテキスタイルブランドを立ち上げる準備中

ラーメン店主51歳父と娘で買い物。手芸は父の長年の趣味

衣服を自作する男性は「粋」がテーマ

おそろいの帽子を編むための毛糸を物色中の親子
c0345411_12464773.jpg

あまり布を巻いただけのポットマット
c0345411_12481484.jpg



手芸、楽しいですよね。

しばらく作っていません。

たくさんの布の整理(機やさんに一山いただく)もしなくてはいけないし、なにか作りたいものです。
c0345411_12513736.jpg

グログランリボンのアクセサリー
c0345411_12555803.jpg




c0345411_12525219.jpg
柿渋染のルームシューズ

c0345411_12565777.jpg



つい先日作った?アレンジしたのが、スマホケース。

古タイヤの黒一色で質感は気に入っているけれど、面白みがない。

ので、立体シール貼りました。


c0345411_12490342.jpg
作った、ともいえないですねー
落としたらわかるように鈴と


#699 お茶と小さなお菓子をのせるトレイは便利

c0345411_12494865.jpg







[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-05-27 13:04 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 03月 26日

渡辺俊明さんの般若心経と『ご縁を歩く』

渡辺俊明さんは文人画とでもいうのでしょうか。
画に言葉を添えた作品を描いていました。

2005年に亡くなられました。

ご縁あって福島のご自宅にも何度か家族でお邪魔したことがあります。
c0345411_22032129.jpg
裏山を背に漆喰の白い壁の建物が並ぶ景色は、
それ自体が絵のようでした。

母屋とアトリエと絵本館とギャラリーと接客用の家、あれはなんていうのでしょう。
初めて初めて訪ねた時は驚いたものです。
c0345411_22025134.jpg
秋には蓮笑庵展が開かれていました。
地蔵盆の行われる夏の終わりに伺ったこともありました。

地元で個展を開かせてもらったこともあります。
1999年ころです。

俊明先生の画が家には5枚ありました。

先日、1枚加わりました。
c0345411_22020854.jpg
亡くなった父が個展の時に「般若心経」の画を求めてくれたのですが、
それを受け継ぎました。

俊明先生の画を見ていると優しい人でありたいと思うのでした。

本も何冊か出ています。


画がそこにあると、その時の感情や状況がそこに残っているように思います。


#576 いい具合に飾るべき場所に収まってくれてほっとしました




[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-03-26 22:05 | 身辺雑感 | Comments(0)
2017年 03月 01日

江戸紅型と『衣匠美』

c0345411_23053585.jpg
江戸紅型の訪問着


沖縄の紅型は知られていますが、
江戸紅型はあまり見たことがありませんでした。

地元の織物メーカーが扱っていることを知って
たくさんの江戸紅型を見ることがありました。

どれもすてきでした。
作家の五味桂子さんは70歳を過ぎて第一線を退いたそうです。

キモノ好きというより裂が好きなのだとか。

主に訪問着と名古屋帯、袋帯もありました。

意匠の組み方に切れ味があって、大好きです。

c0345411_23033631.jpg
着こなしはかなり上級向きの柄
c0345411_23063193.jpg
植物、道具、風景、あらゆるものが描かれます

c0345411_23073525.jpg
縄模様が気に入っています

c0345411_23083274.jpg
とうもろこしは帯。色違いで青、灰、黄も

c0345411_23113836.jpg
鳥もよく登場する

c0345411_23123257.jpg
かなり多くの型を使った訪問着

c0345411_23131945.jpg
柔らかい地模様のある生地、同じ色でも発色が変わります

▪️

持っている本で白洲正子さんの『衣匠美』は
切れ味のいいキモノの数々が並びます。
c0345411_23010535.jpg
c0345411_23015223.jpg
左は沖縄の紅型
c0345411_23021746.jpg
古澤万千子さんの作品。儚げなのに力強い


選ぶこと、そのものが個性なのだと思ったものでした。


#580 キモノ好きが高じて(今はないけれど)テクノスクールに通うためこの町にきたのでした

[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-03-01 22:54 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2017年 02月 11日

デビス杯と『ロジャー・フェデラー』と風邪

先週の話になりますが、
男子テニスの国別対抗戦デビス杯(カップ)の観戦にでかけました。
c0345411_00183323.jpg
日本はワールドグループ(16か国)に属し、
その1回戦が有明で行われました。
c0345411_00185143.jpg
国歌斉唱

相手はフランス、強豪です。

日本のエース錦織圭選手は今回不在、
フランスは層が厚く出場選手には事欠きません。
c0345411_00191937.jpg
ボンボン拍手するモノ

3日間にわたり行われる初日、
シングル戦2試合が行われました。

ダニエル太郎選手、西岡選手ともファイトしましたが、
2連敗です。
(ランキング的には仕方ありません)

国別対抗戦はATPツアーとは異なり、
応援合戦が楽しめる珍しいテニス大会です。
c0345411_00190623.jpg
選手のラウンジ

雰囲気をとても楽しめました。

年初に行われる最初のグランドスラム大会、全豪大会。

1週目に錦織選手が負けた時点で
妹のkukuと
「決勝はフェデラーとナダルだね、で勝つのがフェデラー」
と言い合っていたのですが、そのとおりになりました。

やはり、メンタリティーがこのふたりは底抜けに違います。

ナダルの凄まじい勝ち上がりとフェデラーの冷静なゲーム運び、
テニス愛と勝ちへの執念が見えました。

そのフェデラーの自伝。


豊富な写真とデータでフェデラーのすごさがわかります。
2016年11月に出たもの、kukuが購入。


ちなみにナダル本も2011年に出ていますね。


このあと風邪をひいて数日ダウンしていました。
むせかえるような咳がでました。

このデ杯を観戦した人たちがかなりの人数
風邪やインフルエンザにかかった、とツイートで知りました。




#583 自分の風邪の発生源がわかるのって珍しいかも




[PR]

by hiyoriya1410 | 2017-02-11 23:15 | 見たものイロイロ | Comments(0)
2016年 12月 27日

チョーカーをつけた姿と『ビーズワークス』(くらし部門)

ボヘミアンガラスのシードビーズのーチョーカーを作っていた時、
なにか参考になる本はないかしら、と探して入手したのがこれです。



いろいろ物色したのですが、これが一番好きなテイストでした。
シリーズで出ていたようで、これともう1冊持っています。
2000年前後、とかなり古いもの。


基本の道具、使い方、テクニックなどのっていますが、
shinoさんのチョーカー作りには必要なく、
ながめて、こんなにむずかしいのはできそうもない、
と思ってしまう始末、観賞用ですね。
c0345411_23394500.jpg

さて、ビーズのチョーカーです。
実際、首にかけた写真です。
c0345411_23224138.jpeg
首回りに余裕がないくらいの方がよいのですが、
ブルーとミドリは少し太くなってしまいました。
c0345411_23263576.jpg
黄色の2色使い。わかりにくですが、
マットなビーズとキラキラタイプと、少し長めです。
存在感があるものになりました。



c0345411_22094288.jpg
息子のハチが欲しいというので藍色の2色と黒白の2本を
c0345411_22133803.jpg
c0345411_23444308.jpg

ブルーの微妙に違う2色とゴールドをポイントにしたチョーカーです。
c0345411_23373587.jpg
ブレスレットも作りました。
チョーカー作りの
色あわせが好きなのだと気がつきました。

c0345411_23462605.jpg
#602 ハチが年末年始の休暇で帰ってきました。元気そうでなにより



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-27 23:51 | ハンドメイド | Comments(0)
2016年 12月 17日

SHSの木苺ジェラードと『テニスマガジン2016シーズン総決算号錦織圭』

久しぶりに新潟へ出かけました。
新潟県は細長いですね。
長岡市には雪がかなり目立ちますが、
新潟市には雪の気配がありません。

鳥屋野潟にあるSHShttp://shs-web.com/へ行きました。
レストランでランチ、店内を一巡りして
ジェラードタイム、木苺ジェラードはスッキリ。
c0345411_22480536.jpg
右は黒糖きな粉、これも美味。

店内はクリスマスでたくさんの人。
久しぶりだったので、入っているお店も様変わりしていました。
二階に本屋さんができていました。
古本もあったり、絵本や雑誌のセレクトが楽しいです。
c0345411_22481887.jpg
一緒に出かけたkukuが買った雑誌
『テニスマガジン2016シーズン総決算号錦織圭』


大ファンの錦織圭選手の1年の活躍が満載。
すべての試合のスタッツなどが掲載されているなど
データが充実しています。

来年の活躍を今から楽しみにしているkukuでした。

c0345411_23163153.jpg

#611 12月2日、埼玉スーパーアリーナにテニスのIPTL大会を見に行った時のイルミネーション。日本で錦織選手をもる機会は少ないので出かけましたが、初日は登場せず、残念。でも試合は楽しめました
c0345411_23213984.jpg


[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-12-17 23:03 | 身辺雑感 | Comments(0)
2016年 10月 13日

『アレ何?大事典』と冷蔵庫の色を変える

もう10年は使っている冷蔵庫です。
一年中よく働いてくれる家電です。

表面がステンレスなのでさほどよごれてもいませんが、
へこみキズが何ヶ所かあったり…
大きい家電ですし、いいかげん見飽きてきたこともあって、
色を変えてみました。
c0345411_20063356.jpg

シールで白と赤に、
一気に華やいだ雰囲気になりました。

ステンレスのシルバーが見えているのはご愛嬌。
全面貼れなくはなかったのですが、
まあ、いいかなと。

一番下は冷凍庫で赤シールです。

▪️
本は図書館の特集のコーナーで見つけたもの。
ものの名前の事典。

街編、
からだ・ファッション編、
暮らし編、
スポーツ・文化編

4つに分かれています。

その専門でなければ知らない名称のいかにたくさんあることか。
ついついページをめくってしまいます。

右ページにこれは何?
ページをめくると、◯◯◯、
そして解説。

波止場で男がカッコつけて足をかけるやつ
〜係船柱
うなじの中央って何と呼ぶ?
〜盆の窪
耳かきの先のふさふさしたぼんぼり
〜梵天
がまぐちのパチンと留める丸い金属
〜らっきょう玉

見だすとついついページをめくってしまう、
そんな事典でした。

c0345411_22342729.jpg
#620 おやつに舟和のいもようかん。ずっと変わらない味はうれしい

ご訪問ありがとうございます。下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。



[PR]

by hiyoriya1410 | 2016-10-13 20:43 | 暮らしのエッセンス | Comments(0)